Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

山本彩

Skream! マガジン 2019年06月号掲載

2019.05.14 @Zepp Tokyo

Reported by 沖 さやこ

昨年、キャプテンを務めていたNMB48を卒業し、本格的にシンガー・ソングライターとしてのスタートを切った山本彩が、自身3度目のソロ・ツアーを開催。全27公演の24本目となるZepp Tokyoの2日目は、全国ツアーとソロ活動の充実が存分に伝わってくるライヴだった。

彼女が敬愛するELLEGARDENの「ジターバグ」がフルで流れると場内が暗転。山本のエレキ弾き語りで幕を開ける「BAD DAYS」を1曲目に演奏する。ステージにはギター、ベース、ドラム、キーボード兼ギター、バイオリン、コーラスの計6人のサポート・メンバー。山本は同曲でギター・ソロも披露した。ハンドマイクでステージの上手から下手まで移動しながら歌った「スマイル」では、ナチュラル且つ快活なパフォーマンスで魅了。キュートでありながらも硬派で熱い心意気を感じさせるその佇まいは、非常に誠実だ。

"みなさんの笑顔と声で、めちゃくちゃテンションが上がっております!"と笑顔で語る山本。そのあとも"観に来てくださるみなさんが一緒になって熱くなってくれるから楽しいんだなと心から感謝しています"と言っていたとおり、常に観客の顔を隅々まで見渡しながらライヴを繰り広げていた。何気ない挙動からも彼女の視野の広さや思慮深さが伝わってくる。

バンド・メンバーと和やかにトークを展開したあとはミディアム・ナンバー・セクションへ。「ひといきつきながら」を素直な歌声で届け、「雪恋」を弾き語りで披露する。感傷性を含みながらも凛とした歌、丁寧に鳴らされたアコースティック・ギターは、たちまちZepp Tokyoを楽曲の世界の奥深くへと落とし込んだ。「サードマン」で繊細且つ優しい歌を聴かせると、バンド・メンバーによるインストから「イチリンソウ」に繋ぐ。切なさと力強さをどちらも瑞々しく内包する演奏と歌は、どこまでも堂々と響いていた。

"しっとりしたナンバーが続きましたが、みなさんテンション上げていけますか!?"という煽りから、アコギを構えてクール且つエモーショナルに「ヒトコト」と「喝采」を演奏。ハンドマイクで歌唱した「Let's go crazy」ではバンド・メンバーのソロ回しに合わせて身体を動かすなどして全身で音楽に興じていた。このツアー中に完成した「Are you ready?」ではエレキを弾いてパフォーマンス。芯の強さを感じさせる晴れやかで逞しい姿に、ロックがルーツにあることを改めて思い知る。観客も湧き上がる想いをシンガロングで伝え、本編ラストの「レインボーローズ」ではさらに全員が感情を解放。ステージとフロアの結束を強固にした。 アンコール最後の「メロディ」を披露する前、山本は前回のツアーで自分がどう見られているのか思い悩んでしまい、ステージに立つことが怖くなったと振り返る。そして"今回のツアーはちゃんとひとつひとつが自分の実になっていて、前にソロ・ツアーをやっていたときの自分とは違う自分になっていると実感します"、"楽しいのは自分だけじゃないねんな、というのをみなさんの姿を見て感じるからこそ、ライヴが楽しいんだと思います"と語り掛け、"落ち込んでもいいことが起こる兆しだと思って、くじけずにしっかりと自分と、ライヴと、音楽と向き合っていくので、これからもよろしくお願いします!"と真摯に告げた。観客の鳴り止まない拍手と歓声に"みんな大好きです"と返す山本。そのやりとりはとても自然で、健全なコミュニケーションだった。

謙虚に誠心誠意で音楽を届ける彼女を観て、改めて山本彩という人物は自分を取り巻くすべての人々にリスペクトを持てる人であることを痛感した。今後、彼女の人間性と信念は、より美しく咲き誇るだろう。

  • 1