Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

Skream! マガジン 2015年04月号掲載

2015.03.14 @渋谷CLUB QUATTRO

岡本 貴之

3月14日(土)東京・渋谷CLUB QUATTROで"鶴47都道府県TOUR「Live&Soul」~もう、寂しい想いはさせたくない~"が行われた。初めて全国47都道府県すべてを周るツアーの初日はいきなり東京でのワンマン・ライヴ。まさに"ツアー開始決起集会"と呼ぶに相応しい最高の盛り上がりとなった。

場内の照明が落され、SEのJACKSON 5「I Want You Back」が大音量で流れると、大歓声を受けながら笠井快樹(テンパリドラム)、神田雄一朗(ウキウキベース)、秋野温(うたギター)の順にメンバーがステージに登場。"TOUR「Live&Soul」へようこそ!今宵もLove&Soul、愛の魂を燃やしてワイワイしようぜ~!"秋野の第一声からすかさず始まったのは「Life is Party」。ゆったりとした横ゆれのグルーヴに身を委ねる観客たち。最初から熱気がものすごい!お客さんは後ろまでギッシリ入っており、ツアーTシャツやタオルを手にしているファンも多い。曲の後半、"Hey 渋谷Everybody!"と煽る秋野。間髪入れずパイナップルフリーウェイのカバー曲「VSGG」へ。途中、神田のベース・ソロに声援が飛ぶ。随所にライヴ・アレンジが施された演奏、笠井のタイトなドラミングもバシっと決まり最後は"あの娘の~!"と見事なロングトーンで聴かせた秋野に大喝采。

"こんばんは鶴です"のコール&レスポンスに両手で鶴ポーズをとりながら応える観客たち。どの顔も実に楽しそう。初めてのファンも早くもSOULMATEになったようだ。"じゃあ恋のゴングを鳴らそうか?"のひと言に"キャー!"と嬌声が飛び「恋のゴング」へ。このツアーを行うことにした理由を話す秋野のMCを挟み、「秘密」からしばしミディアム・テンポの曲でクール・ダウン。この日から会場と"鶴ONLINE SHOP"で発売されるミニ・アルバム『Live&Soul』からの表題曲「Live&Soul」ではヘヴィなギターのリフが鳴らされ、笠井がフィルを入れると大声援。ミニ・アルバムへの期待感がそのまま表れているようで、とにかくお客さんの熱気がものすごい。続いても新曲「おいでおいで」。先ほどとは対照的に秋野によるエレキ・ギター1本の弾き語り。

続く「桜」を終えると、どうやら先ほどから秋野の喉の調子がおかしい様子で、いったんステージ袖に下がるアクシデントが。すかさず笠井が"そのスペースに入っていいのかな!?"とセンター・マイクの前に出てくると、"どんく~ん!!"と歓声が飛ぶ。"これ気持ちイイな~!秋野はすぐ喉を整えて戻ってくるけど、その間俺が主役だから"と満足げな笠井と神田によりしばしのフリー・トーク。神田が"約2年振りのクアトロなんですけど、相変わらず柱が邪魔ですね。俺のこと見えない人?"と呼びかけると"ハ~イ!"と手を上げる観客が。"そのハ~イ!が見えないからね(笑)"の声に観客爆笑。お互いを讃えあったりツアー・グッズの話などで盛り上がっていると、喉を整えた秋野が戻りそのままドラム・セットに座り、いきなりドラムを叩き出し歌い出したのはなんとC-C-Bの「Romanticが止まらない」!観客もすぐに乗っかる盛り上がりで秋野をお出迎え。

"お待たせしました!"と「夜に太陽」からライヴが再開。"僕らはずっと変わらない 大人になった子供みたい"と歌われる「あこがれ」、続く「タイムマシン」は、バンドを続けていく3人の意思表示にも聴こえ、ツアーに旅立つ日に相応しい名演となった。「夜を越えて」では観客と大合唱。メンバー紹介を挟み始まった怒涛の後半戦がすごかった。新曲「Funky Day」では文字通り直球ファンクな楽曲で笠井、神田がラップ調のヴォーカルを取る。"オン・ベース!"と神田を指さしベース・ソロ、続くワウをかけたギター・ソロも最高にカッコイイ。"踊ろうか渋谷!!"と「踊れないtoフィーバー」へ突入。ミラーボールが回る中、キレキレの演奏で秋野と神田がステージ前に出て煽り、3人が向き合ったキメを経てますますテンション・アップ、どんどん高まっていくグルーヴの絶頂に満員のクアトロが揺れる!3ピース・バンドでここまでぶっとくて押し出しの強い演奏ができるバンドはそうそういないのではないだろうか!? 各プレイヤーの技量とバンド一丸となった演奏力に改めて鶴の人気の理由を知る思いがした。エモさ全開のメロディがこみ上げる「夜道」でさらに興奮を煽ると最後は"俺たちの歌を歌おう!"と「ソウルメイト今夜」を歌いライヴ本編は終了。

"Live&Soul"の文字が書かれたシンプルなツアーTシャツを着た3人がステージに戻り、"次の東京でのワンマン・ライヴが渋谷CLUB QUATTROで決まりました!"と発表。開催日は2016年1月31日(日)ということでなんと来年!ずいぶん先だが会場を押さえていることは間違いないようなので覚えておいて欲しい。アンコールではこれからツアーに出るバンドにかけて「恋のガソリン」、「トリップメーター」とストレートなロック・チューンを連発。"今日はLove&Soulを巻き散らそうと思ったけど、渋谷のみんなにLove&Soulをもらっちゃいました。ありがとう!ツアー行ってくるよ!"とラストは「アイタリナイ」。演奏を終えると手を繋ぎ深々と観客に一礼、"行ってきま~す!!"と手を振ってステージを降りた。

2時間半に亘るライヴ、途中のアクシデントを経た後半のものすごい盛り上がりは、タフなバンドの結束力の強さと観客たちの熱い気持ちが一体となって生まれたもので、興奮の中に感動すら覚えさせるものだった。いよいよ始まった全国47都道府県ツアー、全国で待つSOULMATEたちに間違いなく最高のライヴを届けてくれるであろうことを確信したライヴだった。