Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

SHE'S

Skream! マガジン 2018年05月号掲載

2018.04.01 @EX THEATER ROPPONGI

沖 さやこ

2017年にフル・アルバム2枚とミニ・アルバム1枚をリリースしたSHE'Sが、最新作『Wandering』を引っ提げて回った全国ツアー[SHE'S Tour 2018 "Wandering"]。2月中の19日間で10公演の対バン・ツアーを回ったあと、3月2日から4月1日までの1ヶ月間で10公演のワンマン・ツアーを回るというスケジュールは、SHE'Sのロック・バンドとしての体幹を鍛えたと言っていいだろう。

『Wandering』というアルバムは、井上竜馬(Key/Gt/Vo)の現在の心境や思考がソングライティングに反映されていることはもちろん、プレイヤー個々のカラーもこれまで以上に濃く出たというバンドの飛躍作だ。「All My Life」、「Blinking Lights」というアルバムの始まりをなぞる幕開けが、アルバムの意味と特色を強く印象づけた。4人全員が伸びやかでありながら熱のあるプレイ、ヴォーカルを聴かせる。自分たち自身を、自分たちの音楽を信じているバンドだからこそ出せる"向かうところ敵なし"的な健やかさ。なんとなく存在する日本のロック・シーンのセオリーとは違う文脈であるにもかかわらずSHE'Sの規模が大きくなっているのは、この媚びない姿勢や内面的な意味でのパンク・スピリットも影響しているのだろう。元来それを持っているバンドだが、ツアーを経たことでパワーが格段に増していた。

服部栞汰(Gt)が"対バンで先輩たちからいろんなものを吸収してワンマン・ツアーを回ってきたので、気合十分で来ています。みなさんも気合十分でついてきてください! ......ちょっとかっこつけたから水飲んでもいい?"と言うと、MCを井上へバトンタッチ。気負わない且つ歯に衣着せぬ大阪の兄ちゃんたち的なテンポのいいトークも彼らの魅力である。「Getting Mad」と「Running Out」では井上がギターを弾き、途中にはギターを抱えながら鍵盤を弾くシーンも。ヘヴィ・ロック色のある2曲のアウトロの残響にしっとりとピアノを重ねると、しなやかに「White」へ繋ぐ。丁寧に繊細に曲を開いていくようなプレイに、会場中が酔いしれた。

SHE'Sの特色で際立つもののひとつが、ミディアム・ナンバーの美しさとエモーションだ。音の中に落ちていく内省的な深みだけでなく、闇と光を直結させるスケールのある大胆さこそ現在の彼らの真骨頂ではないだろうか。「Remember Me」は井上の弾き語りから幕を開け、青いライトに照らされた彼はピアノと抱擁を交わすように優しく音を奏でる。「Say No」は笑顔でシンガロングする観客の姿も多く、「Ghost」はシンプルな演奏だからこそメンバー全員が気持ちも余韻も音に昇華することができたのでは。演奏を進めるごとに分厚くエモーショナルになるアウトロは、ずっと聴いていたいと思うほどに圧巻だった。そして注目すべきは、この3曲を続けざまに演奏したあとすかさず「Flare」へと繋いだところだ。闇から光を見せて終わらせるのではなく、光を手にしたあとの物語まで描いたところからも、彼らの新しい"Wandering(=放浪)"が見えた気がした。

井上が愛犬への愛を綴った「C.K.C.S.」はフロアからクラップ、ワイパー、シンガロングが起こり、井上もMC時のように自然体で観客とコミュニケーションを取りながら歌う。ステップを踏みながらバッキングのキーボードを弾く井上の横で熱いギター・ソロを弾く服部、しっかりとグルーヴを作る広瀬臣吾(Ba)と木村雅人(Dr)のリズム隊と、メンバーそれぞれが主張しながらお互いを立てるアンサンブル、洒落たサウンドスケープなど、新しいアプローチがメンバーの元来持ち合わせる特性を引き立てているところも面白い。「Over You」は井上がアコギでパフォーマンス。軽快な楽曲らしく、全員がナチュラルに楽しむ姿も印象的だった。そのモードのままなだれ込んだメジャー・デビュー・シングル(2016年6月リリースの『Morning Glow』)に収録されている「Time To Dive」もリリース当時より頼もしく育ち、改めてこのバンドは自分たちの生み出した音楽に鼓舞されて前進してきたことを痛感した。

井上は"バンドを組んで7年。この期間でゆっくりゆっくり、そのときそのときの(一緒にいてくれた、応援してくれた)人たちと一歩一歩一緒に歩んできたという自負があります。そんな俺らのおうちみたいなライヴハウスはやっぱり大事。やっぱりライヴがないと、俺はやってられへんなぁ"と言いながら観客の顔をゆっくりと見渡す。"こうやって集まって、目と目を合わせながら話してくれるみんなにありがとうの気持ちを届けられるように、これからも曲を作っていきます"と柔らかい口調で語り"居場所を守るために歌います"と告げると「Home」を歌い出した。観客に語り掛けるように歌う彼も楽器隊のメンバーも、終始幸せそうな表情を浮かべる。人のことを想う気持ちをまっすぐ音にする彼らに、観客も大きな拍手で応えた。

アンコールでは「The World Lost You」と「Curtain Call」を披露する。"今日初めて出会った人も、ちょっと前から知ってくれている人も、今日来れなかった人も、すべてに等しく感謝の気持ちを込めて"という言葉からも、視野が広がり、愛や感謝が強くなったことが窺える演奏だった。彼らが人としてもバンドとしても成長できた、実りの大きなツアーだったのではないだろうか。帰る場所があるから、人は旅に出ることができる。これだけ愛に溢れたホームを作ったSHE'Sは、好奇心の赴くままにまだ見ぬ情景を求め旅をし、我々にそれを届けてくれるだろう。


[Setlist]
1. All My Life
2. Blinking Lights
3. Un-science
4. Freedom
5. Getting Mad
6. Running Out
7. White
8. Beautiful Day
9. Back To Kid
10. Remember Me
11. Say No
12. Ghost
13. Flare
14. C.K.C.S.
15. Over You
16. Time To Dive
17. 遠くまで
18. Home
en1. The World Lost You
en2. Curtain Call