Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

スカーフ

2016年01月号掲載

スカーフ

メンバー:菊池 秀一(Vo/Gt) 座覇 誠(Ba) とみー(Dr)

インタビュアー:沖 さやこ

-どの曲も伝えたいことやテーマは似ているのかなと思いました。Track.1「ライフ」とTrack.2「僕らのkeep walking」は共通のワードも多いですよね。「ライフ」は"明日も明後日も"で締められていて、「僕らのkeep walking」は"明日も明後日も"という歌詞で始まっているところもギミックが効いていると思いました。

菊池:えっ!?......本当だ!!

-(笑)無意識ですか?

菊池:『GREAT FUTURE』にもそれに近いことがあったんですよ。意図せずそうなっていて、お客さんに言われて気づくという。

-この2曲を聴いて同じことを違う視点で歌ってらっしゃるのかなと思いました。

菊池:メッセージというよりはそのとき自分が思っていたことや、そのときの感情を書いて......それが少しでも聴いてくれる人に伝わればいいなと思って歌詞は書いています。ネガティヴな切り口が歌詞に入っているかもしれないんですけど、別に暗い曲を書きたいわけではないし。"聴いてくれた人の背中を押したい"というよりはやっぱり聴いてくれた人が"聴いてよかったな"と思えるような音楽が作りたいんですよね。

とみー:昔は暗くてひとりよがりな歌詞が多かったし、歌詞が聞き取れないと言われることも多かったんですよ。だから最近はだいぶ開けてきたと感じます。相手がいて自分がいる、という状況を歌詞から感じられる。

菊池:策略的にそういうものを書こうとしているわけではないんですけど(笑)、メロディありきというのは大前提で、その中でできる範囲で一生懸命書いてます。"このフレーズだったらふたつの意味を込められるのかな"とか、そういうことを考えたりすることはあります。いろんな受け取り方ができたらいいなとは思うので。

-Track.4「やさしい人」と「やさしい音楽」はタイトルは同じ"やさしい"という言葉が入っていますが、歌詞のテーマ性やサウンドは異なる印象がありました。こういう天邪鬼的な要素はいいアクセントになっていて。

菊池:僕もそう思います(笑)。

-「やさしい人」の"やさしい"と「やさしい音楽」の"やさしい"は違う"やさしい"なのかなと。

菊池:..................だいぶ違うと思います。でも"やさしさ"は人間のひとつの要素というか。誰でも持ってるもののひとつだと思います。そうとしか言えない。人間が誰でも持ってるんだけど、なんだかあったかそうだけど、目には見えないし表現のできないもので。

-菊池さんは"音楽はやさしいの。特にロック・ミュージックってのは"とオフィシャル・サイトにも書いてらっしゃいましたよね。

菊池:自分が元気にバンドをやれているのは、そういう音楽を聴かせてもらったからだし。つらいときでも頑張ろうと思わせてくれた......それが僕が考えるロックという音楽だったんです。ロックの概念とか語り始めるととめどなくなってくるんですけど。

-ではそういう音楽をスカーフでもやっていきたい?

菊池:そうですね。CDだと聴いてくれる人のことを想像しづらいですけど、ライヴだと来てくれた人が目の前にいるので、その人たちのことを考えたり、その人たちのために歌いたいという気持ちも大きくなってきて、そういう曲になってきたのかも......しれないです。そういうことが音楽でできたら素晴らしいことだと思います。

-"優しい"ではなく"やさしい"というところも。

菊池:ああ、僕ひらがな多いんですよ。多くなっちゃうんです。

-"優しい"だと途端に現実的になりますよね。"やさしい"だとやわらかい印象があって、あやふやなものにもなって。だから聴き手に"やさしい"の解釈が委ねられてるような印象もありました。スカーフはサウンドも"ついてこい!"とパワフルに引っ張るわけではないけれど、聴いている人間がなんとなく自然とついていきたくなるような感覚があるので。それはたまたま歩いていたらきれいな景色を見つけて"あ、きれいだな"と思わずそっちに足を伸ばしていくような。スカーフの音楽を聴いて感じる気持ちは、そういう感覚に近いなと思います。

菊池:ありがとうございます。

とみー:今までは自分たちのお金で自分たちの好きなものを自分たちの好きなタイミングで作ってきたんですけど、悪いところを指摘してくれる人もいなくて。"Low-Fi Records"とがっつり一緒にやっていくことになって、今までの自分たちのやり方が通用しないことを指摘されて。ツアー中に直しの連絡が入ったり、手術が決まったあとも作業はあって。正直言えば結構きついこともありました。......大変だったなあって(笑)。

菊池:だからすごく"バンドやってる!"って感覚があるんですよ。リリース・ツアーに出たり、バンドマンらしいことをさせてもらってます。

-そしたらこれから曲を書くことも増えてくるかもしれませんね。

菊池:そうですね。

-『やさしい音楽』をリリースし、1月24日(日)に吉祥寺Planet Kで開催されるレコ発ワンマンでとみーさんが復帰なさって、また新たなスタートが切れると思います。長くバンドを続けてきたスカーフが新しい環境で今後どんな音楽を奏でるのか、楽しみにしています。今後の目標などはありますか?

座覇:ライヴを1本1本気合いを入れてやりたいですね。

菊池:まだまだ程遠いですけど......観たバンドマンがバンド辞めたくなるような、すごいライヴをしたいです。

とみー:手術から6週間安静にしていなきゃいけないので、レコ発がギリギリで。どういう状態でライヴをすることになるのか正直当日までわからないんですけど、精一杯頑張りたいなと思います。今まで音作りとかを全然こだわってこなかったので、今年はそういう面を強化していきたいです。