Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

シュノーケル×LIVEHOLIC pre 波風立てないと!!

Skream! マガジン 2018年02月号掲載

BOYS END SWING GIRL

Official Site

2018.01.19 @下北沢LIVEHOLIC

吉羽 さおり

シュノーケルの自主企画イベントとして、昨年のワンマン・ライヴを皮切りにスタートした"波風立てないと!!"。このイベントが、通年イベント"シュノーケル×LIVEHOLIC presents 波風立てないと!! Supported by Skream!"として行われることになった。拠点となるのは、下北沢LIVEHOLIC。その記念すべき第1回目が、1月19日に開催された。出演は、オープニング・アクトのMONAN、春六、BOYS END SWING GIRL、そしてシュノーケルという、いずれも今回が初顔合わせという組み合わせだ。最初にステージに立った3ピース・バンド MONANは、"3マンのオープニング・アクトだけど、4マンのつもりでやります"と、哀愁感や歌謡性の高い歌を響かせて、会場を温めていった。

続いて登場したのは、3ピース・バンド、春六(はるむ)。"ライヴハウスが好きで、ここでしか伝わらないものがある"と関川正孝(Vo/Gt)が語り、疾走感のあるメロディアスなギター・ロック「虹の彼方」や「SNS症候群」などを聴かせる。中盤では、じっくりと聴かせるような曲もあると言って、「エンドロール」、「ハッピーエンド」と2曲続けて恋愛のドラマを歌い上げた。関川が"(バンドの)色がないと言われ悔しい思いをした過去がある"と言い、その体験を曲にした「CANVAS」では、コール&レスポンスを巻き起こした。

シュノーケルを知ったのは小学生のときで、「波風サテライト」がアニメ"NARUTO -ナルト-"の主題歌だったのがきっかけだったと語ったのは、BOYS END SWING GIRL。そしてシュノーケルの最新作、4thアルバム『popcorn labyrinth』が素晴らしい作品であることに触れ、自分たちも常に最新作が一番かっこいいバンドになりたい、と先輩へのリスペクトを表し、爽やかにポップな曲でフロアを一体化していく。若いバンドながら結成は2010年で、着実にライヴを重ねてきている自負も感じる。洗練されたキャッチーさ、丁寧にアレンジされたポップ・サウンドで、しっかりと爪痕を残した。

若手バンドたちの期待を背負って最後に登場したのは、年男となったシュノーケルの3人。2017年末はブラジルでライヴを行い、今年2月にはチリのアニメ・フェス"AEX26 Anime Expo Summer 2018"への出演が決まっているという。メジャー・レーベル時代の「波風サテライト」や、「奇跡」(※"銀魂"第6期EDテーマ)がアニメのテーマ曲となったこともあり、今なおその活動はワールド・ワイドに広がっており、また一方ではシュノーケルのポップ道、ロック道をとことんコアに極めているという、この両輪で突き進んでいる。一度は活動休止をしながらも、いまは3人がシュノーケルというバンドを楽しんでいて、海外公演などひょんなことから転がっていく状況をも面白がって楽しんでいるのがわかる。この日のセットリストも、「波風サテライト」や「奇跡」、「solar wind」などのシングル曲から、最新作『popcorn labyrinth』収録の「シュレーディンガーの僕」、「bug」までと、新旧入り交じったラインナップとなった。3ピースのタイトでシンプルなサウンドと親しみやすいメロディで、それでいてひねりが効いた、クセになる仕掛けがふんだんに盛り込まれた楽曲が観客をにんまりとさせ、手拍子や歓声を巻き起こしていった。アンコール時には、早くも3月9日に本イベントの第2回開催が決定したことが告げられた。年明けからいいリズムで突き進んでいる年男たちに期待したい。