Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

the band apart

Skream! マガジン 2014年08月号掲載

the band apart

Official Site

2014.06.27 @新木場STUDIO COAST

Reported by 石角 友香

5月にリリースした『BONGO e.p.』とライヴDVD『510×283』に伴うツアー9本目にしてセミ・ファイナルの新木場STUDIO COAST。そのゲスト・アクトが、5年5ヶ月ぶりの復活となるWRONG SCALEであることがアナウンスされて以来、この日を待ち遠しく思っていた人の熱量に、会場に入った途端圧倒された。バー・カウンターに並ぶ長蛇の列、そこここで再会を果たした人たちの喜びが溢れている。

定刻きっちりにEARTH,WIND&FIREの「September」が流れると、2階席最上段の立ち見までびっしり埋まった会場に笑いや悲鳴混じりの歓声が響く。4人が登場し、1曲目の「trace of grief」が鳴らされると早くもクラウド・サーフが続出。続く「calling」での野田剛史(Ba/Vo)、菊川正一(Gt/Vo)、大西俊也(Gt/Vo)のフロント3人のヴォーカル・リレーに、他の誰でもないWRONG SCALEの存在を再認識してしまう。序盤に野田が相変わらずのシニカルな口調で、今回の復活をほぼthe band apartの原の一存、そしてバンアパのマネージャーからの電話攻勢で"決められた"こと、ドラムの楠誠一にいたっては解散ライヴ以来初めて今、ステージでドラムを叩いていることを告げ、フロアをどよめかせる。2009年2月のラスト・ライヴを見たわけではないので、当時と変わらない演奏なのかは分からない。しかし、メロディック魂とも言えそうな曲の構造と演奏は、いい意味で彼らが活動していた頃の結晶体なのだと思う。日本語詞になおさら男子イズムが横溢する「End of pain」、ドラマティックな「Always want to be loved」などが連続投下されるたびに色褪せない曲そのものが浮き彫りになる印象だ。

"5年も経つと日本もいろいろ状況変わってきて、俺たちもジジィになって......"と野田が自嘲とも取れる発言をするのだが、時間は公平に過ぎていくものだ。人1倍、懐古モードが嫌いそうな彼は、今後のことは分からないと言う。でも、今ここに4人を再び引き寄せたタイミングがあったのだろう。後で調べてみたら5年5ヶ月前のラスト・ライヴの12曲から3曲少ないもののすべて重なっていた。ま、代表曲以外を敢えて演奏する必要はここではないだろう。ラストを告げる野田の声にリムショットが重なり、エンディングを惜しむ声が増す中、変わらぬスケール感で「p.s moved out」を高らかにコーストに鳴り響かせ、4人はステージを後にした。バー・スペースに出ると"感動したー"と、既に全力を使い果たした感のファンにも遭遇。何かコースト全体が無意識のうちに熱いもので繋がっている。

ニューEPのリリース・タイミングということでセットリストも気になるthe band apart。「ag FM」のニュー・ヴァージョンと題されたラジオのリクエスト風ナレーション"続いては東京都永田町、安倍晋三さんのリクエストで「誰も知らないカーニバル」です"という毒気にニヤリとするオープニングで、ニューEPの同曲からスタート。荒井岳史(Gt/Vo)の切れの良いカッティングに原昌和(Ba)の生き物めいたベースが滑り込む。この日はレコーディングにも参加している長年のパートナーであるエンジニアの速水直樹がコンガで参加。プリミティヴなグルーヴでじわじわ身体を揺らせる、最新のモードを披露。速水は一旦ステージを後にし、今度は爽快な風が吹くような人気曲「higher」でガラリと空気を変えるのだが、なんだかこの日のフロアはWRONG SCALEの余韻もあるのか、2バンドによるフェスのような開放的な熱気が充満している。

"もう言わずもがなだよね、WRONG SCALEありがとう"と荒井が感謝を述べると、おもむろに"新木場遠い......"と原が笑わせつつも"WRONG SCALE、最高でしたね。これからも月1ぐらいでいろいろやるらしいんで"と勝手に人のバンドの先行きを決め、さらに増す笑い。こういうことを言える関係がいいし、だからこそ今日この日も現実のものになったのだと思う。

続いて緊張感のあるファストなロック・チューン「The Base」、川崎亘一(Gt)、荒井、原がチェイスするスリリングな「ノード」で内側に熱量をたぎらせたかと思うと、バンアパ流AOR~マスロックとエヴァーグリーンなメロディが結合したような「flower tone」で、その艶に幻惑される。再び速水直樹が招き入れられ、ニューEPのタイトルがボンゴなのに何故ボンゴが入っていないのか?などについて説明。彼のコンガが最もフィーチャーされる、木暮栄一(Dr)作曲曲「来世BOX」が、ゆるいハンド・クラップも誘いながら、ファンク・チューンと呼ぶには東京のどこかを想起させる切なさを纏いながら展開。そのエンディングからシームレスに「環状の赤」の怒涛のイントロへ突入した流れは鳥肌モノ。1曲の展開の多さは彼らの曲では驚くに値しないが、また違うブン回され方をしたようで、グッと凝縮した旅を経験したような気分だ。

またまた荒井と原の別方向を見てるようなMCでひとわたり笑ったあとは、名曲オンパレードのラスト・スパート。中でもクリーン・トーンのギターが海や森の空気を運びながらも、カラッとソウルフルな「free fall」でフロア全体がバウンドする。

ラスト前に荒井が"いろいろ変わるよね。俺たちは15年やってきたからこの景色が見えるし、ロンスケは5年開いたから見える景色だっただろうし"と、変わりながらもどこかでクロスする人生の醍醐味と、その醍醐味を支えるファンに感謝を伝えた。そんな言葉の後にプレイされるキラー・チューン「Eric.W」でのバンドとファンの誇らしい感情が溶け合う様は格別だった。新旧のツボ押さえまくりのセットリストに、またもやバンドの次なる黎明を期待せずにはいられないこの日、アンコールにして最後の曲をタフなのに煌きに満ち、ちょっと苦い思いも残す「夜の向こうへ」のチョイスも泣ける。コーストの巨大ミラー・ボールの光の粒とともに放たれたのは、2バンドにとってもファンにとっても、まさにこの夜の向こうに進むための凱歌と言ったら大げさだろうか。夜の街におのおの散った個々の気持ちを照らしてくれるような、どこまでもやさしい夜だった。