She Her Her Hers|Skream!PICK UP! ROOKIES | シーハーハーハーズ

2013.05.08.

She Her Her Hers|Skream! PICK UP! ROOKIES

She Her Her Hers|Skream!PICK UP! ROOKIES

今月のPICK UP! ROOKIESは、2011年8月に結成されたShe Her Her Hers。バンドの歴史はまだ短いが、個々のメンバーのキャリアと実力は十分すぎる3ピース・バンドだ。彼らが、ライヴでの定番曲やバンドの代表曲を収めた待望の1stフル・アルバム『Rollercoaster』を本日5月8日にリリースした。ロックをベースに、ポップス、UK・USインディー、シューゲイザーなど様々な音楽性をシンプルでキャッチーなバンド・サウンドに昇華。現在のバンドの姿を生々しく感じられる1枚となっている。

She Her Her Hers : Official-Site facebook

タカハシヒロヤス (Vo/Gt)



-自己紹介をお願い致します。

初めまして、She Her Her HersのVo/Gtを担当しているタカハシヒロヤスです。

-バンド結成のいきさつと何かコンセプトがあれば教えてください。

DJイベントにバンドで出演するため、メンバーを誘ったのが始まりです。コンセプトは特に決めていないですが、自然体でやるようにしています。

-最近はまっている音楽を、あれば洋楽、邦楽両方教えてください。

洋楽だと、最近ハマったということで2013年にリリースされたアルバムの中からです。

LOCAL NATIVES『Hummingbird』

THE VIRGINS『Strike Gently』

THE STROKES『Comedown Machine』

PHOENIX『Bankrupt!』

YO LA TENGO『Fade』

邦楽は最近聴けていないです。

-影響を受けたアルバムを紹介してください。

影響を受けているか分からないですが、ずっと聴き続けているアルバムです。たくさんあるのでほんの一部ですが、最近レコードで買い直した中から選びました。

RIDE『Nowhere』

TEENAGE FANCLUB『Bandwagonesque』

BROKEN SOCIAL SCENE『Broken Social Scene』

THE STROKES『Is This It』

Brian Eno『Here Come The Warm Jets』

-今の日本のロック・シーンを客観的に見てどう感じていますか?

曲やメロディが分かりにくいけど、勢いがあってライヴ映えするバンドが多い。

-バンドの音を言葉で表すとすればどういった音でしょうか?

夜、夜明け、野外等の広い場所が似合う音だと思います。

-今作の聴き所は?

全楽曲のメロディ、曲です。曲単位でもアルバム通してでもストーリー性を感じてもらえる作品に仕上がりました。歌詞はメンバー全員が書いているし、チャットモンチーのあっこも何曲か歌詞を書いてくれているので、それぞれの違いを比べるのも面白いと思います。

-具体的に見えている展望、目標はありますか?

良い曲を作って良いライヴをして、1人でも多くの人を巻き込んでいきたいです。

-Skream!の読者にメッセージをお願い致します。

今回の1stフル・アルバム『Rollercoaster』は、バンド結成時からずっとライヴで演奏し続け、大切にしてきた楽曲も入っているアルバムです。だからこそずっと聴き続けてもらえるような作品に仕上がったと思っています。アルバムを聴いて是非ライヴにも遊びに来て下さい。

Rollercoaster

Price:¥2057 → ¥1717  by Amazon

Release : 2013-05-08


元PLINGMINのタカハシヒロヤス(Vo/Gt/Syn)、元オトナモードのとまそん(Ba/Cho)、チリヌルヲワカの坂本夏樹(Gt/Cho)の3人が2011年に結成した3ピース・バンドShe Her Her Hersが、1stフル・アルバムをリリース。メンバー全員が詞を手掛け、チャットモンチーの福岡晃子も3曲担当している同作は、ライヴでの定番とも言えるバンドの代表曲8曲を収録している。淡々と刻まれるタカハシの歌やサウンドスケープは、クリアなのにどことなくローファイ的な気だるい空気が漂う。だがその空気が突如ふわりと変わり、一気に大空へと飛び出していくような高揚感が湧き上がる瞬間があり、それが非常に心地よい。聴き手の隣に佇む、自然体の優しさや包容力に溢れた楽曲が集まっている。

(沖 さやこ)

Rollercoaster / She Her Her Hers ディスクレビュー
元PLINGMINのタカハシヒロヤス(Vo/Gt/Syn)、元オトナモードのとまそん(Ba/Cho)、チリヌルヲワカの坂本夏樹(Gt/Cho)の3人が2011年...


Skream! PICK UP! ROOKIES