Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

OGRE YOU ASSHOLE

2009.07.19 @横浜アリーナ

Reported by 遠藤 孝行

開演前の11時半頃会場である横浜アリーナに到着。新横浜駅から会場まではかなりの人。この日を心待ちにしていた僕を含めたオーディエンスのワクワク感が辺りに溢れかえっている。
いよいよ二日間の音楽の祭典が始まる。12時を少し回った頃、会場の照明が落とされ歓声があがる。アリーナの前方はもうすでに入れないほどの人が詰めかけ、この日のトップバッターであるOGRE YOU ASSHOLEを待ち構える。

「NANO-MUGEN FES.」のこれまでのヒストリー、そして今年のラインナップの紹介VTRを挟んで、アジカンの山田貴洋と伊地知潔がMCとしてステージに登場。MANIC STREET PREACHERSのキャンセルのアナウンス、そしてこのフェスへの意気込み、二人の誠実MCで会場が一つにまとまってゆく。
そして二人の紹介の後、SEが流れいよいよOGRE YOU ASSHOLEの登場。大きな会場にソリッドなサウンドが響き渡る。一曲目は2ndアルバムのオープニング・ナンバーでもある「コインランドリー」。ハイトーンで少し癖のある出戸学のボーカルとギターのリフレインが不思議な高揚感を誘う。
ライヴは初体験だったけれど、このバンドはライヴを観た方がいいと一曲目で早くも感じてしまった。この不思議なグルーヴはライヴでないと味わえない。
そして間髪入れずに「J.N」。ゆったりとしたイントロからはじまる攻撃的なポスト・パンク・ナンバー。この二曲で会場は早くもかなりの盛り上がり。ここで「どうもありがとうございます」と初めてのMC。「この夢の様なイベントに自分達も加わる事が出来て嬉しいっす」というMCから、トップバッターとして4人の緊張感が伝わってくる。しかし、その演奏からは緊張は感じられない。4人のバンド・アンサンブルがどっしりと胸に伝わってくる。
初々しいMCを経て3曲目は「サカサマ」。個人的にはこのライヴのベスト・トラック。先ほどの二曲とは変わって、ミディアムテンポのちょっとひねくれたポップ・センスを感じさせるナンバー。やはりこのボーカルはいい。会場も暖かい雰囲気に包まれてゆく。そこから、「アドバンテージ」、「かたっぽ」と続き、このライヴのハイライトとなったのは3月に発売されたシングル「ピンホール」。オーディエンスは一番手のバンドとは思えないほどの歓声と盛り上がり。最後は「ひとり乗り」。「今日一日を楽しんで下さい」というMCでさわやかに去って行った。

そう遠くないうちにこのサイズのステージが似合うバンドになるだろうことを予感させる可能性と数々の来日アーティストとの共演で揉まれた確かな演奏力が、トップバッターという役割以上の衝撃を僕らに与えてくれた。OGRE YOU ASSHOLEの特大のポテンシャルを見せつけられた充実のライヴだった。

  • 1