UK ROCKs, Japanease ROCKs ライブレポート

Skream! 2009年上半期BEST ALBUM

【2011年 Best Album 遠藤 孝行】

THE RAPTURE
『In The Grace Of Your Love』

例年に比べ新人アーティストが少な目。刺激的な新しい音楽が少なかったとは全く思わないが、個人的にはTHE RAPTUREの復活は嬉しかった。5年振りとなる新作はデビュー当時の勢いやその熱までとはいかないが、ソウルフルなヴォーカルと煌びやかなサウンドは彼らにしか作れない傑作だ。作品全体で聴き続けることが出来るのも素晴らしい。賛否両論の激しかったRADIOHEAD、完成度は前作に劣るが良く聴いたのは断然今作。新機軸を取り入れたTHE DRUMSは前作を凌ぎ、TUNE-YARDSやSMITH WESTERNSは新たな息吹を感じさせてくれた。同じくFOSTER THE PEOPLEもアルバムとしての完成度が高かった。最後にドラマー交代というアクシデントがありながらもストレートな傑作を届けてくれたandymoriには拍手を送りたい。



TUNE-YARDS
TUNE-YARDS
『Who Kill』

THE DRUMS
THE DRUMS
『Portomento』

RADIOHEAD
RADIOHEAD
『The King Of Limbs』





SMITH WESTERNS
SMITH WESTERNS
『Day It Blonde』

andymori
andymori
『革命』

FUNERAL PARTY
FUNERAL PARTY
『Golden Age Of Knowhere』





LOS CAMPESINOS!
LOS CAMPESINOS!
『Hello Sadness』

COMEBACK MY DAUGHTERS
COMEBACK MY DAUGHTERS
『OUTTA HERE』

FOSTER THE PEOPLE
FOSTER THE PEOPLE
『Torches』



>>ページのトップに戻る

BEST ALBUM 2011 | Skream! SPECIAL