Jake Bugg
『Jake Bugg』

振り返るとやはりシーンやムーヴメントのない年だったと言われがちな2012年だが、個人的にはとても刺激的だった。Jake Buggを1位にしたのはやはり期待を込めてこそもあるが、19歳の若者が作ったこのデビュー・アルバムはなによりも輝いていたし、スタイルこそ新しさはないとはいえ彼には抜群のメロディ・センスと声がある。やっぱり新世代のギター・ヒーローとして期待せずにはいられない。尚かつ2012年は2ndアルバムでさらに飛躍を魅せたバンドやアーティストが多かったように思う。THE XXやTHE VACCINESしかり、自分たちの音楽性を更に研ぎすませていった。GRIZZLY BEARは今年本当によく聴いた1枚。USインディ・ロックの底力と言うか、まだまだアメリカからは出てくるなと思わせてくれた。EGYPTIAN HIP HOPやDAJANGO DAJANGOは新たな扉を開いてくれて、邦楽ではceroが滑り込みで素晴らしいアルバムを届けてくれた。




GRIZZLY BEAR
『Shelds』


THE XX
『Coexist』


KINDNESS
『World You Need Change Of Mind』






EGYPTIAN HIP HOP
『Good Don't Sleep』


THE VACCINES
『Come Of Age』


DJANGO DJANGO
『Django Django』






cero
『My Lost City』


Paul Weller
『Sonik Kicks』


Rufus Wainwright
『Out Of The Game』



>>ページのトップに戻る

BEST ALBUM 2011 | Skream! SPECIAL