Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

MARiA(GARNiDELiA)

Skream! マガジン 2021年07月号掲載

2021.06.05 @豊洲PIT

Reported by 山口 哲生

アルバム『うたものがたり』をリリースし、ソロ活動を本格始動させたMARiA。豪華作家陣を迎えて制作された渾身の1枚を掲げ、彼女は自身初となるソロ・ワンマン・ライヴを6月5日に豊洲PITで開催した。この日のMCで、『うたものがたり』という作品について、"私の人生にとって大きな一歩だった"と話していたが、この日のライヴも同じく、彼女にとって記念すべきものであり、新たな始まりの1日でもあっただろう。

MARiAのポエトリー・リーディングと、ふたりのダンサーによるバトン・トワリングが繰り広げられる、ファンタジックなオープニングを経て「憐哀感情」、「マチルダ」とスロー・ナンバーを立て続けに披露。時に激情的に、時に優しく包容力のある歌声でじんわりと熱を高めていき、続く「ガラスの鐘」で一気にギアを上げる。ラテン・フレーバーのあるダンス・チューンを4人のダンサーと情熱的に届けると、この日のために用意してきたという未発表の新曲「手探る夢 繋ぐ糸」へ。強烈なハイトーン・フェイクを皮切りになだれ込んでいくジャジーなサウンドに、自然と身体が左右に揺れる。また、この日はもう1曲「Heart Breaker」という未発表曲も披露。アルバムに収録されているどの楽曲とも異なった質感のクールなエレクトロR&Bに、早くも次の展開に期待が高まった。

この日のライヴには、アルバムに作家として参加したふたりのアーティストがゲストとして登場。ひとり目のゲストとして登場したのは、MARiAがGARNiDELiAとしてデビューする前に出会っていたという草野華余子だ。ステージに設置されたバー・カウンターを挟んで、思い出話や制作エピソードに花を咲かせていたふたりは、草野の曲である「おわりものがたり」と、その続編でもあり、草野がアルバムに書き下ろした「おろかものがたり」を披露。先ほどまでの笑顔の絶えないトークとは真逆の、感傷が激流のように押し寄せてくるハード・ナンバーを畳み掛けていく。そんな曲調ではありながらも、歌っている最中にこれまでの思い出が走馬灯のように頭を駆け巡っていたと、嬉しそうに話すふたり。そんな盟友の共演に、惜しみない拍手が送られていた。

ふたり目のゲストは、TAKUYA(ex-JUDY AND MARY)。『うたものがたり』のサウンド・プロデュースを務めた本間昭光と、同作にも編曲で参加しているバンマスの清水信之のツイン・キーボード体制など、豪華且つ強力なサポート・メンバーによるバンド・セッションの最後で姿を現すと、彼がかき鳴らしたギター・フレーズに歓喜した人も多かっただろう。JUDY AND MARYの「そばかす」だ。さらにJUDY AND MARYの「Over Drive」を続けて披露した。MARiAも溌剌とした声で楽しそうに歌っていたが、TAKUYAとしても、この2曲をやるのは"相当レア"とのこと。そして、TAKUYAが楽曲提供した「キスをしてみようか」を、音源では入っていなかったTAKUYAのコーラス入りという特別仕様で。ワイルドなギターとアグレッシヴな歌声が絡み合い、初共演とは思えない息の合ったステージとなった。

聴き手をぐんぐんと引き込んでいく彼女の歌力に魅せられた全15曲のライヴだったが、中でも素晴らしかったのが「ハルガレ」だ。この曲は、春という景色を通して、ひとつの終わりと始まりが描かれているのだが、暗い影に覆われている今の時世にどこかオーバーラップしてくるところがある。新型コロナウイルスによって、多くの人たちの"当たり前"が奪い去られてしまった今、MARiAとしても、ライヴハウスで歌うのは実に17ヶ月ぶりだったそうだ。自分にとって歌うこととはなんなのか。様々な迷いや葛藤を抱えながら日々を過ごし、ようやく辿り着いたこの日、彼女は今歌える喜びを全身で表し続けていた。「ハルガレ」を歌い始める前、"どんなに苦しいことがあっても、新しい季節はやってくる"と力強く語り掛けていたMARiA。間奏で伸びやかに歌い上げたフェイクは、どこか儚さが漂いながらも、未来への祈りに満ちたまばゆいまでの光を放っていた。

"やっぱり私の生きる場所はここだな! って、みんなに歌を届けることがめちゃくちゃ好きだな! って、噛み締めながら歌っていました"と、感慨深い表情で客席を見わたしていたMARiA。その言葉に深く頷き、またここから彼女がどんな歌を届けてくれるのか、楽しみにさせられる一夜だった。

※このライヴの模様は6月12日(土)23:59までアーカイヴ配信されています。


[Setlist]
1. 憐哀感情
2. マチルダ
3. ガラスの鐘
4. 手探る夢 繋ぐ糸
5. おわりものがたり(草野華余子カバー)
6. おろかものがたり
7. そばかす(JUDY AND MARYカバー)
8. Over Drive(JUDY AND MARYカバー)
9. キスをしてみようか
10. あー今日もまた
11. 光
12. Heart Breaker
13. Brand new me
14. ハルガレ
En. コンコース

  • 1