Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

POLYSICS

Skream! マガジン 2015年07月号掲載

2015.06.18 @渋谷TSUTAYA O-EAST

岡本 貴之

梅雨の時期にPOLYSICSのライヴを観ることができて良かった。彼らの歌と演奏を前にして、じめじめした天気に鬱屈していたモヤモヤ感が一気に吹き飛ばされてしまったからだ。日々の生活の煩わしさや小難しいことを一切忘れて音楽に身を委ねてしまう時間こそロック・バンドが我々に与えてくれる喜びなのだと、超シンプルな気持ちにさせてもらえたこの日のライヴは[POLYSICS TOUR 2015"HEN 愛 LET'S GO!"~ツナギなぼくら ツアーで、胸キュン。~ファイナル公演]。

ハヤシ(Gt/Vo/Syn/Prog)のHEN愛(偏愛)を歌ったミニ・アルバム『HEN 愛 LET'S GO!』を引っ提げて行われた1年振りの全国ワンマン・ツアーのファイナルとなるこの日。開演前にYMOの「君に、胸キュン。」が当然のように流れ、開始時刻を少し過ぎたころメンバーがステージに登場。フロアはPOLYSICSのタオルやTシャツを身に着けた観客たちでギッシリだ。

イントロダクションでヴォコーダー・ヴォイスが"シブヤー!"と叫ぶと、一気に会場が"Oi!Oi!"と拳を突き上げる。その勢いに応えるようにステージ前方に立ったハヤシが"渋谷~!トイス!"と第一声を発し、「Buggie Technica」でライヴがスタート。早くもダイブが起こる中、左右に動いてお立ち台に上がるハヤシ、フミ(Ba)。おなじみの右手を掲げるバンドに忠誠を誓うかのようなアクションでバンドを迎えるファンたちの表情はどの顔を最高に楽しそうだ。続く「シーラカンス イズ アンドロイド」では狂ったようにのたうちまわりギターを掻き鳴らすハヤシ。『HEN 愛 LET'S GO!』からの「Dr Pepper!!!!!」は"ペッパー!"というフレーズが"トイス!"に近いトーンのせいか非常にライヴでしっくりくる曲。サビメロに合わせて左右に腕を振って盛り上がる観客たち。ハヤシ(Dr)が手拍子を促してさらに盛り上げる。なんだか聴いているうちにDr Pepperが飲みたくなってきたぞ。


"トイス!"を連発したあと"帰ってきたぜ渋谷~!せ~の!"とハヤシがフロアに求めると"おかえり~!"と応える観客たち。みんな優しい!"ありがトイス!今日は俺の偏愛を思い切りぶちまけに来たぞ!"と宣言。手拍子と大合唱で一体となった「Let's ダバダバ」に続き披露されたのは『HEN 愛 LET'S GO!』収録のグルーヴィなディスコ・ビートが最高の「GT(Great Tan-men)」。歌っていることはタンメンについてなのがまた最高。そして「DTMK未来」では髪を振り乱して弾くフミのベース・ソロに引きこまれた。キーボードに頭を押しつけて鳴らすハヤシ。POLYSICSならではのステージングだ。「カジャカジャグー」ではハヤシとフミがステージ前のせり出し部分で並びポーズをキメる。

"ツアー・ファイナルいい感じ!"と楽しげなハヤシが、"ミニ・アルバムを買った人!?"と呼びかけると80%ほどが挙手!投げキッスで感謝するハヤシ。特設サイト"HEN愛企画"でタンメンを食べるためにバンジージャンプにチャレンジしたことなどをトークしたあとは"スペシャル・メドレー"へ。ツアー各所でも行われてきたメドレーだが今夜はファイナル仕様とのこと。「Boys & Girls」に始まり、「Kitchen Ban Ban」「SONYさん」ではハヤシとフミが楽器を置きハンドマイクで前に出てパフォーマンス。さらにヤノもドラム・セットを離れてハヤシのマイクにコーラスする。途中、ハヤシがファンからタオルを取り上げてツナギの胸元に入れて巨乳に変身、観客に揉ませるというヒワイなアクション。「発見動物探検隊~White Snake」では観客が一斉にジャンプ。さらに「You-You-You」が始まると大きな歓声が。「ドモアリガトミスターロボット」で一気に盛り上がり「機械食べちゃいました」までなんと怒涛の18曲!観客からは"サイコー!"と声がかかった。

ライヴは真っ赤なライトの中演奏された「Beat Flash」から後半戦へ。激しく点滅するフラッシュと激しいビートが興奮を煽る「URGE ON!!」、ハヤシがキーボードを抱えた「MEGA OVER DRIVE」では火が点いたかのように爆発的に盛り上がるフロア。ハヤシも自らペットボトルの水をかぶる。モッシュが起こり、ダイブの嵐の中「Shout Aloud!」でライヴはいったん終了。

"P・O・L・Y・S・I・C・S"とアンコールを求める観客の声に呼びこまれ、再びメンバーがステージへ。"あっという間のツアーでした。みんな本当にどうもありがとう!"と感謝を伝えると、『HEN 愛 LET'S GO! 2 ~ウルトラ怪獣総進撃~』が発売されることを告知して限定盤に付属するゴモラのフィギュアをステージに持ち込んで披露。POLYSICS限定カラーのオレンジ仕様、しかもラメ入りということでバンドのファンのみならずウルトラマン・ファン、特撮ファンにも垂涎の作品だ。さらに9月10、11日の2日間、渋谷CLUB QUATTROでワンマン・ライヴ"ウルトラチャレンジ OR DIE!!! ~燃えろ! クアトロ地獄! 2日で100曲カブリ無し!!!~"を開催することを発表。2日間で100曲、しかも被り曲なしというチャレンジを行うことを宣言した。そして『HEN 愛 LET'S GO! 2 ~ウルトラ怪獣総進撃~』から新曲「怪獣殿下 ~古代怪獣ゴモラ登場~」をプレイ。まさに怪獣が暴れるがごとき迫力のある演奏で圧倒すると、「Ski Ski Die Ski(n)」、フミがヴォーカルを取る「Lucky Star」でハヤシはステージをところ狭しと動き回り全力でパフォーマンス。最後はマイクを通さない生声による"トイス!"の連呼から"おやすみー!"と観客に声をかけ、大きな拍手に包まれながらツアー・ファイナルに相応しい大団円のエンディングとなった。