Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

NEWS

Overseas

PARQUET COURTS、5/18リリースのニュー・アルバムよりタイトル・トラック「Wide Awake」MV公開

2018.03.12 23:00

PARQUET COURTS、5/18リリースのニュー・アルバムよりタイトル・トラック「Wide Awake」MV公開

PARQUET COURTS

Official Site

爆発的なサウンドと強烈なパフォーマンスで知られるニューヨークのガレージ・パンク・バンド、PARQUET COURTS。彼らが、5月18日にリリースする5thアルバム『Wide Awake!』より、タイトル・トラック「Wide Awake」のミュージック・ビデオを公開した。
 

Parquet Courts - Wide Awake (Official Video)
 
"とにかく人々を踊らせたい!"という今作のテーマが最も強く反映された楽曲。Brother Willisが監督し、ニューオーリンズにて撮影された。メンバーが紫のタキシードを着て、まさに "Wide Awake(目が冴えた)"な状態でリオのカーニバルなどと並ぶ世界で最も有名なカーニバル マルディグラを闊歩する内容となっている。
 
最新作『Wide Awake!』は、"DANGER MOUSE"として知られるBryan Burtonをプロデューサーに迎え、バンド史上最も画期的な作品となっている。誰もが予想しなかったこの組み合わせについてA. Savage(Vo/Gt)は以下のようにコメントしている。
 
 
PARQUET COURTSのアルバム全ての背景にある精神は、どの作品にも、より良い変化が必要だということ。そのためには、自分の安全地帯から出るということが重要なんだ。俺は、自分がパンクとファンクに恩恵を受けたアルバムを作っているということに個人的に満足していた。その一方で、Bryanはポップ音楽のプロデューサーで、今までにも、非常に磨き上げられた作品を作ってきた人だ。そんな、筋が通っていないところが気に入ったのさ
 
―― A. Savage(Vo/Gt/PARQUET COURTS)
 
 
バンドに最初に声をかけたのは、バンドのファンであったDANGER MOUSE。彼はバンドが望んでいた新たな挑戦と飛躍の機会をもたらした。
 
また、PARQUET COURTSの最新作『Wide Awake!』をiTunesで予約すると、公開されている「Almost Had To Start A Fight / In And Out Of Patience」と「Wide Awake」の2曲をいち早くダウンロードできる。こちらもぜひチェックしよう。

 

▼リリース情報
PARQUET COURTS
5thアルバム
『Wide Awake!』
wide_awake.jpg
5月18日(金)リリース
RT001CDJP/国内仕様盤CD:¥2,000(+tax) 帯・解説書付き
[Rough Trade / Beat Records]
 
1. Total Football
2. Violence
3. Before The Water Gets Too high
4. Mardi Gras Beads
5. Almost Had To Start A Fight/In And Out Of Patience
6. Freebird II
7. Normalization
8. Back To Earth
9. Wide Awake
10. NYC Observation
11. Extinction
12. Death Will Bring Change
13. Tenderness

関連アーティスト

PARQUET COURTS