Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

Payrin's

2017年12月号掲載

Payrin's

メンバー:桜木 もち子 佐藤 瑠佳 遠坂 まどか プロデューサー:脇元 敬等

インタビュアー:岡本 貴之

-でも今仲良く活動できているのは、同じところを目指しているから?

もち子:うん、そうだと思います。私たち本当に仲いいんですよ。私の家に集まって大富豪のゲームとかしてますもん(笑)。

-仲いいですね(笑)。ではもう1曲の「Paranoia」についてはどうですか?

瑠佳:「Paranoia」は神曲だと思う。

もち子:わかる、よくわかる。

脇元:「Paranoia」はRYO-P(As/Central 2nd Sick)さんにお願いをしたんですが、せっかく全国流通盤を出すならカップリングの方で自由に遊んでみようかなと思って作ってもらいました。歌詞に関しては、『color / Fighting Dreamer / Wasted dance』っていう会場限定CD(2017年9月リリース)に入っている頭の2曲は結構明るいんですけど、最後の「Wasted dance」から暗い流れに持っていっていて。もともとPayrin'sは別のメンバーとふたり組で活動していて、ふたりがニコニコしてギター・ロックの楽曲に乗って歌っているというイメージだったのですが、この3人になってからトータル的な雰囲気でそういうイメ-ジより負の方向に持っていきたかったというのがあって。曲をマイナー調にして、暗く、時に甘辛い歌詞を乗せようと思って作ってます。その方が、僕も含めて気持ちを入れて制作できるのもありまして......(笑)。

-そういうイメージをメンバーが歌うときにどう伝えているのでしょうか。

脇元:あんまり、細かいことは言わないようにしています。僕はひとつの単語で伝えることが多いです。"暗い感じで"とか。今回の2曲に関してもそうですね。レコ―ディングのときでも、"もうちょっと暗い感じなんだよね"って言えばわかってくれる3人なので。

瑠佳:「Paranoia」は、もともといただいた音源がそこまで作り込まれたものじゃなかったんですよ。でもCDになることになってから作り込まれて、すっごく良くなったよね?

もち子:ヤッバいよね! 聴きました?

-そりゃ聴きましたよ(笑)。

脇元:(笑)アレンジを全部録り直すということもあり、せっかくCDにするならギター・ロックをメインでやっていた方にギターを弾いていただきたいという気持ちから、今回のレコ―ディングではギターをOmarさんにテレキャスで弾いてもらって、楽器を生音で録り直しました。

-ライヴではオケでやっているわけですよね? CDでは生音にこだわっている理由ってどんなところにあるんですか。

脇元:僕がバンド畑出身ということもあるんですけど、アイドルなのにドラムの音まで生ってあんまりなくない? っていう気持ちもあって。打ち込みは打ち込みの良さももちろんあると思うんですけど、ここまでギター・ロックでバンド・サウンドをやるんだったら、せっかくならドラムも生で録りたいなと思って2曲とも生で全部録りました。

-この曲を歌ってみていかがですか?

もち子:「Paranoia」はめっちゃ歌いやすかったです。これまでも勢いがある曲を聴いたり歌ったりしてきたから、サビとかが歌いやすかったです。

まどか:私は地声が低いので歌うのはなかなか苦労しますけど、曲の世界観は好きです。ライヴでやると叫ぶ感じになって感情を入れやすいですね。

-単純な疑問ですけど、高校時代に楽しくなかったという3人がステージに立って人前でパフォーマンスできるのはどうしてですか?

もち子:褒められたいから。

瑠佳:自分であって自分じゃない感じがありますね。"アイドルをやっている自分と普段の自分は別物だって"っていつも思ってます。

まどか:なんでだろう。でも、ひとりじゃできないなって思うよね。

瑠佳:ステージに立っているときっていうか、アイドルをしているときの自分は普段と違うんです。

-これからアイドルとして目指していきたいことってありますか?

もち子:私はいつか武道館でワンマンをやりたいです。特別な感じがするじゃないですか? みんなが武道館のステージに立ちたがっているから立ちたい。私、人から認められたい欲がすごく強いんですよ。アイドルに憧れてた理由も、私生活の自分のままだと誰からも認められないと思って、それでSNSに自撮りを上げ続けて、そこでかわいいって言われることで満足して、"桜木もち子"が褒められて私生活の自分も嬉しいってなっていたんですよ。だから、みんながステージに立ちたがる武道館に立てたら、自分のことも褒めてあげられるんじゃないかなって思います。

瑠佳:昔から、夢とかずっと持ててなかったので......。でも、"Payrin's売れたね!"って言われたいです。やってるとつらいことの方が多いと思うんです。前は先の不安ばっかり考えていたというか、"上に行ける"って思ってないけどやっていたようなところがあって。自分の気持ちも含めて、これをこのまま続けて絶対にうまくいくって思えていなかったんです。だけど3人になってから、もしかしたらすごく大きなところでたくさんの人の前で楽しいって思えるときがくるかなって思えるようになって。3人になってからのお披露目ライヴは結構ボロボロだったんですけど(笑)、でも私はそう思えたんです。そのときに初めて希望を持てたというか。この3人で続けていって、3人で大きいところに立って、今のファンの方たちと楽しいねって言えることが、今の私の夢ですね。

まどか:私もこのふたりとずっと一緒にやっていきたいです。それで、大きなところでライヴができるようになることが一番の夢です。