Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

パピプペポは難しい / 秘密結社ニルヴァージュ∀ / 9DayzGlitchClubTokyo / 15GERM

Skream! マガジン 2021年09月号掲載

2021.08.06 @下北沢LIVEHOLIC

Reported by 宮﨑 大樹 Photo by 小山田祐介

下北沢LIVEHOLICの6周年を記念して開催中の"LIVEHOLIC 6th Anniversary series"。その一環として邦ロック/ボカロ/アニソンDJとして活躍するエボリューション大沢によるイベント"エボリューション大沢 presents エボロックvol.1"が行われた。

本イベントは、LIVEHOLICだけでなく同じビルの4階に店を構えるミュージック・バー"ROCKAHOLIC"も使用し、ツーフロアでの開催。オープンと共にエボリューション大沢がDJとしてROCKAHOLICに登場することもあって、平日の17時という早めの時間にもかかわらずフロアを賑やかせた。

LIVEHOLICでの一番手は、赤と黒のツートン・カラーの衣装が目を引く"15歳で発症する音楽ウイルス BEAT POPを標榜するアイドル"15GERM。四つ打ちのエレクトリックなサウンドにラップやユニゾンを絡める1曲「ストロベリージャム」で、怪しげで危険な香りを漂わせると、そのまま「ラム」、「PARADISE」と続けてオーディエンスへ容赦なく重低音を浴びせる姿は実に痛快だ。ボカロ曲的なエッセンスも感じさせる「ラブレター」から「21CENTURYBOY」へ繋げ、ラストに披露したのは「フラウ」。ステージ上を飛び跳ねてフロアをアゲていき、トップバッターとして場をヒートアップさせた。

続いて登場したのは3人組ガールズ・グループの9DayzGlitchClubTokyoだ。ピコピコ・サウンドのSEとカラフルな照明が彩るステージに、メンバーがひとりずつ登場。静かな夜が情景として浮かぶ「題名のない不完全な夜に」で幕を開けると、和のニュアンスを取り入れたカオティックな「Brand new Stimulate」で手拍子を沸き起こす。3曲目の「myサイケ」をパフォーマンスするころには振りコピをして楽しむ女性の姿も増えていて、このグループのガール・クラッシュ的な魅力を感じさせた。そのまま「M/E」、「修羅の傀儡」と続け、デジタル・ハードコアとEDMが融合したかのような「FirE」で駆け抜けた。

3組目は、メンズ・アイドル・グループの秘密結社ニルヴァージュ∀。デジタル・ロックの「逆襲論」でいきなりステージを乗り出して観客を煽り、勢いそのまま「轟音舞」になだれ込むと、お祭り感のあるサウンドに乗せて"コン! コン!"の声で場を盛り上げる。続いてGOING STEADYの名曲「BABY BABY」をカバーすると、MC後にダンサブルな「LOVEDISCO」を挟んでから再びカバー曲へ。ライヴを強烈に盛り上げるBiSの「nerve」で問答無用にLIVEHOLICを加熱させた秘密結社ニルヴァージュ∀は、ダメ押しに「少年の唄」を投下して、次のアーティストへバトンを繋げた。

トリを務めた"パピプペポは難しい"は、ガールズ・ポップなサウンドに乗せたかわいらしいメロディで"牛丼つゆだくだく"と歌い上げる(いい意味での)アンバランスさで、1曲目から"パピムズワールド"を作り上げる。ここからジャンルにとらわれない変幻自在な曲を繰り出していくと、「ラブげっちゅ-お誕生日のお歌-」では、パピムズ(パピプペポは難しい)とLIVEHOLICで恒例になりつつあるコラボ(罰ゲーム)ドリンクがファンからお客さんへ振る舞われ、あまりの酸っぱさにむせる人が続出。最後は特撮戦隊モノを彷彿とさせる「スーパーSAMURAI忍者・カラテマン」で締めくくった。見慣れすぎていて触れ忘れていたが、この日唯一のキリン"ドン・グリ"は、初見の観客に大きなインパクトを残したことだろう。

LIVEHOLICでの終演後もROCKAHOLICでのDJステージは続き、こうしてエボリューション大沢による"エボロック"の初回は、大成功を収めたのであった。


[Setlist]
■15GERM
1. ストロベリージャム
2. ラム
3. PARADISE
4. ラブレター
5. 21CENTURYBOY
6. フラウ

■9DayzGlitchClubTokyo
1. 題名のない不完全な夜に
2. Brand new Stimulate
3. myサイケ
4. M/E
5. 修羅の傀儡
6. FirE

■秘密結社ニルヴァージュ∀
1. 逆襲論
2. 轟音舞
3. BABY BABY
4. LOVEDISCO
5. nerve
6. 少年の唄

■パピプペポは難しい
1. 世界の終わりには牛丼つゆだくをあなたと食べたい
2. 神様のきまぐれ
3. バーサーク
4. ラブげっちゅ-お誕生日のお歌-
5. シャニムニ
6. スーパーSAMURAI忍者・カラテマン

  • 1