Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

スキッツォイドマン

スキッツォイドマン

Official Site

2017.09.09 @下北沢CLUB Que

吉羽 さおり

スキッツォイドマンのミニ・アルバム『必殺!地獄逝き!!』のリリースを記念した"惨ヶ月連続スリーマン忌画"の第5弾"赤い下北沢編"が下北沢CLUB Queで開催された。今回、スキッツォイドマンに招かれたのは、まず、岡山発のロックンロール・バンド、Morning Erections改めTHE SURVIBES。旧知の仲であり、まさに地獄のような辛酸を嘗めるライヴも分かち合ってきたという間柄だ。もう1組はガールズ・パンク・バンド Su凸ko D凹koiで、こちらは初の共演。タイプの違う3組の衝突でどんな地獄を生み、カオスとなるのか。未知数のワクワクがある夜がスタートした。

まず登場したのは、THE SURVIBES。今年7月にMorning ErectionsからTHE SURVIBESに改名したばかりというフレッシュさだが、積み重ねてきたバンド・グルーヴにはこってりと脂がのっており、パフォーマンスやふとした動きの随所で、腰の入ったキレの良さを見せる。瞬く間に汗だくになっていくフロントマン、ヤッホー山口(Vo)の姿も、観客を惹きつける説得力がある。さらに"今入って来た人、何が起こってるかわかんねぇだろ。これがロックンロール・ショーだ!"と山口が高らかに叫び観客を焚きつけて、ジャンプやダンスをさせる。山口は、映画"サタデー・ナイト・フィーバー"のJohn Travoltaばりにグイッと腰を突き出してダンスをする、その動きのクサさや面白さの塩梅が絶妙で、陽性なサウンドやビートとともに観客の心をくすぐる。嘉本祥太(Dr)、別府 諒(Ba)、Ray(Gt)のアンサンブルもボリューム感があり、且つそれぞれ見せ場がある。熱いソウルや汗をほとばしらせつつも、"魅せる"精神にも富んだステージだ。
"スキッツォイドマン、リリースおめでとう。そして3ヶ月、お疲れ!"という山口に、フロアで見ていたスキッツォイドマンのキャプテンkt.(Ba/Vo)が"疲れた~"と答え、"1回死んだ人が、「疲れた」とかどうなの?"とチクチクと返すやりとりなどは互いに古くから知るからこそのもの。出会ったころの感慨に浸りつつも、そんな淡い思いを粉砕するように「ウキウキワクワク」や「サニーデイ・ママ」で踊り、ハンドクラップさせ、「今夜きっと」でシンガロングを起こし、フロアにエネルギーを注入するステージで盛り上げた。

THE SURVIBESから熱々のバトンを受けたのは、音大受験をきっかけに知り合い結成したというガールズ・バンド Su凸ko D凹koi。人を食ったようなバンド名だが、奏でる音楽もまたシニカル且つユーモラスで、女の鋭く重い毒や怨念にまみれている痛快さがあり、そのうえプレイも爆裂。もっとやれ、どんどんやれと加勢したい面白さだ。おうむ(Dr/Cho)が"店長! 私バイト辞めます!!"と美声で叫んで始まった「店長、私バイト辞めます。」、そして秋の爽やかなドライブにぴったりの曲だと言い「鬱病」を見舞うなど、頭からまるで一筋縄でいかない。それでも、"もうこの2曲で好き嫌い分かれると思うけど、大丈夫、あと20分くらいしたらいなくなるから"(どい/Vo/Ba)と自虐をかまし、豪速球でソリッドなパンク・チューン「ブス」をフロアに投げてくる。観客は"ブスなんかじゃないよ"と言いながらも"ブス、ブス、ブス~"としっかり拳を挙げて盛り上がっている。なんともアンビバレントな状況。恒例となっているおうむの川柳コーナーをしている間には、りな(Gt/Cho)がおやつをもぐもぐしていたりとステージ上は自由気ままだ。しかし演奏に入れば元カレへの恨みつらみから、妬み嫉みに、心残りを、極上にキャッチーな曲に仕上げて、パワフルなバンド・サウンドで痛快に響かせる。ラストの「くず息子」では、どいがフロアへと飛び込んで這いつくばってプレイする暴れっぷりで、でたらめで深い爪痕を残すライヴで観客を沸かせた。

"赤い下北沢編"のタイトルを示すようにディープな赤の照明の下、フロアのOiコールに迎えられて登場したスキッツォイドマン。歓声のなか、キャプテンはいきなり血のりを吐きながらも"誰か! 拭くものをください!"と叫ぶ。神聖なステージは汚さないバンドマンとしてのエチケット。そんな嗜みを見せつつ、"故人の言うことは"、"絶対"のコール&レスポンスから、一気にテンションを上げてミニ・アルバムのタイトル曲である「必殺!地獄逝き!!」へと突入する。卍毒蜘蛛ノ介(Dr)のパワフルなドラムに、ワンダー久道(Gt/Vo)によるメロウなヴォーカルが冴える。飄々とした紳士な佇まいと、美声を聴かせるワンダーさがありながら、そのギターは饒舌で、ジャズやフュージョン的な巧みなプレイから、ロックな泣きのフレーズ、ソリッドに刻むヘヴィなリフまで、剛柔自在に繰り広げる。3ピースで贅沢なサウンドを編み上げたり、一方では、キャプテンがTHE SURVIBESのRayとSu凸ko D凹koiのりなを呼び込んで、皮でも剥ぐように自分の履いているレギンスを1枚脱がせるというパフォーマンスで魅せたりと、一時たりとも目が離せないステージを展開する。「人モドキ」、パンキッシュにシンガロングする「ギロチンX」へと、どんどんと地獄の不穏な空気を味わわせ、"いけるか、地上!"というキャプテンの叫びから、「爆裂!バケモノハンター」、「赤い地獄」と重厚なサウンドで地獄にまっしぐらに突き進み、フロアを翻弄する。
ちなみにこの夏、スキッツォイドマンのマネージャーがフェスを観に行った際、"売れてるバンドは、裸でも白塗りでも血を吐いてもいなかった"ということで、前の名古屋公演ではそれをすべて封印してやったが、これがまったくもってスキッツォイドマンには逆効果だったという......。スキッツォイドマンはスキッツォイドマンらしく、故人らしく、再び地獄モード全開で振り切ったのが、この東京公演だ。怨念を晴らすかのように、怒涛のプレイでシンガロングからサークル・モッシュまでも起こして、一体感溢れる地獄絵図を生み出していく。"これ、売れるわね"とキャプテンも思わず口にする、最高の光景だ。そして、濃ゆいギターが光るラストの「鬼さんこちら」までたっぷりと、ブレないスキッツォイドマンのスピリットで、変幻自在且つ変態的な(もちろん音楽的に)ロックをフロアに浴びせ、観客を昇天......いや奈落へと突き落としていった。


[Setlist]
■THE SURVIBES(ex-Morning Erections)
1. Why Don't You Wanna Dance?
2. LOVERS DISCO
3. HOP! STEP! JUMP!
4. ウキウキワクワク
5. HOT MAN
6. 嫌じゃない?
7. Cheers!
8. サニーデイ・ママ
9. I feel OK
10. 今夜きっと

■Su凸ko D凹koi
1. 店長、私バイト辞めます。
2. 鬱病
3. ブス
4. セックスレスピストルズ
5. ××××
6. 2ばんめがーる
7. くず息子

■スキッツォイドマン
1. 必殺!地獄逝き!!
2. エピソードⅡ
3. 人モドキ
4. ギロチンX
5. 爆裂!バケモノハンター
6. 赤い地獄
7. お肉(ニュー・バージョン)
8. 地獄はどっちだ(ニュー・バージョン)
9. 遺書
10. ビーバップ!I wanna be your 心霊現象
11. 鬼さんこちら