Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

Leo-Wonder / NELN / cana÷biss / MELiSSA / may in film(O.A.)

Skream! マガジン 2021年10月号掲載

MELiSSA

2021.08.30 @下北沢LIVEHOLIC

Reported by 宮﨑 大樹 Photo by 小山田祐介

シーンのこれからを担っていくかもしれないアイドルたちによる対バンが、"LIVEHOLIC 6th Anniversary series"の一環として行われた。

オープニング・アクトとして出演したのは、今年2021年5月に始動し、デビュー・ライヴを7月に終えたばかりのmay in film。Halo at 四畳半の白井將人(Ba)がプロデュースを行っている注目の新星だ。そんな彼女たちの1曲目に視線が集まるなか披露された「スターゲイザー」で、浮遊感のあるユニゾンや、しなやかに流れるようなダンスで魅せる。活動して日が浅いとはとても思えないパフォーマンスだ。ピンクを基調にした照明に照らされながらガーリーな世界観を届けた「前髪」から、MCを挟んで最後は力強いロック・ナンバー「ADVANCE」で締めたmay in filmの4人。次回はオープニング・アクトではなくじっくりとライヴを観たい、そんな期待感を煽る時間だった。

続いて、アイドルカレッジの派生ユニット、MELiSSAが登場。"ガールズロックユニット"と掲げるだけあって、SEから攻めっ気むんむんだ。そこから四つ打ちの高速ナンバー「planet dance」でスタート・ダッシュ。空気を切り裂くように腕を振ったり、サビでは腕を振り回したり、曲に負けないパワフルな振付が印象的だった。全員が全員ロック・バンドのヴォーカリストのように魂のこもった歌唱ができるのもこのユニットの強みだろう。LIVEHOLICでは少々手狭にも見えるダイナミックなパフォーマンスは、もっと大きな会場もきっと似合うはずだ。ノンストップで全7曲を駆け抜けた彼女たち。とりわけ、ラストに披露した「センチメンタルデイズ」で、曲中にどんどんギアを上げていく様は圧巻だった。

DJセットが設けられたのはcana÷bissのステージだ。ごいちー(DJ担当)が落ち着いた雰囲気のSEを流す――と、ツーバス仕様のアグレッシヴなロック・サウンドにメロディックな歌唱を乗せた「カリソメ」を投下。先ほどのSEとのギャップで先制パンチを食らわせ場を掌握した。ミクスチャー・ロックの「Rage」で緩急の効いたラップを聴かせたり、「SUIMING-MANIA」でパラパラを彷彿とさせるダンスでアゲたりと、多彩な引き出しでトリッキーにライヴを展開していくと、観客もそんな彼女たちにいい意味で振り回されながら、自然と身体でリズムを取っていた。コミカルなのにカッコいい「アイバカリ」、ごいちーがDJ卓から飛び出した「虹色グラデーション」と続けて、最後は「ドライフラワー」であっという間にフィニッシュした。

4番手にはNELNがドリーミーなSEと共に登場。1曲目「MILK」は、美しい上物が心地よく浮遊感のあるダンス・ミュージックで、涼し気にメロディを紡ぐ3人の歌声と表情がサウンドの質感とマッチし、えも言われぬ雰囲気がある。この曲でLIVEHOLICを一気にNELN色に塗り替えると、「irony」、「デジャヴ」の2曲を続けて彼女たちの世界観にさらなる深みを生み出した。「dawn」での爽やかなポップス、キャッチーでエモーショナルなメロディが印象的な「しおさい」と曲の幅広さも見せつけた彼女たちは、最後は「ゆらゆら」で明るく締める。MCで語られていたように、まだライヴ・デビューから1周年を迎えたばかりの彼女たちだが、その音楽性の高さも相まってそんなことは微塵も感じさせないステージだった。

この日のラストは、空想委員会の岡田典之(Ba)が楽曲を担当し、amiinAを手掛けたことで知られる齊藤州一がプロデュースするLeo-Wonder。挨拶代わりに「world dive」のイントロのダンスで3人が個性を弾けさせ、その歌唱に彼女たちらしい陽のエネルギーを迸らせると、立て続けに披露した「journey」の間奏から突風のように駆け抜けていく姿は、今夜のハイライトのひとつだった。ミュージカル仕込みのanne、はつらつとしたnene、芯の強さを感じさせるrin、爆音に振り回されることなく三者三様の歌声を届けていくメンバー3人。最後は、夏の夜により映える「アルゴリズム」から、今あるエネルギーすべてを出し尽くすかのような「セイリングデイ」で最高潮を迎えてイベントは終演へ。トリを飾ることにも納得の、すでに貫禄すら感じさせるパフォーマンスだった。

コロナ禍でアイドルも大打撃を受けている昨今。だが、この日この場所に集った新鋭グループを観て"まだまだ先は明るいんじゃないか?"、そう感じながら、LIVEHOLICをあとにした。


[Setlist]
■may in film
1. スターゲイザー
2. 前髪
3. ADVANCE

■MELiSSA
1. planet dance
2. Imitation Warriors
3. Berserker
4. DREAMERS.
5. UTPA
6. MELiSSA
7. センチメンタルデイズ

■cana÷biss
1. カリソメ
2. セラステラ
3. Rage
4. SUIMING-MANIA
5. アイバカリ
6. 虹色グラデーション
7. ドライフラワー

■NELN
1. MILK
2. irony
3. デジャヴ
4. dawn
5. しおさい
6. ゆらゆら

■Leo-Wonder
1. world dive
2. journey
3. 光のストーリー
4. Anemone
5. ミラージュ
6. キラリン
7. アルゴリズム
8. セイリングデイ

  • 1