Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Overseas

ASIAN DUB FOUNDATION

2013.10.11 @渋谷O-EAST

Reported by 吉羽 さおり

結成時の中心メンバー、Dr Das(Ba)、またRocky Singh(Dr)とレゲエ・シンガーのGhetto Priestというファンにとってはたまらない最強布陣が再集結し、新たにフルートでNathan Leeが加入したASIAN DUB FOUNDATIONが、ニュー・アルバム『The Signal And The Noise』を引っ提げ来日を果たした。観客の歓声と熱気たちこめる会場、その熱い空気を煽るようにギターのChandrasonicが走ってステージに登場!


まずはインスト曲「Hovering」のダンサブルなビートで観客の体をほぐし、そしてMC陣の登場とともに「A History Of Now」、「Zig Zag Nation」へと続いていく。Aktarv8r(MC)が"さわぎまくれ!"と高いテンションで現れ、ステージにパッと熱い火を灯すのとは逆に、ひとり時間軸がちがってるように、泰然とステージ中央へ歩みを進めるGhetto Priest。好対照の両者だが、その存在感は抜群で、引き締まったソリッドなバンド・アンサンブルをよりラディカルに、あるいはじっとりと重みを増したダビーなサウンドにと、それぞれのヴォーカルで色づけていく。新作のからの曲はもちろん、「Riddim I Like」や「Flyover」などテッパンで盛り上がる曲も畳みかけ、前半のクライマックスとなったのは新メンバーNathan Leeのソロ・タイム。フルートを吹きつつボイス・パーカッションも決める、どういう仕組みになってるのかさっぱりわからない超絶な二刀流で観客の度肝を抜くリーサルウェポンぶりだ。結成20年、キャリア的には重鎮と言っていい存在であり、レベル・ミュージックのイノベーターとしてあり続けているバンドだが、そのフットワークはつねに軽い。新しい才能もどんどん取り入れて、そのスキルが存分に活きる最高の曲、舞台を用意する。驕ることなく、音楽としての楽しさや開放感、音が持つエネルギーといった本質をブレることなく追求しているからこそ、できることだ。こうしてアドレナリン全開になる鉄壁の布陣を揃え、ますます研ぎ澄まされたヘヴィなサウンドを食らわせ、観客をどろどろになるまで踊り狂わせていく。「Naxalite」やアンコールで披露した「Fortress Europe」といったヒット・チューンでは、ひときわ大きな歓声があがり、思い思いのステップでフロアはカオス状態。周りを見渡しても、まだそんな体力残っていたのかというくらい、沸き上がるパワーを止められない人々が会場を揺るがしていった。改めてADFの底力、彼らのライヴのパワーを見た一夜だった。
 

  • 1