Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Overseas

FUN.

2013.02.24 @新木場STUDIO COAST

Reported by 石塚 麻美

前回の初来日公演を渋谷duo music exchange(キャパ約1,100)で観た際に、もうこのサイズの会場で彼らのライヴを観られることはないだろうと思っていたがやはりその通りだった。前回は東京のみ一夜限りのショー・ケース的な公演だったが、今回は東京、大阪、名古屋と廻る本格的なツアーで全公演ソールド・アウトとなっている。なにしろ前回から今回までの間に「We Are Young」に次ぐシングル「Some Nights」、「Carry On」をヒットさせ、アルバムはプラチナム・ディスクになり、グラミー賞も2部門獲得するなど本当に文字通りビッグなバンドになったのだ。ここ日本でも知名度が上がり、今夜の新木場STUDIO COASTには幅広い層のオーディエンスが集まった。


開演時間を20分ほど過ぎて暗転しメンバーが登場すると、黄色い声援を含めた大きな歓声が上がり、アルバム『Some Nights』でボーナス・トラックの扱いになっている「Out Of Town」でライヴがスタート。今回のツアー・タイトル“Out In Your Town”に相応しいオープニング・ナンバーだ。手拍子を促したり、拳を突き上げたり、全身でリズムを取りながら歌うVo.Nateの煽りに応えるように、観客の熱もどんどん高まっていく。そこからカラフルな楽曲「One Foot」へと続き、サビの“オッオオー”の掛け声もバッチリ決まっていた。そしてファースト・アルバムの中でも一際ポップで爽快なナンバー「All The Pretty Girls」へ。楽曲中盤でのJackのギター・ソロが光るが、こういったギター・ソロが入るのもちょっと懐かしい感じがする。


その後次のシングルになっている「Why Am I The One」、サポート・メンバーでとてもチャーミングなEmiryの歌声も素敵な「At Least I’m Not As Sad (As I Used To Be)」へ。会場全体の“オーオーオオ、オーウウォー”の合唱がとても気持ちが良い。この曲や「Barlights」もそうだが、長くプレイしているせいもあってか、ファースト・アルバムの楽曲はアレンジが凝っていて、ライヴで聴くと新たな発見ができる。MCではジョークやギャグまで飛び出し、FUJI ROCK FESTIVALへの出演をサプライズで発表するなど、会場を大いに沸かせた。特に中盤のMCでNateが“自分にとってお気に入りのショーがいくつかあって、前回のライヴがそのひとつなんだけど、今回のライヴがすでにまた新しくお気に入りになった”と語っていたのも印象的だった。
Fun.は大きなショーをやっていても親しみやすさがあるのも魅力だと思うが、それが顕著に表れていたのが「The Gambler」をプレイした時だ。サポート・メンバーが捌けて3人だけになり、1小節ほど歌ったところでNateが歌詞を忘れて2人にヘルプを求めた。そこでAndrewとJackが少しずつ代わりに歌う場面があり、Andrewは歌う時に“So fuckin high”“めちゃくちゃ(キーが)高い”と言って笑ったり、Nateが“この2人は最高の親友だよ”と言っていたのもとても微笑ましかった。
ライヴ終盤には「Carry On」と「We Are Young」を立て続けにプレイし、もちろんこの日一番の大歓声と大合唱が巻き起こり、前回の公演でもプレイしていたTHE ROLLING STONESのカバー「You Can’t Always Get What You Want」で本編が終了。
アンコール「Some Nights」の出だしは何度聴いてもゾクゾクするようなコーラス・ワークが素晴らしく、ここでも“オーオー、オウウォーオ”の合唱が響き渡る。ラスト・ナンバーは「Stars」で、祭りの後の寂しさのような気持ちを感じながらライヴは幕を閉じた。


最初から最後までサポートを含めたバンド・メンバー全員が本当に楽しそうにプレイしているのが伝わってきて、その楽しさが観客にもどんどん伝染していくようなとても幸福感の溢れるライヴだった。この夏バンドは“Most Nights Summer Tour”と題した、アルバム『Some Nights』を引っ提げてのラストになる大規模なUSツアーを予定しているが、その合間を縫ってFUJI ROCK FESTIVALに出演することになるので、ツアーの勢いや熱量をそのままに、より大きい場所でより大きくなったバンドと、より大きくなると思われる合唱に酔いしれたい方はぜひ足を運んで欲しい。

  • 1