Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

ラックライフ

Skream! マガジン 2016年05月号掲載

2016.03.26 @なんばHatch

黒田 奈保子

3月26日、なんばHatchにて大阪発の4人組バンド、ラックライフが開催する自主企画イベント"GOOD LUCK vol.38"が今年も開催された。本当にかっこいい、楽しいと思えるステージを作るべく、メンバー自身が出演を依頼したアーティストだけが出演する同イベント。出演はサクラメリーメン、クロナガス、I-RabBits、あいう、ユビキタス、綾目和人、UNCHAIN、waybee、Self-Portrait、D.W.ニコルズ、PURPLE HUMPTY、藍坊主、HEADLAMP、LACCO TOWER、LOCAL CONNECTら総勢16組。今年でバンド結成8周年、さらに5月11日にラックライフのメジャー・デビューが決定していることもあってか、激励のステージが続く、例年以上に気合を感じる内容となった。ステージは同フロア内でメインとサブ・ステージに分けられ、途切れることなく音楽が鳴り続き、オーディエンスらは休む暇もなく夢中になって音楽を楽しんでいた。
 
サクラメリーメンが1番手からがっつりと音を鳴らし、藍坊主はトリの座を奪うように熱量高いステージで観客を沸かす。HEADLAMPはラックライフのメジャー・デビューを祝いつつ、音楽を続けることの大変さを切々と語ってくれた。そしてラックライフと同じく、地元で自主企画イベントを続けるLACCO TOWERは38回も続けてきた同イベントのすごさに、改めてエールを送る。そのすべてのステージを間近で観ていたラックライフのメンバーらは、全出演者からの熱意の籠ったバトンを受け継ぎ、トリのステージへと気合を高めていった。
 
これから始まるステージに懸ける思いを改めて誓い合うように、ステージ中央で気合いを入れるメンバーたち。1曲目「変わらない空」から溢れる思いを音に代え、がむしゃらに音を鳴らしていく。早々にテンションが上がりきっているPON(Vo/Gt)は"さぼんなよ~!"とオーディエンスを煽り、LOVE大石(Dr)が叩きだす剛毅なリズムが会場の熱気をより高めていく。彼らの音楽は詞世界がより伝わる"ポップソング"に徹しているが、この日のステージではその軽快さはもちろんのこと、いつも以上に雄々しさを感じてしまい、ぐっと心が引き込まれてしまう。続く「ブレイバー」、前曲以上に熱量を上げた楽曲が投げ込まれる。いつもはクールな佇まいを見せるたく(Ba)も、この日はいつもより芯の太いリズムを聴かせてくれる。"お待たせしました! 本日の主役、ラックライフです!!"、MCではいつものように明るく無邪気に振る舞うPONの姿に、会場の空気も思わずほころぶ。改めてこの日集まってくれたオーディエンス、出演者たちに感謝の言葉を伝える。"言いたいことはたくさんあったけど、仲間がたくさん届けてくれた。たくさんの人が協力してくれた。そんな気持ちの象徴を"と、「その手とこの手」、「君のこと」を続けて披露。力強いPONの歌声、思いを込めた詞世界が心に広がっていく。
 
不器用ながらも常に前だけを見続け、"歌を届けたい"、"思いを届けたい"と走り続ける人間の姿はどうにもこうにも眩しくて、時折目を背けたくなることもある。それでも彼らの音楽はその気持ちすらも認め、背中を押すのではなく共に歩んでいくような歌が多いように思う。だからこそ彼らの音楽に共感する人も多いのだろう。曲を重ねるごとに、彼らの思いに共鳴し、声を重ね、ときに涙するオーディエンスの姿が印象的だった。
 
ステージも後半、5曲目はライヴ定番曲でもある「フールズ」へ。"バカになりませんか♪"とPONが煽り、イコマ(Gt/Cho)の渋みの効いたギターが鳴り響く。オーディエンス以上にメンバー自身が、そしてこの日出演したアーティストらが楽しげに満面の笑顔を見せているのがよく見える。そしてステージは早くも最終曲へ。"メジャー・デビューの夢が叶う曲、一生歌える曲をって考えた。(そんなとき)出てきたのはこの光景。何度もライヴをやって、笑ってくれるみんなを思いだして......"と、PONがデビュー曲に懸ける思いを切々と語り、思わず顔をくしゃくしゃにして泣きだしてしまう。そして、"これから頑張らなアカン。いろんな人を巻き込んで、大きな輪を作ろうとしてます。ひとりひとりの名前は知らんけど、ここで歌うことが(みんなの)心の支えになれば......、大切な歌ができたから"と、デビュー曲「名前を呼ぶよ」を披露する。シンプルなメロディ、まっすぐに届けられる言葉、そして芯のあるリズム、そのすべてがじわりと染み込んでいく。本編6曲、全力でぶつかっていくステージが終了した。
 
アンコールでは、"やっぱりこの曲を歌いたい。ライヴハウスで出会ったすべての人へ。ライヴハウスは「好き」だけでできている場所、好きでないとここにはいない。そんな好きな人に大好きな歌を届けたい"と1stシングルの「ハルカヒカリ」へ。PONの渾身の思いが会場に広がっていく。耳にしかと残るイコマのメロ、深々と身体に刺さるたくとLOVE大石の力強いリズム。4人の音に導かれ、拳を突き上げるオーディエンス。大げさかもしれないが、"音楽なしでは生きていけない"そんな人間たちの心の叫びを感じた気がする1曲だった。
 
約9時間近くに及んだ、長い1日が終わった。彼らは5月11日『名前を呼ぶよ』でメジャー・デビューし、6月からはレコ発ツアーも決定している。これが終わりではなく、ここからが始まりというのは誰もが分かっている。"大きな輪を作ろうとしている"、これからの彼らの活動に、ぜひとも注目してほしい。