Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

ピロカルピン

Skream! マガジン 2017年07月号掲載

2017.06.03 @下北沢CLUB Que

石角 友香

努力すれば夢は叶うとかいうメッセージには嘘くささしか感じない。かといって、自分がまったく非力だと思うには人生は長い。ピロカルピンというか、このバンドのソングライターである松木智恵子(Vo/Gt)は、まず自分自身の態度で自分と自分の周囲の意識を変えていくような説得力を音楽に見いだしている人なのだと、この日のライヴで感じた。

開演前のBGMには松木憧れの人、Freddie Mercuryの歌声が響く。ファン層は10代から40代と見受けられる幅広さ。彼らの持つ90年代UKロック的なギター・サウンド、日本語詞の美しさと文学性などから、そのファン層の厚さに納得する。今回、クラウドファンディングを実施し制作した8thアルバム『ノームの世界』。フロアには実際、"応援"に参加した人も多いのだろう。この日のワンマンを待ちわび、静かにメンバーの登場を待つ人が多く見受けられた。森の木立にいるようなSEが流れ、松木、岡田慎二郎(Gt)と、新作『ノームの世界』を共に作り上げたサポート・メンバーのサカモトノボル(Ba)、冨田洋之進(Dr/Omoinotake)が登場すると、想像以上の大歓声。幾何学模様のシックでガーリーなワンピース姿の松木が正面を見据えることが開始の合図のように、彼女のコード・カッティングと岡田の透明なオブリ、リズム隊のタイトなビートが鳴る。1曲目は新作からの「朝」。なんとも松木の声のまっすぐなこと! そして4人の肉体と気持ちから発せられるアンサンブルの必要最低限で隙間の多い有機性。ロックだどうだとか関係なく、バンド・サウンドのダイナミズムを全身で受け止める清々しさ。決然とした始まりに似合うこの曲からギター・ロックの真髄と呼べそうな楽曲が続き、フロアも熱を帯びるが松木の表情はわずかににこやかになる程度であまり変わらない。彼女の歌と演奏を堂々と宇宙の彼方にまで届けるような姿勢がとにかく美しい。四つ打ちのダンス・ロックとも取れる「パルプフィクション」も、いわゆる踊るためのビートとは根本的に違う、曲が求めるかっこいいビートとしての四つ打ちってこうだったよな、と再認識させられた。

「流星群」でアップデートされたピロカルピンの美メロとポップネスを体感したあとは、グッと内面世界に潜り、岡田のシューゲイザー素養が過去曲「ワンダーワールド」や「京都」で前面に打ち出され、再び新作から歌メロが牽引する極上のポップ・ソング「グローイングローイン」を披露した。
メンバー紹介を挟んで、"未完成な世界の 出口を探して"いる、今はまだ闇の中にいる現在進行形の姿を描く「ピノキオ」が、ライヴでさらに、その闇の中を歩き続ける決意をリアルなものとして届ける。松木の歌は感情でブレることがないし、ライヴが進行するにつれて力強さを増すことはあっても、決してはしゃがない。曲が表現していることがライヴの熱気を伴っても"盛られる"ことがない。ピロカルピンの音楽への信頼の厚さは、松木のそうした資質によるところがとても大きいのだと感じた。
『ノームの世界』の中で、というか彼らの曲の中ではマイナー・チューンでハードな側面を見せる「赤色のダンサー」。ドライなファンクネスを生み出すリズム隊に絡む岡田のギターは、通り一遍の16ビートのカッティングではなく、ヒリヒリした感情を表現するようなフレージングと音色が印象的。続く「小人の世界」もハードなモダン・ロックで、この2曲で聴かせた寓話的ポスト・ロックとでも言えそうな音像は、松木の凛々しくも現実を見据える歌声で、安易な嘆きにも叫びにも傾かない。どこまでもあるがままの真実が目の前に差し出されるような感覚。ハードなマイナー・チューンになるほど、ピロカルピンならではの澄み切った世界観が堪能できることを知った。MCで松木はバンドを続けることの現実的なシビアさを語り、だからこそ新作が完成したことを喜び、"一生もののアルバムができた"と淡々と言う。簡単なことじゃないけど、闘いたいことがあるなら流されずやるだけ――そんな力強さを集約したように、本編ラストでは演奏の作り出す音像が吹きすさぶ風のような「風立ちぬ」が、力強く鳴らされた。

ギター・ロック・バンドというのは表現者によって、かくも可能性に満ちたものなのだということ。そして少年以上に何者にも迎合しない意思を感じる女性ヴォーカルが存在するということ。その組み合わせが生み出す化学反応は痛快なほどだった。


[Setlist]
1. 朝
2. 未知への憧憬
3. 時の抜け殻
4. パルプフィクション
5. 流星群
6. ワンダーワールド
7. 京都
8. グローイングローイン
9. ピノキオ
10. 飛行少女
11. 赤色のダンサー
12. 小人の世界
13. 箱庭の世界
14. 南十字星
15. 青い月
16. 風立ちぬ
en1. 3分間
en2. 虹の彼方