Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Overseas

TWO DOOR CINEMA CLUB

Skream! マガジン 2013年02月号掲載

TWO DOOR CINEMA CLUB

Official Site

2012.12.15 @新木場STUDIO COAST

Reported by 沖 さやこ

1階はPA裏の通路まで、2階も座席の後ろには立見のオーディエンスで溢れる、まさしく満員御礼のTWO DOOR CINEMA CLUB東京公演。開演前から“この日を楽しみにしてきたんだ”という思いが観客ひとりひとりの背中から迸る。フロアに立ち込める気迫とドキドキは非常に純度が高く、それはこの日のライヴの美しさを予言しているかのようだった。

サポート・アクトはKITSUNE所属のCITIZENS!。強いビートとムーディーなシンセ、声色でインパクトをつけるヴォーカル。キレのあるニュー・ウェイヴはたちまちフロアを魅了する。ラスト、感極まったThom(Vo)が衝動的にフロアに倒れこむと、大きな歓声が。バンドを歓迎するフロアのあたたかさも印象的だった。


そしてこの日の主役TWO DOOR CINEMA CLUBが登場。「Sleep Alone」のイントロが鳴った途端にフロアからはコールとクラップが起こり、Alex(Vo/Gt/Key)が歌い出すと更に高騰する。軽やかで眩い音色は、煌びやかな照明と溶け合い、瞬く間にCOASTを包み込む。哀愁漂うメロディとダンサブルなサウンドのコントラストが美しい「Undercover Martyn」では合唱が起こり、興奮を抑えきれないとばかりに晴れやかな声が次々と上がる。“ずっと待ってたんだよ!”という思いがはちきれんばかりに充満するオーディエンスたち。このなかにいることがとても心地よかった。幸せな気持ちは伝染するのだ。それはわたしたちだけではなくステージの上のメンバーたちも同じだったかもしれない。「Do You Want It All?」「This Is The Life」と、透明感のある音とヴォーカル、コーラス・ワークは、更に豊かにふくらみを帯びてゆく。清涼感のあるギター・カッティングが心地よい。ベースが映える「Wake Up」は、ぴりりと漂う緊張感から生まれるやわらかさにため息が零れる。


最早キラー・チューンと言っても良いほどの存在感を放つ、最新作『Beacon』に収録されている「Sun」はAlexのキーボードとSam(Gt/Cho)のギターの織り成す色味に酔いしれる。「Pyramid」「I Can Talk」と、メンバーは淡々としながらも、自身から湧き上がる熱をひとつひとつに込める。スリリングなサウンドはフロアのハッピー感を更に拡大。シンガロングにクラップ、モッシュダイヴまでも巻き起こる。「Costume Party」は優しく切ないメロディとミラー・ボールの明かりが絡み合い、それはまるでゆらゆらと風に揺れる花を眺めているようだった。繊細な旋律とダンス・ビートの融合――なんだかそれは、古来から伝わる独特の文化と世界の最先端をゆく技術を兼ね揃えるジャパニーズ・カルチャーと同じ匂いを感じる。UKのバンドには繊細な音を作り出すバンドも多く見受けられるが、彼らのメロディやリフは日本特有の“わびさび”的な琴線に触れる気がするのだ。


“トウキョウーサイコウー”とKev(Ba/Cho)が言うと、フロアからは言葉にならない声が次々と上がる。「Eat That Up」では巨大なシャボン玉のような風船が舞い落ち、その情景はより彼らの音を美しく映えさせていた。アンコールでは「Some Day」「Come Back Home」の後“3年前、ブリティッシュ・アンセムでこのステージに立ったんだ。それが日本での最初のライヴだったんだよ”と語った彼らは晴れやかな顔でフロアを見つめた。ラストの「What You Know」ではフロアと共にイントロを歌い、盛り上がりも最高潮。全身で喜びを表現するオーディエンスと、それに応えるように凛とした音を鳴らすバンド――確かに結ばれた信頼関係に胸が熱くなった。