Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

SUMMER SOLSTICE

2015年12月号掲載

SUMMER SOLSTICE

SUMMER SOLSTICE

Official Site

メンバー:太田 将裕(Vo/Gt) 菊地 シンタロウ(Gt) ずん(Ba) 立野 佑樹(Dr/Cho)

インタビュアー:蜂須賀 ちなみ

現バンド名になってから10周年を迎えた4ピース・バンド、SUMMER SOLSTICE。11月6日にリリースした『10th Anniversary Best Album「りんご盤」』は、ベスト・アルバムにしてバンドにとって初の全国流通作品。既発曲の再録+初音源化曲という内容は今のバンドの温度感をじっくりと伝えてくれる。店着日の11月5日にはTOWER RECORDSの全店デイリー総合アルバム・チャートで3位、オンラインのデイリー・セールス・ランキングで1位を獲得し、セールス的にも好調な滑り出しを見せた。Skream!初登場の今回は、メンバー4人にインタビューを敢行。アルバムの話はもちろん、バンド結成の経緯や主催イベント"りんごフェス"のことまで、様々な話を聞かせてくれた。

-2001年に"太田バンド"という名前でバンドを結成したそうですが、その経緯を聞かせてください。

ずん:始まりは高校のときの部活でした。

-当時はコピーなどをやっていたのでしょうか?

ずん:4曲ぐらいコピーをやって、そこからすぐオリジナルをやりました。この3人(太田、ずん、立野)と、彼(菊地)の代わりのギターがいて。今から10年ぐらい前にギターが辞めたことをきっかけに名前を変えようという話になって、2005年の6月に"SUMMER SOLSTICE"に改名したので、あれから10年が経ったという感じですね。菊地君が入ったのは、今の名前になったあとです。

-太田バンド結成当時から今のような音楽性だったのでしょうか?

ずん:今回のアルバム『りんご盤』に入っている「ククル」(Track.5)は高2の冬ぐらいに太田が持ってきた曲ですね。それをやったりしてましたけど、当時は若干(テンポの)速い曲もあったので、今よりちょっと若さがありましたね。でも歌モノで、ギターが目立つというところは変わってないですね。

-なるほど。そもそもみなさんが音楽にハマったキッカケをうかがいたいのですが。

ずん:もともと音楽を聴くのは好きでしたけど、"バンドをやろう""音楽をやろう"という発想は一切なく。当時のドラムに"ベースいないからやってみない?"って軽いノリで誘われて、ベースがどんな楽器なのかも知らずにやると決めました。ベースのことも、そのとき聴いていたthe brilliant greenの曲を書いている奥田(俊作)さんがベースなんですけど、"ベースいいなあ"ぐらいの感覚で。弦が4本っていうのも買いに行って初めて知りました(笑)。

-the brilliant green以外にはどんな音楽が好きでしたか?

ずん:Mr.Childrenは昔からずっと好きでしたし、L'Arc~en~Cielも好きでしたね。

-では、菊地さんは?

菊地:中学校1年生のころからギターを始めたんですけど、テレビとかに出ているバンドの人たちへの憧れがきっかけで始めた感じですね。音楽的にはもともとヴィジュアル系が大好きで、90年代のバンド・ブームのときにはパンクも好きでした。高校生の終わりぐらいからUKロックが好きになって、その流れで今きていますね。

-立野さんはいかがでしょうか?

立野:僕はGLAYが好きだったので、GLAYの「BELOVED」(1996年リリースの9thシングル表題曲)のイントロをギターで弾いてみたいなって思って父親とアコースティック・ギターを買いに行って。

-ドラムではなくアコギからだったんですね。

立野:そうなんです。で、軽音部でバンドに所属していたんですけど、ドラムやっている奴から"ちょっとやらせろ"ってドラム・セットを借りて(笑)。それでドラムが面白くなって。

-正式にバンドのドラマーになったのはSUMMER SOLSTICEが初めてですか?

立野:そうですね。

-太田さんにうかがいたいのですが、ギターを始めたのと歌を始めたのは同時期ですか?

太田:いや、最初は中1でギターを始めて、別に歌をやろうとはそこまで思っていなくて。ヴォーカルがいないからっていうのと、僕も自分で曲を作っていたので、"じゃあ他の人を入れるより俺がやった方がいいかな"って思って始めたという感じです。で、高1ぐらいからギター・ヴォーカルを何となく始めて、曲作りは高校に入ってからやり始めました。音楽をやるなら曲が必要なんで。

-そして2005年にSUMMER SOLSTICEに改名。そのあと、菊地さんが加入して現メンバーになったということですが、どのような経緯で?

ずん:インターネットですね。バンド・メンバー募集サイトの......。

立野:ははは! 初めて(菊地に)会うとき、渋谷で待ち合わせしたんですけど。喫茶店に入って、バンドの話なんてものの5分ぐらいで、あとは全然別の話をして意気投合(笑)。

ずん:一瞬で意気投合したよね。