Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

BIGMAMA

Skream! マガジン 2017年03月号掲載

2017.02.10 @LIQUIDROOM ebisu

山口 智男

BIGMAMAの、もうひとつの10周年を祝うために大勢のファンが集まり、LIQUIDROOMは見事、ソールド・アウトに。いや、今のBIGMAMAなら当然。余裕でもっと大きな会場でできただろう。しかし、10年前のこの日、現在のラインナップで初めて立ったステージがここ、LIQUIDROOMだった。それは将来を嘱望されながら、デビューから3ヶ月でいきなり活動休止を余儀なくされたBIGMAMAが新メンバーを迎え、新たな一歩を踏み出した記念すべきライヴだった。それを考えると、やはり10年前と同じステージで祝いたかったのだろう。もちろん、記念すべきライヴと言えるのは、それから10年、同じメンバーで活動を続けてきたからこそだ。
 
"その喜びを爆発させて帰ります!"という金井政人(Vo/Gt)の言葉を代弁するようにベートーヴェンの「歓喜の歌」が流れるなか、ステージに映し出された時計が懐かしいアー写やジャケ写の数々と共に時間を遡るというオープニングの演出によって、10年前のこの日にタイムスリップしたバンドは、新人のデビュー作にもかかわらず、1万枚を超えるセールスを記録した2006年7月リリースの1stミニ・アルバム『short films』収録の「look at me」で演奏をスタート。歓声と激しい手拍子で、ステージの5人を歓迎した観客はサビの2ビートにいきなりモッシュ状態に。そこから"忘れられない夜にしましょう!"という金井による挨拶代わりのひと言を挟んで、柿沼広也(Gt/Vo)がかき鳴らすファンキーなカッティングに東出真緒のヴァイオリンが奏でるメロディが絡む「Weekend Magic」に繋げ、一気に時間を10年、タイムリープしたバンドは時間軸を行ったり来たりしつつ、新旧の代表曲の数々を、序盤はアップテンポでとことん攻めながら、そして中盤は"この5人で初めて作った曲"と金井が紹介した「CHAIN」を始め、歌をじっくりと聴かせる一方でシンガロングを求め、一体感を作りながら曲を披露。バンドの成長も含め、この10年の活動がいかに充実していたかを熱演と共に示したわけだが、楽曲の新旧にかかわらず、全曲で"待ってました!"とばかりに盛り上がり、手拍子、モッシュ、クラウド・サーフィン、シンガロングで応える客席を見ながら、BIGMAMAが熱いファンに支えられてきたことを改めて実感させられた。"飽きっぽい自分がBIGMAMAだけは続けられた"と語った金井はその理由のひとつとして、自分たちのファンに中毒性があることを挙げ、"だから、どんどん楽しくなる"という言葉でファンに感謝の気持ちを伝えた。
 
ファンから尋ねられ、メンバーが語った"馴れ初め"もまた、こんな機会でもない限り聞けない話だったと思う。結成メンバーである金井、柿沼、リアド偉武(Dr)と高校時代からの友人だった安井英人(Ba)は、別のバンドに得意のベースではなく、ドラマーとして参加していたところに柿沼から誘われ、メンバーふたりが抜け、活動休止していたBIGMAMAに加入したそうだ。また東出はメンバーに誘われ、神戸から単身上京した当時の不安と期待の入り交じった心境を語った。
 
そして、バンドは懐古だけに留まらず、"もっともっと秘密を共有したい。みんなにとって、もっともっと特別なバンドになりたい。もっともっと新しい世界を作っていきたい"と曲のタイトルにちなんだ言い回しで、バンドのこれからを語りながら「秘密」、「SPECIALS」、「荒狂曲"シンセカイ"」といったアンセムを立て続けに演奏すると、3月22日にリリースする新作『Fabula Fibula』から新曲「ファビュラ・フィビュラ」を、金井いわく宇宙初披露。柿沼が奏でるハード・ロッキンなリフと重ためリズムで新境地をアピールして、新作への期待をぐっと高めると、10月15日に日本武道館公演を行うことを発表した。"(10月15日は)必ず空けて、待っててください!"と金井が呼び掛けると、客席から大きな歓声が上がった。
 
10年前に遡るところから始まったこの日のライヴが懐古だけで終わるとは、もちろん思ってはいなかったが、まさか、そんな未来を描き出しながら大団円を迎えるとは。バンドがこの日、最後に演奏した「until the blouse is buttoned up」に応え、ファンがそれぞれに掲げたBIGMAMAのロゴが入ったタオルが様々なデザインだったところにもバンドの10年が反映されているようで、色とりどりのタオルが掲げられる光景もまた感慨深いものだった。

 
[Setlist]
01. look at me
02. Weekend Magic
03. CPX
04. #DIV/0!
05. Swan Song
06. Neverland
07. little cloud
08. Merry-Go-Round
09. ワンダーラスト
10. 神様も言う通りに
-MC-
11. CHAIN
12. Do you remember ?
13. 春は風のように
14. A KITE
-SE. awasekagami -
15. 君想う、故に我在り
-MC-
16. Make Up Your Mind
17. 秘密
18. SPECIALS
19. 荒狂曲"シンセカイ"
20. ファビュラ・フィビュラ
21. Sweet Dreams
22. MUTOPIA
-MC-
23. until the blouse is buttoned up