Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

Large House Satisfaction

Skream! マガジン 2015年08月号掲載

Large House Satisfaction

Official Site

2015.07.12 @TSUTAYA O-Crest

Reported by 岡本 貴之

前日の11日に行われたサーキット・イベント"TOKYO BOOTLEG CIRCUIT'15"に続く渋谷でのLarge House Satisfactionのライヴであり、ワンマン・ツアー"破壊力ツアーⅡ"の初日となったこの日。会場には前日も彼らのライヴを観たというファンも大勢いたようだ。

開演時間を過ぎて照明が落とされると、重低音から始まったSEが徐々に大きくなる中、メンバーが登場。大歓声の中、小林要司(Vo/Gt)がリフを弾き歌い出したのは「M.O.V.E」。ただでさえ暑い1日となったこの日の温度をさらに上昇させる爆音でライヴは始まった。サビのコーラスに合わせて拳を突き上げる観客もバンド同様に気合いが入っているようだ。兄の小林賢司(Ba)が煽りながらベースを高く掲げ、「盲信者の行進」へ。要司の歌い方は1曲目のしゃがれ声とはひと味違う色気のある歌声だ。続いて「Phantom」が始まると再びがなりたてるようにまくしたてる要司。田中秀作(Dr)が前のめりにリズムをフロアにぶつけていく。演奏中に"最後までよろしくなー!"と賢司が観客に呼びかけてさらにヒートアップ。比較的ポップな「Long Time」ではフロア中が一緒に飛び跳ねて盛り上がる。ファンキーな「黒い人」で今度は横ノリで観客を踊らせるあたりの緩急がニクい。

"ワンマン・ライヴにようこそ! 待ち望んでました。オレらの衣装新しくなりましたー!"との賢司のMCに"今言う(笑)!?"と突っ込む要司に観客からも笑いが起こる。リクエストに応えて、と「デルテ」から『Sweet Doxy』収録の「Jealous」へ。キャッチーなサビ・メロ、繊細な内面を歌った歌詞による楽曲は、新しいファンを獲得しているのではないだろうか。アルバムの曲順通りに、「Stand by you」へ。かつてインタビューで"新しいスタイルの代表曲"と言っていたストレートな楽曲をぶつけてくるバンドにフロア中が熱くなる。

"新しいギターを持ってきました。せっかくだから新曲やります"との要司のMCから披露されたのは、ギター・リフのリフレインとサイケなヴォーカルの音像が耳に残る8ビートの「ヴィヴィアン」。「POISON」から一転してメロウな「眩暈」では静まり返るフロア。ギター・ソロの流れのままフレーズを弾きながらユニゾンで歌う要司に視線が集まる。続く「タテガミ」では観客たちが右手を上げて大合唱。実に表情豊かな楽曲を持っているバンドだ。

"まだ声出せますか!?"と賢司が観客に呼びかけコール&レスポンスから、ダンス・ビートの「Traffic」へ。両手を広げて観客を扇動する賢司。"Oh Oh Oh......"とコーラスに導かれ、フロア中が一体になってきた。"いくぞCrest!"と「尖端」が始まると秀作が叩きだす怒涛のビートに乗った要司はSGを掻きむしるように弾き、賢司は身を乗り出して観客に手を伸ばし拳を合わせている。

"今日、「Stand by you」をやったときに、今までの会場のどこよりも盛り上がってくれたのが嬉しかった。本当にありがとう"と要司が観客に感謝してから「Power」を演奏して、バンドはステージを降りた。アンコールの拍手に再びステージへ上がると、9月9日にミニ・アルバムが発売されることが発表され、その中から「SHINE OR BUST」を披露。ディスコ・サウンドで観客とコール&レスポンス。さらに"お猿さんになれますか!?"と賢司が挑発するように叫ぶとラストは「Monkey」でバンドも観客たちも大爆発。ギッシリ入ったフロアが揺れている。"また会いましょう!"とステージを後にした彼らだが、いつまでもアンコールを求める拍手が鳴り止まず、再びステージへ。11月27日にTSUTAYA O-WESTでワンマン・ライヴを開催することを発表。

"じゃあ、オレらのロックの原点の曲をやって終わります"とラストは「Bang Bang Bang」を叩きつけるように演奏してライヴはエンディングを迎えた。その後もフロアの半数は残ってアンコールの手拍子を送るほどの熱いライヴ。この日披露された新曲を聴いた限り、Large House Satisfactionが新作ミニ・アルバムでさらなる進化を遂げていることは間違いなさそうだ。

  • 1