Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

南無阿部陀仏

Skream! マガジン 2022年05月号掲載

南無阿部陀仏

Official Site

2022.03.26 @LIQUIDROOM ebisu

Reported by 稲垣 遥 Photo by 石原汰一

"青春"を形にしたような、濁りのない爆発的なエネルギーと、何物にも代えられない無敵のきらめき。東京練馬発のアロハ系ロック・バンド、南無阿部陀仏による初めての東名阪ワンマン・ツアーのファイナルとなったLIQUIDROOM ebisuにはそれが充満していた。

SEなどはないまま、トレードマークの色違いのアロハシャツを身につけた阿部(Ba)、アントニー大輝(Dr)、そーや(Gt)が仄暗いなか位置につく。フィードバック・ノイズの音量を上げると、ステージ上手から真っ赤なアロハを着たまえす(Vo)がマイクめがけて猛ダッシュで登場! 驚く間もなく"会いに来たぜリキッド(LIQUIDROOM ebisu)ー!"というまえすの雄叫びと共に、「ソレイユ」でライヴが始まった。ストレートなグッド・メロディがナチュラルにオーディエンスの身体を揺らし、てらいのない少しかすれたヴォーカルが胸の中まで瞬時に飛び込んでくる。昨年秋に行った前回のワンマン(吉祥寺ROCK JOINT GB)から大きくキャパを上げた彼らだが、フロアの後ろまで手拍子や拳が上がる様にバンドの勢いが表れていた。そのまま活力漲るイントロを奏で「アドベンチャークルージングパーティー」へ突入。前方のアンプに腰掛けながらベースを弾く阿部、客席の様子を笑顔で見渡しながらギターを弾くそーや、時にスティックを回したりフロアを指したりしながらドラムを叩くアントニー大輝、そしてそんな3人に寄り添いに行ったり、ステージを走り回ってでんぐり返ししたりしながら歌うまえす。MCで、リハーサルでは広さに緊張して立ち位置から一歩も動けなかったと話していたが、始まってみれば萎縮のいの字も感じさせない、むしろ初めてのステージを端から端まで冒険して楽しんでやろうという高揚感に満ちたパフォーマンスだ。そしてそれは決して自己満足ではなく、押しつけがましいものでもなく、"僕の幸せをあなたの幸せにしたいんだ"と歌う通り、自分たちと同じように不器用ながら生きる聴き手の心を動かすことも意識したものであることが伝わる。若干二十歳の彼らながら、その純正な包容力に、胸を熱くさせられるのだ。
"暗い話はなしにしよう! 楽しいことだけを歌にするんだぜ!"、"人として腐ってたまるかよー!"曲中や曲間で自身を鼓舞するかのように張り上げるまえすの叫びが、彼らの振る舞いとガッチリ一貫していていちいち刺さる。また、キャッチーなメロディで問答無用で手が上がった「1,2,3!!!」、タオル回しをやるために作ったという跳ねるリズムの「GURU GURU」など、新曲も惜しみなく披露して観客を楽しませた。

"何曲か自分の好きな子に歌った曲を"(まえす)と始めた「ロマンチックな恋がしてぇ」では、まえすがエレキ・ギターを持ってスタンドマイクに向かい、素直で甘酸っぱい片想いの心情を、「君へのラブソング」では振られた"君"への想いを愚直に募らせる様を、等身大の情景描写も携えて歌う。先ほどまでのパンキッシュで威勢のいい南無阿部陀仏から色を変え、柔らかなギターの音色に精緻なベース・ライン、強弱をつけたドラムにナイーヴさも孕むヴォーカルで、焦燥感と切なさを押し出す新たな南無阿部陀仏を見せつけた。
そんな熱さと繊細さとが交じり合う「卒業の日」が白眉だった。この間まで高校生だった彼らならではの"先輩"感のある距離の近さを湛えた、新たな卒業のアンセムだ。"この先、どうなるかなんてわからないけれど/ガムシャラに......ガムシャラに走りたくても走れないこともある。修学旅行とか、やりたかったことを潰されることもある。でも、それを乗り越えてきた強さもある"――歌唱の途中で溢れ出した想いを語るまえす。"この曲では「明日から」って言ってるけど、「今日から」頑張ろうぜ。弱い自分に負けてたまるか"とつぶやいてから、"あなたを愛してる"と絶唱した。手拍子が自然発生的に湧く。"僕らは毎秒歳を取っていく"のパンチラインで、彼らと同世代の若者だけでなく、すべての世代に対し今を必死に生きることの意味を投げ掛ける。4人で歌うサビがとてつもないパワーをもってLIQUIDROOMに響き渡ったのだった。

まえすの弾き語りから、アントニー大輝の力強く大きいドラムが加わり、どっしりとしたバンド・サウンドへと。それぞれがピンスポットを浴びて歌った「信じた足跡」。エレファントカシマシを彷彿させるような、男臭くタフで哀愁をも帯びる骨太なロックンロールに、また新たなバンドの一面と可能性を感じさせると、再びテンポアップし、まえすの魂のハープも胸を揺さぶった「愛を知らない僕らへ」、"俺たちはいつでもあなたに歌を歌いに行くよー!"と叫んでフロアを包み込んだ温かな「5時のチャイム」と畳み掛けていく。ハッピーなムードが会場を満たし、いよいよラスト・チューンかと思ったところで、"baby僕は東京のLIQUIDROOMで君の歌を歌うよ~♪"とロマンチックに甘い歌声を響かせたのはなんと阿部。彼のメイン・ヴォーカルから始まる新曲「baby ベンチで夢を見よう」で、フロアに笑顔の花を咲かせ、幕を閉じたのだった。

アンコールではさらに「ハジケパワフル」という新曲も。暑苦しくギラギラした、裏打ちのリズムの夏ソングは"今年の夏こそは派手に楽しむぞ"という意気込みの表れで、フェスでこの曲が集まったオーディエンスを盛り上げる景色も想像したくなった。そして、デビュー曲にして音楽好きに南無阿部陀仏というバンドの存在感を知らしめた1曲「若者よ、耳を貸せ」、さらに「ミサンガ」で"物語は繋がっている"と歌い上げ、しっかり集まったオーディエンスに前進の意志を示して終演。"これからもよろしくー!"とニカッと笑ったまえすの笑顔が印象的だった。

洗練されたお洒落な空気感やグルーヴ感を持つポップス、チルなヒップホップなどが若者の流行の主軸になっている昨今をリアルタイムに生きながらにして、それらと真逆の汗臭く人間味に溢れたロックの力を信じ、大きな音でド直球に鳴らす南無阿部陀仏。そして、声は出せなくとも全身全霊の気持ちを込めて高く掲げられた無数の拳たち。彼らの描く未来、このバンドの可能性にかけてみたい。そう思わせるには充分すぎるライヴを目の当たりにした夜だった。


[Setlist]
1. ソレイユ
2. アドベンチャークルージングパーティー
3. 青春
4. ONE LIFE
5. 1,2,3!!!
6. GURU GURU
7. 烏兎怱怱
8. 宝道~たからのみち~
9. ロマンチックな恋がしてぇ
10. 君へのラブソング
11. 愛別離苦
12. Precious
13. 卒業の日
14. 信じた足跡
15. 想いを乗せて
16. 愛を知らない僕らへ
17. 星の鍵
18. 5時のチャイム
19. baby ベンチで夢を見よう
En1. ハジケパワフル
En2. 若者よ耳を貸せ
En3. ミサンガ

  • 1