Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

NICO Touches the Walls

Skream! マガジン 2017年06月号掲載

NICO Touches the Walls

Official Site

2017.04.02 @NHKホール

山口 智男

"Fighting NICO"というツアー・タイトルどおり、NICO Touches the Wallsというバンドがもともと持っているファイティング・スピリットを改めて見せつけられた。今年、メジャー・デビュー10周年を迎えるバンドが未だにファイティング・スピリットを剥き出しにしていることがなんだかとても嬉しかった。考えが古いと言われようと、やっぱりロック・バンドはこうでなきゃと思う。

サーチライトのように飛び交うレーザービームと光村龍哉(Vo/Gt)が鳴らしたサイレンの"ウ~ウ~"という唸り声、そして対馬祥太郎(Dr)がズズタンズズタンと打ち鳴らした重たいドラムの音が不穏なムードを作り出したところで、ライヴはいきなり新曲で始まった。光村と古村大介(Gt)がヘヴィなリフを唸らせるブギ調のロック・ナンバー。坂倉心悟(Ba)のベースもバキバキと鳴っている。

バックドロップにツアー・タイトルが浮かび上がり、光村が叫ぶ。"東京2日目! 昨日より盛り上がりたいと思います!"。 そこから一気に演奏はヒートアップ。熱度満点のインプロを交えながら曲を畳み掛けるその勢いに圧倒され、観客は手を上げることもできず、まるで金縛りにあったようにステージを凝視するしかない。みんなで手を上げたり、振ったり、叩いたり、飛んだり跳ねたりしているわけではないけれど、総立ちでバンドを迎えた観客が、サポートに迎えた浅野尚志(Key 他)を含む5人が奏でる音に度肝を抜かれ、気持ちを持っていかれていることは後ろから見ていてもはっきりとわかった。その光景は、まさに痛快のひと言だった。

アルバムのリリース・ツアーではないため、アルバムの収録曲に縛られずにセットリストを自由に作ることができた今回のツアーは、NICO Touches the Wallsにとって、いろいろなことに挑戦できる絶好のチャンスだったようだ。この時点ではまだリリースするかどうかも決まっていない新曲を披露したこともそうだし、あえて目に見えるわかりやすい形で一体感を作らずに観客を圧倒しながらライヴに巻き込んでいった序盤の流れもそうだったと思う。

また、最近、演奏する機会が少なかった懐かしい曲を多めに選んだうえで、浅野が演奏するピアノやヴァイオリンを加え、「手をたたけ」「天地ガエシ」に顕著だったように新たなアレンジを観客にぶつけたことも挑戦のひとつだったはず。 "彼(浅野尚志)のスーパー助っ人ぶりは曲を進めるごとにじわじわと明らかになっていきます。この5人で死ぬほど好きなことをやって、遊んで帰ります"という光村のMCを聞き、「マシ・マシ」をシングルとしてリリースしたときのインタビューの記憶が不意に蘇ってきた。彼らのレパートリーに多かった縦ノリの曲とは違う横ノリの「マシ・マシ」について、"今は(フェス受けする)高速の四つ打ちの曲がトレンドだけど、そういう曲が好きな子たちにも、ぜひこういう曲を聴いてほしい"と言った光村はその流れでこんなことも語ったのだった。
"高速の四つ打ちの曲が盛り上がるライヴももちろん、いいんだけど、それだけじゃないライヴのやり方も見つけていかなきゃいけないんじゃないか"。
もしかしたら、今回のツアーはその実践だったのかもしれない。なるほど。"Fighting NICO"というツアー・タイトルの元ネタは、"ファインディング・ニモ(Finding Nemo)"に違いないと思っていたが、"Finding"を"Fighting"に変えながら、新しいライヴのやり方を見つけるという意味では、"Finding"もタイトルには隠されていたわけか。いや、もちろん想像の域を出るものではないけれど、自分の中でいろいろ合点がいった。

ファンキーな「MOROHA IROHA」から一転、縦ノリの曲を畳み掛け、ラスト・スパートをかけるように会場全体を盛り上げると、本編の最後にハードな印象もあるロックな新曲を観客にぶつけ、駆け抜けていった。
"闘い続ける姿を見せることで、日々、闘っている人たちの支えになりたい"という今回のツアーに込めた想いを光村が語ったアンコールは、「マシ・マシ」を含むお馴染みの3曲を披露。ライヴの大団円に相応しい大きな一体感を作り上げた。ひょっとしたら、観客を驚かせる瞬間も戸惑わせる瞬間もあったかもしれない。しかし、NICO Touches the Wallsの挑戦は結果的にロック・バンドとしての彼らの底力を印象づけたのだった。



[Setlist]
1. Live1(新曲)
2. チェインリアクション
3. そのTAXI,160km/h
4. バイシクル
5. 手をたたけ
6. Diver
7. 夢1号
8. GUERNICA
9. Aurora(Prelude)
10. TOKYO Dreamer
11. ブギウギルティ
12. 天地ガエシ
13. MOROHA IROHA
14. Broken Youth
15. 渦と渦
16. Live2(新曲)
en1. THE BUNGY
en2. ストラト
en3. マシ・マシ