Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

NEWS

Overseas

OASISの後継者とも呼ばれたシドニー発のインディー・ロック・バンド DMA'S、2ndアルバムを4月リリース決定&新曲「In The Air」MV公開

2018.02.14 14:45

OASISの後継者とも呼ばれたシドニー発のインディー・ロック・バンド DMA'S、2ndアルバムを4月リリース決定&新曲「In The Air」MV公開

BLURのドラマーであるDave Rowntreeをして、"OASIS並みの佇まいと、ARCTIC MONKEYSの音楽的才能と創作力を持ち合わせている"と言わしめた、オーストラリアはシドニー出身の3ピース・バンド、DMA'S。彼らが、2年ぶりとなるニュー・アルバム『For Now』を4月にリリースすることが発表された。そして今回、同じくシドニー出身のエレクトロニック・デュオ、THE PRESETSのメンバーであるKim Moyes(Dr/Key)を共同プロデューサーに迎え制作されたという同作より、バラード「In The Air」のミュージック・ビデオが公開となった。
 


DMA'S - In The Air (Official Video)
 

全体的にオーガニックな進歩が感じられる作品に仕上がっている同アルバム。ギタリストのJohnny Tookによって書かれた「The End」は、Kim Moyesの影響が感じられるダークなエレクトロやシンセを聴きとることができる。一方、同じくギタリストのMatt Masonが手がけた「Emily Whyte」は、サイケなサウンドから壮大なエンディングを飾るナンバーへと進化していく楽曲となっている。そして何よりも、Tommy O'Dellのヴォーカルには、これまでのアティチュードやキャラクターが感じられながらも、ソウルフルさが加わったのが特徴的。今作について、ギタリストのJohnnyは以下のようにコメントしている。
 
「前作のときはまだバンドとしてどういう存在になりたいかっていうのが定まっていなかった。そしてそれは今も変わらない。未だに僕らは耳障りなロックンロールを奏でる、でもそれでも成長はしてるんだ。これは僕たちにとって自然な進化だと感じているよ」
―― Johnny Took(Gt)
 
なお、今作より「Dawning」のミュージック・ビデオも公開されている。

DMA'S - Dawning (Official Video)

 

▼リリース情報
DMA'S
2ndアルバム
『For Now』
DMAS_For-Now_jkt.jpg
2018年4月27日(金)海外リリース
※日本盤後日発表
[Infectious Music / BMG / Hostess]
 
1.For Now
2.Dawning
3.Time & Money
4.In The Air
5.The End
6.Warsaw
7.Do I Need You Now?
8.Break Me
9.Lazy Love
10.Tape Deck Sick
11.Health
12.Emily Whyte
 
※新曲「In The Air」配信&アルバム予約受付中
http://smarturl.it/thcw9r

関連アーティスト

DMA'S