Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

DATS

Skream! マガジン 2018年12月号掲載

2018.11.10 @LIQUIDROOM ebisu

Reported by 渋江 典子

DATSがメジャー・デビュー・アルバム『Digital Analog Translation System』のリリースを記念した東名阪ワンマン・ツアーのファイナル公演を、11月10日に恵比寿LIQUIDROOMにて開催した。ビートが刻まれるなかステージを覆っていた幕がゆっくりと開き、青いライトに照らされた4人が登場。"ファイナルへようこそ! 名古屋、大阪と回ってきたけど、ホームの東京が一番最高だってこと、証明してやろうぜ!"というMONJOE(Vo/Syn)の言葉に大きな歓声が応えると、アンセム「Mobile」でライヴがスタートした。

彼らが刻むリズムと呼応するように点滅する照明が興奮を増幅させ、自由に楽しむオーディエンスに煽られるかのように、バンドの演奏もヒートアップ。間髪いれずに「Memory」、「Alexa」など、最新アルバム収録曲を中心に披露していく。「Run」での大井一彌の的確にビートを刻むドラム・ソロはまさに圧巻というべき光景である。息の揃ったアンサンブルが際立つインスト曲「Interlude」、「Session」では、生バンドならではの力強いグルーヴや、高い技術力とライヴ・アレンジが映えるソロ・パートに会場中が酔いしれた。続いてDATSの新境地とも言える、エレクトロとロックが交錯する2曲の新曲を披露。新曲にもかかわらず多くの手が挙がった光景が、彼らの新たな挑戦への手応えを物語っていた。

8月にベーシストの伊原卓哉が脱退し、伊原が不在の間サポートとしてバンドを支えた吉田 巧(Gt)が加入。それに伴い、早川知輝がベーシストに転身するというメンバー/パート・チェンジを経て新体制となった怒濤の半年について、MONJOEが想いを語り始めた。"この半年間は本当に大変だった。それでも前を向く決意ができたのは、みんなのおかげです。武道館に立ちたいという夢にはまだ遠いけど......みなさんに恩返しできるよう、この4人で(武道館のステージに)立てるよう、いい曲を書き続けていくので、これからもよろしくお願いします!"と、集まったファンへ改めて感謝と決意を伝え、"新しいDATSの音楽を全身で楽しんで"という言葉に続けて披露された「Pin」、「Heart」に、フロアは最高潮の熱気を見せる。メンバー全員によるパーカッションでのセッションで魅了する「Message」で本編ラストを締めくくった。

アンコールでは、先日初の地上波出演を果たしたNHK"シブヤノオト"で披露したコントの内容にも触れ、"物販販売促進部"として大井がツアー・グッズを紹介。今までクールなステージを繰り広げていたとは思えないほどお茶目な一面を見せ、会場の笑いを誘う。和やかな雰囲気に包まれるなか、3曲目の新曲と「Jane」を披露し、"Digital Analog Translation System Tour 2018"は幕を下ろした。

この日披露された3曲の新曲を聴いて、DATSらしいエレクトロ感を残しつつ、早いBPMで力強いロック・サウンドを鳴らす彼らにドキッとした。アルバムのタイトルどおり、アナログとデジタルを自由自在に往来するDATSは、変化することを恐れるどころかポジティヴに捉えているのだろうか。吉田の加入がバンドに新しい風を吹かせ、それを全員が楽しんでいるように感じられた。4人はこれからも"今、かっこいいと思う音楽"を貪欲に追求し続け、ジャンルの垣根を超えたあらゆるフィールドの音楽ファンを虜にしていくことだろう。日本のロックの聖地、日本武道館を目指す彼らがこれからどんな音楽を生み出すのか、期待が膨らむばかりだ。


[Setlist]
1. Mobile
2. Memory
3. JAM
4. Netflicks
5. Alexa
6. Dice
7. Run
8. Health
9. 404
10. Interlude
11. Session
12. 新曲①
13. 新曲②
14. Pin
15. Heart
16. Message
en1. 新曲③
en2. Jane