Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

渡會将士 / コレサワ / 戸渡陽太 / Saku

Skream! マガジン 2017年08月号掲載

2017.06.27 @下北沢LIVEHOLIC

石角 友香

この日は言葉と声で勝負するシンガー・ソングライター4人が結集。全員が弾き語りスタイルでのライヴだ。





1番手は5月に『KENSAKU E.P.』をリリースしたSaku。SNS社会においての女子あるあるをリアルに描いたレパートリー「検索」、「スタンプ」などを歌う際の、高音のメロディの歌い終わりで少しフラットする部分になんとも言えないアンニュイさや切なさを宿す甘くハスキーな声が印象に残った。UKやUSインディー、渋谷系もリスペクトするSakuらしさがアコギ1本でも伝わる「Silver Moon」に彼女の軸を見た思い。




続いて戸渡陽太。彼が自在にアコギを鳴らすだけで映像が立ち上がる。澄んだ声と鋼のように金属的な強い声が同時に鳴っている戸渡の声質は、アコギと混ざったとき、それだけで3つの楽器が織りなすアンサンブルを聴いているようだ。そして彼の音楽的運動能力の高さは、奇しくもPAの調子が万全でなく、いったんギターを置いて急遽始めたアカペラでそれを証明。フロアに一定のテンポのクラップを促し、そこに裏のクラップを入れたりしながらグルーヴを作る。その熱を持続させながら歌った、ラッパーも真っ青の高速トーキング風ヴォーカル曲「ギシンアンキ」の鋭さ。一転、空間ごと森や空に飛ばすような「長い長い夜を抜けるまで」など、この人の才能はどんな場所でも持ち時間が短くても爆発することを確信した。




3番手は、8月9日リリースの新作『コレカラー』でメジャー・デビューするコレサワ。「君のバンド」のイントロを弾きながら、"この曲を知らない人、手を上げて。少ないな。じゃあ手を上げなかった人はみんな知ってるということで"と、容赦なく(!?)歌わせ、声が小さいと"もっとちゃんと歌って"と、笑いを誘いながら場をひとつにしていく。痛快な中に切なさを含ませた彼女の世界観は、カバー企画で多くの女性が歌ったことでも広がりを見せた「たばこ」で深くフロアに染み入り、"男より夢をなくすほうが怖い"と歌いつつ単純な比較に終わらない「女子諸君」のリアリティは、男性にもきっと届いたんじゃないだろうか。あくまで自分の感覚や信条に正直に生きる彼女は、ちょっと前を歩く身近なヒーロー(女子なのでヒロインなのだが、語感としてヒーローがしっくりくる)だった。





トリは活動休止中のFoZZtoneのフロントマンであり、ソロやTHE YELLOW MONKEYの菊地英昭のプロジェクト brainchild'sのヴォーカルなどで活動する、"表現欲が服を着て歩いてる"渡會将士。ルーパーを駆使してハイハットとギターを重ね、ビート強めななかにもブルージィなムードの漂う即興的な演奏でbrainchild'sの「Phase 2」を大胆に再構築。MCでは"ステージ・ドリンク忘れたんで、ビールおごってくれるという人はいませんかね?"とラフな調子なのも楽しい。アイリッシュっぽいリフの「マスターオブライフ」から、男女の切ない日常を切り取る「夕立ベッドイン」はもはや映画を観ているよう。ラストに新曲「ウェザーリポート」を演奏してくれたのだが、狂ったニュースや遠いどこかの子供の死、それでも僕らは抱き合って眠るしかない――並行する世界への眼差しとほのかな悲しみ。一瞬で世界観がぶっ立つ力量に誰もが拍手を送っていた。


[Setlist]
■Saku
1. 検索
2. スタンプ
3. サークルフェイス
4. Silver Moon
5. START ME UP

■戸渡陽太
1. SHIKISAI
2. SOS
3. ギシンアンキ
4. あなたの中を旅したい
5. Sydney
6. 長い長い夜を抜けるまで

■コレサワ
1. お姉ちゃんにだけ部屋があったことまだ恨んでるのかな
2. 君のバンド
3. たばこ
4. 女子諸君
5. あたしを彼女にしたいなら

■渡會将士
1. Phase 2
2. Brooklyn Houze Closed
3. I'm in Mars
4. マスターオブライフ
5. 夕立ベッドイン
6. ウェザーリポート