Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

植田真梨恵

Skream! マガジン 2017年02月号掲載

2017.01.13 @渋谷TSUTAYA O-EAST

石角 友香

アコギの弾き語りでもピアノと歌のガチンコ勝負でも、そしてバンドでのフルセットでも、色が違うだけで、植田真梨恵というアーティストは自分の世界観を等しく渾身の力で立ち上げる人だ。各々の形態の良さというより、彼女が書くメロディの強さと歌が醸し出すオリジナリティの強度の成せる業なのだと思う。今回はメジャー2ndアルバム『ロンリーナイト マジックスペル』のリリースに伴うツアーなのだが、結果から言うと本作から全曲、そして本作を軸にしつつ、過去曲もアンコールを含めるとほぼ半分を占めるというなかなかのボリュームのセットリストである。

様々な夢がテーマになった新作を表現するかのように、ライヴのオープニングにおとぎ話風の映像が流れ、単に音の厚みや音源の再現性に主眼を置くだけではない、『ロンリーナイト マジックスペル』という"物語"をオーディエンスの頭の片隅に意識させながらライヴはスタートした。ちょっと驚くほど植田の"ロック・スターっぷり"が発揮されたオープニングからのピン・ヴォーカルでの独自のアクションや突き抜けたパフォーマンス、そしてもちろん自在なヴォーカル表現に笑ってしまった。いわゆるすごいものを見たとき、人間笑うしかなくなるという、あれだ。バンドを背負ってフロントを張るその姿はドレスコーズの志磨遼平にも似たかっこよさ(髪型のせいじゃないですよ!)。新作からのナンバーと懐かしい「RRRRR」が違和感なく並ぶ。アッパーなものから、ユーモアの効いたアレンジまですっかり息の合ったところを見せるバンド"いっせーのーせ"の緩急のある演奏もいい。ギター・ロック・バンドとして過剰なところがないのが、今の植田の音楽性に実にハマッている。

華奢な身体から声が尽き果ててしまうんじゃないか? と思うほど、大声ではなく"全部出す"彼女の歌に震える場面がたびたび訪れるのだが、自身もテレキャスをカッティングしながら、淡々とした地メロから積み重ねるように歌が拡張していく「スペクタクル」に見えた覚悟。希望も絶望もあって当然で、それでも目の前に道は続く、そして彼女はまた歩を進める。"雷鳴は響くよ"とロング・トーンを渾身の力で歌う、その声にこもった意志の力に揺さぶられた。 また、「ラズワルドピアノ」でもおなじみの西村広文(Key)のピアノが大きな意味を持つ「僕の夢」では、マイナーに転ずるメロディがナマで、さらに迫力を増していたし、西村のピアノもバンド演奏のときより自由で緊迫感のある展開が見どころになっていた。

また、西村のピアノと植田のアコギと歌、もしくはピアノと歌のみのまさに"ラズワルドピアノ"なコーナーも配置。ここでは言葉や息遣いがより近くまで届くのだが、そこでの選曲が「ハイリゲンシュタットの遺書」という、ジェットコースターのように上下するメロディとラップ的なヴァースも持つ曲なのが面白い。そしてこれまで残してきた曲が新作の楽曲と並列したときに、植田の尽きることのないメロディメーカーとしての計り知れない資質を再認識する。 そうやってシンプルに見せたかと思えば、そういえばちょっとウエスタン・フレイバーのある「WHO R U ?」をテンガロン・ハットを被って歌ったり、また、「パエリア」の前振りでメンバーとちょっとシュールな演出(というかヒゲダンスにも似た、メンバーのキャラクター紹介的なもの)があったりしたのも遊び心に溢れていた。おそらく初見の人でも歌詞を聴き取って楽しむことができたんじゃないだろうか。と、言いつつ歌詞そのものに明確なメッセージや情景が立ち上がらない曲もある。メロディに乗るからこそ共振するもの。その最たる曲が「夢のパレード」で、今も意味はわからないのだが、ライヴでひたすら疾走するようにリフレインするサビを浴びていると、自分自身が風の中にいるような気持ちになって、意味じゃない何か儚くも大事な決意に触れたように感じたのだった。「スペクタクル」同様、身体の中のすべての声を出してしまうような、すべてを捧げるような歌。歌詞の内容で泣くわけじゃない。この感覚は"音楽"でしか味わえないものだと思う。彼女自身、"みなさんが日常の中でどうしてもつらいことがあったとき、今日声を一緒に出したことを思い出してもらえたら嬉しいです"と語った。意味より先にまず感情を解き放て――ますます植田真梨恵のただものじゃない感を強めた2時間強だった。

[Setlist]
1. わかんないのはいやだ
2. RRRRR
3. ふれたら消えてしまう
4. 悪い夢
5. おおかみ少年
6. ペースト
7. スペクタクル
8. 愛おしい今日
9. 僕の夢
10. ハイリゲンシュタットの遺書
11. 虹はかかるから
12. I was Dreamin' C U Darlin'
13. WHO R U ?
14. パエリア
15. 中華街へ行きましょう
16. まわる日々
17. 夢のパレード
18. ダイニング
19. 犬は犬小屋に帰る
20. JOURNEY
en1. ザクロの実
en2. ハルシネーション