Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

DISC REVIEW

Overseas

Talking On Cliffs

ロンドンのアンダーグラウンド・シーンで絶大な支持を集める3ピース・バンド、FACTORY FLOORのデビュー・ミニアルバム。無機質で実験的なミニマル・ビートの上で漂う、囁くようなヴォーカル。反復されるビートと輪郭を保持しないアブストラクト・サウンドに身を委ねていると、徐々に神経が麻痺していくような感覚に陥ってしまう。初めて聴いた時、何故だか死にたくなった。音楽を聴いて死にたくなったの、久しぶりなんですけど。「もう止めて!あ、でも・・・止めないで」みたいなマゾヒスティックな感覚まで抱いてしまう。NEU!もJOY DIVISIONも呑み込み、THESE NEW PURITANSをさらにディープに推し進めたような劇薬級のポスト・パンク。(佐々木 健治)