Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

赤丸 / ゆるふわリムーブ / Mr.ふぉるて / 新しい学校のリーダーズ

Skream! マガジン 2018年07月号掲載

Mr.ふぉるて

ゆるふわリムーブ

Official Site

新しい学校のリーダーズ

Official Site

2018.06.11 @下北沢LIVEHOLIC

秦 理絵

LIVEHOLIC 3周年イベントの第3回目は、"赤丸中毒"。4人組バンド、赤丸をトリに迎えて、ひと筋縄ではいかない個性的なメンツが集う一夜になった。

セーラー服姿で登場したダンス・パフォーマンス・ユニット、新しい学校のリーダーズは、優等生風のSUZUKAがヴォーカルを務める「毒花」から、情念に満ちた楽曲で幕を開けた。組体操やクラシック・バレエを組み込んで独特のダンスが特徴的だ。"自分たちの個性や自由ではみ出していく、新しい学校のリーダーズと申します"。真顔で伝えるシュールな自己紹介や、"学生時代の友情裏切りあるある"を表現した寸劇を交えたステージは唯一無二。まさに未体験のショー・タイムだった。

続く、Mr.ふぉるては、昨年結成の男女4人組高校生バンド。シンプルなギター・ロック・サウンドに乗せて、"君"と"僕"の間で揺れる感情を生々しく描く稲生 司(Gt/Vo)の素朴な歌声が印象的だ。「くだらない」に始まり、最後に披露した新曲まで、1曲1曲は短いが、そこに溢れんばかりの感情が込められていた。"どんな別れ方でも、また会いたいなって思う人がいると思う。そういう歌です"と紹介したのは、「密会」。エモーショナルな演奏の中に、"歌うべき意味"を明確に感じさせるステージだった。

"広島のゆるふわリムーブです。よろしく!"。網谷直樹(Vo/Gt)の第一声で口火を切った4人組、ゆるふわリムーブは、ポップなバンド・サウンドで、ぐいぐいとオーディエンスを巻き込んでゆく。踊れるダンス・ロック「ブルースター」では、網谷が"スーパー・ギタリスト! 真也ー!"と叫ぶと、久保真也のエッジの効いたギター・ソロが炸裂。"これからも一歩一歩ステージを上がっていきたい"という言葉とともに、"叶わぬ夢などない"と力強く歌うラスト・ソング「明日を鳴らせ」まで、愚直でまっすぐな歌を届けた。

ゆるふわリムーブと同じく、広島発の4人組ロック・バンド、赤丸がトリを飾る。怪しげで狂騒的な世界を描く「カミソリ」から、いきなり最前の柵に立ち、ハンドマイクで歌う大下直記(Vo/Gt)のイカれた佇まいが最高だ。奇想天外に絡み合うギター、ベース、ドラムのグルーヴ。「凡人症候群」では、"一緒に楽しみましょう! あははは!"と高笑いをした大下が、いきなりフロアに降りる自由すぎるパフォーマンス。LIVEHOLIC 3周年に寄せて、MCでは、"初めてLIVEHOLICに機材を入れて音を出したのは赤丸でした"と明かすと、青空の下で笑顔の再会を誓う「青春讃歌」でフィニッシュする。"踊って帰ろうか"と、フロアを根こそぎ湧かせたアンコール「ぼくらの」まで、自分たちのロックを貫く姿勢がかっこ良かった。