Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

KANA-BOON

Skream! マガジン 2016年05月号掲載

2016.04.16 @幕張メッセ国際展示場9~11

蜂須賀 ちなみ

今年2月にリリースされたアルバム『Origin』を引っ提げた"KANA-BOONの格付けされるバンドマンツアー 2016"が、4月16日、幕張の地からスタートした。精力的にライヴ活動を行ってきた彼らだが、意外にもワンマン・ツアーは約1年ぶり。開演前からステージへ熱視線を送る大勢のオーディエンスたちは、会場BGMのクラシック音楽に合わせてハンドクラップ。膨れ上がる期待感と昂揚感をどうしても抑えきれないようだ。そうして18時を少し回ったころ、タキシード姿(!)のメンバーがステージに登場。開口一番、谷口鮪(Vo/Gt)が"会いたかったぞ、幕張!"と伝えると1曲目に突入した。(※以下、少々の曲目表記を含みます。今後の公演に参加予定の方は閲覧にご注意を)
 
ツアー専用の特設サイトでも事前に発表されているが、ツアー・タイトルのとおりメンバーを格付けする企画が行われたこの日。公式キャラクターの格付犬のリッチーが、ファンから寄せられたクイズをメンバーへ出題。その結果次第で"一流"、"二流"、"三流"、"そっくりさん"とランクが定められ、4人はそれに応じた待遇を受ける、という内容だ。この日は"そっくりさん"まで格下げされた古賀隼斗(Gt/Cho)と小泉貴裕(Dr)はスタッフからタキシードの袖を引きちぎられ、序盤に歌詞間違いを連発した谷口が"三流"への格下げを言い渡されてしまう場面もあった。一方、飯田祐馬(Ba/Cho)は"一流"のままライヴを終え、"痔になってしまい飲み会に行く機会が減った。お尻の切れ目が縁の切れ目"というギリギリアウトなMCでさえリッチーから"面白かったワン"と褒められるなど、あからさまに優遇されていた。
 
純粋な気持ちで音楽に接していたいつかの自分にもう一度還ろうという意味。そして、その青い感情を喜びに変えてリスナーに共有しようという意志。それらがギュッと閉じ込められた『Origin』の収録曲はライヴの場でも格別の輝きを放つ。例えば、自らの歌で明日を切り開く意志を告げる「オープンワールド」。曲作りの葛藤を赤裸々に明かす「机上、綴る、思想」。闘志を胸に何度も立ち上がる人間の姿を描く「革命」。"憧れのロック・ヒーローに自分たちもなってやるんだ"という決意を込めた「Origin」。曲の中で描かれるヒリヒリとした感情を体現するように、シンバルが刺さるように鳴り、バスドラが鼓動のように響き、ベースはうねり、ギターは吠え、広大なこの会場を歌がまっすぐに貫く。4人が放つそれぞれの音はガシガシとぶつかり合いながら、次第に大きな波を巻き起こしていく。『Origin』がこれまでで最も人間臭いアルバムだったことを考えると、今の彼らの演奏がこのようなものになっていることも理にかなうというか、至極真っ当なことである。
 
"デビューしてから3年目。『Origin』というアルバムが生まれたことで、昔みたいな純粋な気持ちを取り戻そうという結論を導くことができました。今まで楽しくなかったといえば全然そんなことないんですけど、これからは「音楽を仕事にしてたまるか!」っていう気持ちでやっていきたいと思います"
 
遊び心に満ちた格付け企画も含め、このツアーはバンドが純粋な"楽しさ"を取り戻すための旅である。しかしそれは、オーディションで優勝し、華々しくデビューを果たし、武道館公演も大成功に収め――というシンデレラ・ストーリーを猛スピードで駆け上がってきた彼らが、自身の立つその場所に疑念の目を向けることでもあるし、相当エネルギーが必要な行為でもあるはず。それでも"これから"へいざ向かおうというときに、バンドの感情を剥き出しにすることを彼らは選んだ。今、純粋な気持ちを取り戻すことによって、同じコースを周回するだけの未来に手を振ったのだ。この日の演奏にはまだ粗い部分もあったし、新たな課題も見つかったことだろう。しかし"またここから始めるんだ"というバンドの強い意志が何よりも先に伝わってきたことがとにかく喜ばしかった。彼らの掴み取る未来が一段と楽しみになってしまった。
 
香港、台湾を含めた全21公演の本ツアーは、7月まで続く。"KANA-BOON"というバンドがここからどう進化していくのか、そして4人は"一流"バンドマンの称号を手にして無事ツアーを完走することができるのか。あなた自身で感じ取りに行くことをぜひともお勧めしたい。