石鹸屋|Skream!インタビュー | セッケン

2013.06.01.

石鹸屋|Skream! インタビュー

石鹸屋|Skream!インタビュー

1月に『アウェイク』、3月に『青い雲』とシングル2枚を連続リリースした石鹸屋が、メジャー2ndアルバム『ヒュー』を完成させた。ヒュー(hue)=色相という言葉が示す通り、鮮やかな11曲が並んでいる。その過程には、旧知の仲である新メンバーBOSSの加入も影響したようだ。石鹸屋の新たな姿と、変わらぬ情熱が高らかに鳴り響くニュー・アルバム。メンバー全員に伺ったインタビューでは、曲作りとレコーディングのエピソードに垣間見れた各々のキャラクターも楽しんでもらいたい。

石鹸屋 : Official-Site

厚志(Vo) 秀三(Gt) hellnian(Dr) BOSS(Ba)

INTERVIEWER : 沖 さやこ


-今作『ヒュー』は“色相(hue)”という言葉通り、綺麗で鮮やかなアルバムだと思いました。前回のインタビューで秀三さんが“ギターで色彩感を出したい”とおっしゃっていましたが、そういうことも背景になっているんですか?

秀三:そうですね。でも結果としてギターどころか曲全体でカラーリングが強く出たアルバムになりました。曲を作ってる段階で「アウェイク」の“目覚めろ赤い血よ”だったり、「青い雲」だったり、色をメインにする言葉が出てきていたし、上がっていた曲たちもキャラクターがバラバラだったので、この流れで行くか! カラフルなまま聴かせちゃえ! という形です。「アウェイク」や「青い雲」が出来ていた頃には「流星の音がきこえる」や「ひどくラブ」など6、7曲あって。そこから“アルバムとして聴いたときにどんな曲が欲しいかな”と「サンライト」や「ヒューマニズム ノイズ」を付け加えていった感じですね。

-その流れはメンバー同士の話し合いで?

BOSS:話し合ったというよりは作っていく上でだんだんそういう方向になりました。

秀三:そだね。初めから決め打ちでやっても、あんまりうまくいかないしね。ある程度出てきてから“今回こんなだな”という流れに乗ったほうがスムーズな気がするんだ。……BOSSが入ってきたとき、去年の夏にいろんな曲を用意しまして、そのときの曲を大体今回採用しているんです。最初に出てきたカラフル感を生かそうという形ですね。BOSSがどういうプレイヤーで、どういうものが得意かというのは知っているんで“BOSSとヘル(hellnian)のリズム隊ならこのくらいの範囲は出来るだろう”と思って作りました。その結果として広範囲な曲調になったと思いますね。

-それでは秀三さんから見て、BOSSさんの得意な部分とは。

秀三:んー……裏方に徹しつつも我を出すベースのメロディ・ラインと言いますか。仕事人のくせして、実は裏でコソコソやってるのが巧いと言いますか……なんかこう言うとBOSSが姑息な人間みたいだね(笑)。そうじゃなくて、ちゃんと聴いてるな、と思いますね。例えばスポーツ選手だったら、花形のスター選手と言うより、いなくてはならないチームの黒子みたいな。野球で言う2番バッターだったり。

厚志:サッカーで言うボランチみたいなね。

BOSS:……恥ずかしいですね。なんか、ふわふわした気分になります(笑)。

秀三:頭(アフロヘアー)みたいですねぇ(笑)。

-ははは(笑)。hellnianさんから見てはいかがですか?

hellnian:過去のベーシストのイノさんはレッチリのFleaの影響が色濃く出てて、イガラシはレッチリも絡ませつつ、L'Arc~en~Cielのtetsuyaさんに影響を受けていて、(ベース・ラインの)動きで主張するタイプ。僕ら(秀三、hellnian、BOSS)も高校生のときにラルクのコピー・バンドをやっていたので、もともとBOSSのベースが動く印象はあったんですけど、改めて3者見比べてみると、BOSSは動いているけれど主張している動きではないというか……。今までの2人は“動くときは攻め時”という感じがあったんですけど、BOSSのフレーズの動かすところで特徴的だなと思うのは、動いているけれど、歌に沿っている。メロに合わせているわけではないんですけど、流れの中で目立ったフレーズではない。でもその動きが気持ちいいというか。

秀三:……あれだね。Paul McCartneyだね。

BOSS:マジで!? 恐れ多い!! ちょっとそれ取り下げようか!!

 Next Page  >

1 / 7


▲石鹸屋 動画メッセージ

2013.06.28
石鹸屋のライヴ・レポートを公開。新メンバーBOSS(Ba)を迎えて初となる全国ツアー初日、恵比寿LIQUIDROOM公演をレポート
2013.06.10
石鹸屋、2ndアルバム『ヒュー』と全国ツアーの連動特典となるステッカー&笛(HUE)のデザインを公開。レギュラー番組“月刊石鹸屋2013”で放送されたメンバーの罰ゲーム映像も公開
2013.06.04
【JIMMY EAT WORLD、KODALINE表紙】Skream!マガジン6月号配布開始。UNCHAIN、FoZZtone、石鹸屋、宇宙人、CRACK BANQUETなど盛り沢山
2013.05.21
【明日の注目リリース】the HIATUS、WHITE ASH、石鹸屋、宇宙人、cinema staff、THE NATIONAL、WAVVES、SAVAGESら10組が新作をリリース
2013.05.20
石鹸屋のインタビュー&動画メッセージを公開。待望のメジャー2ndアルバム『ヒュー』を5/22リリース。Twitterにてプレゼント企画もスタート
2013.05.13
石鹸屋、ニュー・アルバム『ヒュー』の世界観を踏襲したトレーラー映像を公開&約120カ国で世界配信決定
2013.04.27
石鹸屋、5月22日リリースのメジャー2ndアルバム『ヒュー』全曲試聴がスタート
2013.04.20
石鹸屋、最新アルバム『ヒュー』初回限定盤の詳細を発表。封入されるツアーパス(レプリカ)と全国ツアーとの連動企画も
2013.04.18
石鹸屋、全国タワレコ39店を回る“39ツアー”ファイナルの模様をニコ生で生中継。ニュー・アルバムの先行試聴も実施
2013.04.07
石鹸屋、初回特典満載のメジャー2ndアルバム『ヒュー』を5月22日にリリース

石鹸屋 ニュース一覧


2013.05.20 UpDate

石鹸屋 インタビュー
前のアルバムでやりたかったことを、もっと鋭角にして突き出せた

2013.03.15 UpDate

石鹸屋 インタビュー
爆発する手前の感情、言いたくても言えない“溜め”のエネルギーを追求したかった

2013.01.17 UpDate

石鹸屋 特集
【石鹸屋Single『アウェイク』】 Skream!公開インタビューbyやついいちろう

青い雲 / 石鹸屋 ディスクレビュー
石鹸屋2013年第2弾となるシングルは、想いを伝えたくても伝えられない、切なくもどかしい恋模様を描いたミディアム・ロック・ナンバー。優しいメロディを力強く丁寧に...
シャボン / 石鹸屋 ディスクレビュー
石鹸屋がメジャー・デビューすると知ったときは笑いが止まらなかった。メジャー・シーンにおいて、彼らの存在がいい意味で爆弾になる確証があったからだ。ゲーム音楽にアレ...


Gary Numan
インダストリアル・ロックのパイオニアが語る山あり谷ありの壮絶人生
THE 1975
僕らにとっての理想のポップスって Whitney HoustonのサウンドでLeonard Cohenのメッセージを歌っている様なものなんだ
MOBY
複雑で難解な人間の有り様と向き合おうとする人間の感情や脆さを描きたかった
KANA-BOON
音楽と出会って変わったというよりは、音楽をやり始めて“生まれ変わった”
PEACE
UKロックの大型新人が再来日、“俺達は現状に満足しているわけではない”と野心を語る

Skream! Interview