THE FLOORETTES
『Pocket Full Of Soul』

日本も海外も今年はシーンをひっくり返すようなセンセーショナルな新人はいなかったものの、“まだまだそんなもんじゃないだろう!”という期待を込めてこの中には入れませんでしたが、特に日本は2013年以降飛躍が期待される(してもらわないと困る)バンドが個人的には豊作だったんじゃないかなと思います。そして今年グっときた出会いはTHE FLOORETTES。なんのヒネりもないモータウン直系なソウル・バンドですが、この混沌とした時代にこういう音楽があることに安心します。そして対照的に時代を切り取ったかのような不穏さと狂気に満ちた強烈な名盤を生んだCLOUD NOTHINGS、時代を問わない蒼い衝動に満ちた素晴らしい作品を届けてくれたeastern youthという対極のバンド。七尾旅人と阿部芙蓉美という稀代のシンガー・ソングライターたちの作品は素晴らしかった。2013年もグっとくる音楽に出会いたいですね。




eastern youth
『叙景ゼロ番地』


CLOUD NOTHINGS
『Attack On Memory』


七尾旅人
『リトルメロディ』






Bill Wells
『Lemondale』


阿部芙蓉美
『沈黙の恋人』


FUCKED UP
『David Comes To Life』






MINT JULEP
『Save Your Season』


SLEEPER AGENT
『Celabrasion』


magdala
『magdala』



>>ページのトップに戻る

BEST ALBUM 2011 | Skream! SPECIAL