UK ROCKs, Japanease ROCKs ライブレポート

Skream! 2009年上半期BEST ALBUM

【2011年 Best Album 山田 美央】


Mop of Head『RETRONIX』
Mop of Head
『RETRONIX』

今年はRADIOHEADやTHE STROKESらベテラン勢から、透明雑誌、FOSTER THE PEOPLEら勢いある若手までリリース・ラッシュに恵まれた。当然、日本の音楽シーンの変動も目覚ましく、八十八ケ所巡礼や東京カランコロン、WHITE ASHらがインディー界隈で大きく躍進。おかげでインディー・ギター・ロックに傾倒しがちな私も、(半ばこじ開けられるように)視野が広がったように思う。加えて“実体があり触れることのできる生きた音”から感じる体温にめぐり合うことが多かった。FRIENDLY FIRES「Live Those Days Tonight」は際限なく聴いているし、Veni Vidi Viciousの知能的確信犯な歌詞は今年の2作品とも突き刺さる。Mop of Head は、ライヴは勿論音源も聴く度に違う表情を見せるのだから脱帽だ。音一つ一つに肉体の動きがあり、暴力的な求心力すら感じる。すべてを消し去る血沸き肉躍る熱が、2011年の私のキーワードだ。



FRIENDLY FIRES
FRIENDLY FIRES
『Pala』

David Lynch
David Lynch
『Crazy Clown Time』

ARCTIC MONKEYS
ARCTIC MONKEYS
『Suck It and See』





NITIN SAWHNEY
NITIN SAWHNEY
『The Last Days Of Meaning』

cinema staff
Veni Vidi Vicious
『Good Days』

THE HORRORS
THE HORRORS
『Skying』





LITTLE DRAGON
LITTLE DRAGON
『Ritual Union』

KASABIAN
KASABIAN
『Velociraptor!』

VIVA BROTHER
VIVA BROTHER
『Famous First Words』



>>ページのトップに戻る

BEST ALBUM 2011 | Skream! SPECIAL