Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

WANIMA

Skream! マガジン 2018年06月号掲載

2018.04.22 @幕張メッセ 国際展示場 9-11ホール

秦 理絵

できる限りお客さんの近くでライヴをするために、この日のWANIMAはフロアのど真ん中360°を客席が取り囲むステージに立っていた。2月から開催してきた全国ツアー"Everybody!! Tour"のアリーナ編となる幕張メッセ 国際展示場 9-11ホールだ。"僕たちはライヴハウスで育ったから、スタンディングにめちゃくちゃこだわりがあるんです。東京で言うなら、新宿ACB HALLとか横浜F.A.Dとか。お客さんが2、3人のときからライヴハウスでやってきたから。「お客さんに近づきたい」って言ってたら、センター・ステージに来ちゃいました!"。そんなKENTA(Vo/Ba)の言葉を体現するように、この日のWANIMAは、ライヴハウス時代から彼らのことを知る人も、新しく出会った人も、今この瞬間に目の前にいるすべてのお客さんを巻き込んで、"私たちの明日"のための熱い音楽を届けてくれた。

オープニングSEの「JUICE UP!!のテーマ」が流れ出すと、大歓声の中でメンバーがステージに現れた。FUJI(Dr/Cho)がスピーディなビートを繰り出した「OLE!!」からライヴの口火を切ると、幕張メッセの高い天井には光が縦横無尽に交錯し、ステージ上部の"WANIMA"の文字が激しく点滅。巨大なアリーナ会場だからこそのスケール感のある演出で、開始早々から幕張メッセはクライマックスのような熱狂に包まれていく。
"我々がキャストで、みなさんがゲストでございます。夢の国へようこそ!"。いつものように笑顔でKENTAがお客さんに語り掛けると、最新アルバム『Everybody!!』の楽曲を中心に、スカやファンクのリズムなどを吸収したWANIMAらしい性急なロック・ナンバーを間髪いれずに畳み掛けていく。FUJIによるファンにはお馴染みのあの人のモノマネが炸裂した「BIG UP」では例の掛け声とともにフロアを踊らせると、"今日の幕張は自由すぎるぞー!"と嬉しそうな声を上げたKENTA。KO-SHIN(Gt/Cho)もステージの際まで歩み寄りながら、アグレッシヴなギター・プレイでフロアを沸かせる。全力でフロアと向き合うメンバーの顔からは、序盤から汗がポタポタと滴り落ちていた。映画"OVER DRIVE"のために書き下ろした新曲「Drive」では、自分を情けなく思う気持ちを燃料にしながらも、未来へとドライブをしようという熱いメッセージを届けると、アコースティック・コーナーへ。FUJIがカホンを叩き、KO-SHINがアコギに持ち替えるという編成で3曲を披露。中でも"ダサいのは今だけだから"という大事な言葉をストレートに綴った「ここから」は、少ない音数だからこそ、その言葉がまっすぐに沁みる名演だった。

再びバンド・セットに戻ると"スリー、ツー、ワン"のカウントを合図にして始めた、WANIMAが音楽を鳴らす理由のすべてを込めたようなライヴ・アンセム「ともに」では、KENTAが"かっこ良くなろうな、これからも息をして、ともに生きような!"と力強く叫んだ。そして、メンバーの頭上をしんしんと白い雪が舞ったバラード曲「SNOW」など、後半戦は3人が繰り出す熱い演奏に何度も心を揺さぶられるハイライトの連続だった。"WANIMAはこれからもいろいろなことに挑戦していく。みんなも不格好でもいいから、自由にやってみて。ダメだったら、いつでも戻ってきてください。お金は貸せないけど、肩ぐらいは貸せるから"と、まるで親友に言うように語り掛けたKENTA。その言葉に続く「シグナル」では、バンドが鳴らす爆音をかき消すほど大きなシンガロングが会場に響き渡った。WANIMAのライヴで起こるシンガロングは、単に"一緒に歌う"というレベルを超えた熱量がある。それぞれのお客さんが、ライヴ会場に辿り着くまでのそれぞれの日々で何度も溜め息をつき、あがいて、もがいて、必死に走り続けているからこそ、その日々のすべてを肯定してくれるWANIMAの歌を、この場所で一緒に歌わずにはいられないという本気のシンガロングなのだ。

本編を「Everybody!!」で締めくくったあと、アンコールでは新曲として「りんどう」が披露された。WANIMAの地元熊本に咲く"リンドウ"という花は、決して群れて咲くことがないという。その凛とした姿に自分を重ねるように、"強くなれ"、"生き抜いてやれ"と綴る雄大なバラードは、これから先もWANIMAが大切に歌い続けてゆく歌になりそうだった。そして、最後はお客さんのリクエストに応えた「For you」でフィニッシュ。KENTAが"生きてるうちになんでも好きにやれよ!"と叫び、お客さんに頭上にひらひらと銀テープが舞うと、ライヴは熱狂のうちに幕を閉じた。去り際、お客さんとハイタッチをしながらステージをあとにしたメンバーは、最後の最後まで眩しいほどの笑顔だった。