Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

04 Limited Sazabys

Skream! マガジン 2017年03月号掲載

2017.02.11 @日本武道館

山口 智男

"武道館やれんのか!?"というRYU-TA(Gt/Cho)の掛け声を合図に「monolith」、「fiction」、「escape」、「Chicken race」という怒濤の4連打でスタンディング(!)のアリーナを、いきなりライヴハウスに変えてしまった序盤が終わったところで、"名古屋のライヴハウスからここまで辿り着きました"とGEN(Ba/Vo)は客席に語り掛けた。その言葉には自分たちの出自や、日本武道館公演に至るまでの10年に及ぶ活動に対する誇りが感じられた。
ライヴハウスでセッティングするメンバーたちがステージを出ていくと、そこは武道館だったというその言葉を象徴的に映像化したオープニングのムービーを始め、巨大ヴィジョンに映し出した様々な映像や、1曲目でいきなりバーン!! と炸裂したパイロや火柱、煌びやかなレーザービームなど、映像や特効もふんだんに使い、1万人を収容する大バコに相応しい演出も楽しませながら、ステージで演奏しているバンドはこれまでどおりというところが何よりも良かった。

ある意味、スペクタクルとも言える演出に加え、アリーナをスタンディングにするため、警備によけいに費用がかかったことを終盤、GENはバラしたが、そこにはライヴハウス出身のバンドらしいこだわりや気負いが感じられたものの、ステージ上の4人は肩肘張ることなく、普段立っているライヴハウスのステージと同じようにやんちゃそのままで、巨大ヴィジョンに映し出されていることに気づかずに鼻クソをほじる真似をして、それをRYU-TAに向かって指で飛ばすKOUHEI(Dr/Cho)の様子からは余裕さえ感じられたほど。この連中、肝が据わってらと感心させられたが、それはかつてインタビューで"こう見えて泥水もすすってきた"と表現した雌伏の何年間を乗り越えて、ここまで辿り着いたという自信があるからこそ。

やんちゃと言えば、節目のライヴでは恒例になりつつある前半戦と後半戦の間に流す悪ふざけ(←誉め言葉)ムービーも爆笑を誘いながら、バンドの根っこにあるパンク気質を物語るという意味で、今回もまた、各界の有名人から来たお祝いのビデオ・レターをでっち上げた、メンバーによる様々なモノマネ、コスプレはかなり見応えあるものになっていたと思うし、"気持ちいいところに一緒にイキましょう"、"もっと生で欲しいんでしょ!?"というGENのMCも含め、神聖な(?)武道館でも下ネタを忘れないフォーリミ、僕は大好きだ。 もっとも、それらは演奏そのものがヒリヒリとした緊張感とハジけるようなエネルギーで満ち溢れていてこそ、見どころになり得るわけだが、もちろん、演奏面でもフォーリミは魅せてくれた。40本の全国ツアーに持っていった2ndフル・アルバム『eureka』の収録曲はもちろん、デビューのころにまで遡りながら新旧の曲を織り交ぜ、彼らがもともと持っている激しさ、毒、闇もしっかりと表現して、単にポップなだけじゃないバンドの魅力をアピールした。それでもバンドが新たに手に入れた普遍性が際立ったところが、この日の一番の見どころだったんじゃないか。例えば、それは"ここで歌うために作り上げた"と紹介した「eureka」に最も顕著に感じられたが、アウトロでHIROKAZ(Gt)が奏でるアルペジオを、誰もが息を吞んで見守った。

アンコールを含め、2時間半にわたって演奏した曲は計33曲。それを見事、歌い切り、GENはヴォーカリストとして成長を見せつけたが、成長という意味では怒濤のドラム・プレイでバンドの推進力になったKOUHEI、ギターを演奏するだけに留まらず、ステージからスタンド席に向かって、袖状に左右に伸びたサブ・ステージを行ったり来たりしながらパフォーマンスにダイナミックな動きを加えたHIROKAZ、RYU-TAにも同じことが言えるはず。そして、彼らの熱演に観客全員が最後まで手拍子、モッシュ、サークル・ピット、シンガロングで懸命に応えた。

GENによると、武道館のステージでは拍手や歓声が上から降ってくるように聞こえるそうだ。目の前に広がる景色を始め、初めての経験に思うところがあったようだ。武道館のステージに立たせてもらった感謝を述べたGENが感極まってしまい、言葉に詰まる瞬間もあったが、アンコールの1曲目にやった「climb」のタイトルに掛けて、"ここまで来たからには山頂を目指してやっていくしかない。天下を獲るしかないんじゃないですか!"と宣言。今日、辿り着いた武道館が早くも通過点でしかないことをアピールしたのだった。

[Setlist]
1. monolith
2. fiction
3. escape
4. Chicken race
5. Warp
6. drops
7. Now here, No where
8. labyrinth
9. nem...
10. Grasshopper
11. knife
12. Lost my way
13. imaginary
14. Buster call
15. Remember
16. Any
17. compact karma
18. bless you
19. Night on
20. mahoroba
21. cubic
22. discord
23. Letter
24. milk
25. hello
26. eureka
27. Horizon
28. Terminal
29. swim

en1. climb
en2. Feel
en3. midnight cruising
en4. Give me