Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

THE NOVEMBERS

2009.11.14 @恵比寿Liquidroom

Reported by 遠藤 孝行

恵比寿Liquidroomで行われたTHE NOVEMBERSのツアー・ファイナル。11月に行われるという事もあって、メンバーが口にしていた通りこの日はファンにとっても、もちろんTHE NOVEMBERSにとっても特別なものとなっただろう。

小雨の降る中、恵比寿へ急ぐ。ソールド・アウトという事もあって着いた時には、既に会場は満員となっていた。横の一段上がった所のスペースを見つけライヴのスタートを待つ。
2005年に結成された彼らは、エモーショナルなヴォーカルとエッジの効いた轟音ギター・サウンドを武器に下北沢や渋谷で精力的に活動を開始。ROCK IN JAPAN FESにも出場を果たし、今回のワンマンもソールド・アウトさせた事からも今後目が離せないバンドの一つとなっていくのは間違いないだろう。ある人が彼らの事を良い意味で狂っていると言っていたのがとても印象的だったが、僕も彼らの音楽は狂気ギリギリの所で奏でているという印象を持っている。

そして今回のライヴ。初めて彼らのライヴを見たのだが、映像を観せられている様な美しい感覚とキリキリと体を引き裂かれる様な感覚が交互にくる様なライヴだった。そしてそれをオーディエンスがひと時も目を離さずにじっと観ている様子がとても印象的だった。
RIDEの曲が流れメンバーが登場。スラッとした彼らの佇まいはかなり惹き付けられるものがあるが、やはり際立っていたのがヴォーカル小林の存在感。時にはヒステリックな動きをしながら、透明感があり伸びやかでまた憂いのある歌声は聞き入ってしまう。序盤は新旧の曲を織り交ぜながら、美しい展開のある楽曲が並ぶ。先ほども書いた様に楽曲ごとに風景が浮かび、一気に彼らの世界観へ誘い込まれてしまう。見事なライティングもその効果を発揮していた。

初期のRADIOHEADを彷彿とせる様なメランコリックなナンバーと並んで、中盤に披露された新曲が良かった。彼らの持ち味でもある絶望感とも言えそうなダークなサウンドの中に、希望のように美しいフレーズが舞い込むこの曲は彼らの新たな展開を予感させる。
ワンマン・ライヴとあって今回はアンコールを含め2時間と少し。中盤の激しく攻撃的なナンバーを間髪なく叩き込む感じも含め構成は見事だった。終盤、ヴォーカルの小林が「二日前まで体調を崩していてライヴをやれる状態ではなかった」と明かす場面もあったがその影響は感じさせず、最後までエネルギッシュな充実のライヴだった。

ライヴは終盤。緊張感があたりを包む。そしてアンコールの一曲目で始まったのが「バースデイ」凛としていてとてもドラマティックな展開の曲だ。しかしギターの調子が悪く途中で演奏を中断。苦笑いが飛び出し、今回一番空気が和んだ瞬間だった。気をとり直し、ミラーボールが回され演奏が始まる。この曲が個人的なベスト・トラック。美しさと絶望感が同居していて、そこに救いがあるようなこの楽曲は彼らの魅力を一番表している様に思う。
「特別な日」とメンバーが言っていたように、今回のライヴは観に来ていた人にとっても特別なものだっただろう。熱心に今日のライヴを語り合う彼らの表情がそのことを物語っていた。

  • 1