Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

夢みるアドレセンス

Skream! マガジン 2018年07月号掲載

夢みるアドレセンス

Official Site

2018.06.12 @下北沢LIVEHOLIC

吉羽 さおり

昨年末に新メンバーが加入して7人編成となった夢みるアドレセンスが、初の女性限定イベント"YUMELIVE DEATH MATCH for Girls ~LIVEHOLIC 3rd Anniversary series Vol.4~"を開催した。彼女たちと同年代の女の子一色となったフロアは、普段のライヴとは違って、なんとも和気藹々とした雰囲気とでもいうか、友達のライヴを観に来ているような温かな空気も漂っている。もちろん、グッズやサイリウムを持参していたりするけれど、最初の方は振るのもちょっぴり控えめだったり、あるいは憧れの目線をステージに送っている感じだ。LIVEHOLICは登場時に、ステージまで客席を通っていく導線となっているのだが、間近を通ってメンバーがステージへと駆け上がっていくと、フロアから驚きと歓喜の悲鳴が上がって会場のテンションがグッと高まった。「OVERTURE」、「20xx」、「リーダーシップ」と頭からアッパー・チューンで盛り上げると、同じように振付をしたり、メンバーのソロ・パートではコールが起きたりと、フロアも湧き上がっていた。改めて自己紹介をした7人は、以前からずっと女性限定ライヴをしたかったことや、やっぱり女の子だけだといつもと会場のスメル(匂い)が違うことを、"今日は汗臭くないよね~"、"やめなさい!"とツッコみながら、女性限定ライヴ開催の喜びを語る。こうしたMCの間も、いつもと違った静かさもあるのか"あれ? 見惚れちゃった感じ?"と言うが、しっかりとステージを観てちゃんと曲を聴いてくれる観客に"アイドルやってる気分が味わえる"と語った。

セットリストも女の子が好きな曲を組み込んだという今回。中盤では、メロウでポップな「プラスチックガール」やキュートに女の子の生態を歌う「恋のエフェクトMAGIC」、エモーショナルな「フォトシンテシス」を披露する。7人となって、LIVEHOLICのステージではぎゅうぎゅうになってしまうが、それでも大きく動き回り、ステージからせり出しながらパフォーマンスし、その姿に観客の声が大きくなっていった。途中には、ファン=ユメジョからの相談に答える"夢アド女子相談所"のコーナーもあり、女子会っぽくぶっちゃけよう! ということだったが、中にはなかなかヘヴィな人生相談もあり、ユメジョたちの真面目っぷりも窺える。そして、笑いをとりつつも、メンバーそれぞれしっかり質問や悩みに答え、結果、女子会らしく明るく締めくくって次なる曲へ。後半は、女性からのリクエストが多かったという「大人やらせてよ」でスタートし、真心ブラザーズの「サマーヌード」をサンプリングした「サマーヌード・アドレセンス」を披露。ビターな哀愁感とファンタジックなきらめきが混じった曲で、再び会場の温度を上げると、あっという間にライヴも終盤に。"また女性限定ライヴやりたい!"と口々に語りながら、「証明ティンエイジャー」、ラストは華やかなミュージカル調の「ララララ・ライフ」で、大団円を迎えたライヴ。アンコールに立った7人は、"また次に会えると信じて"と、とびきりの笑顔を見せた。