Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

ゲスの極み乙女。

Skream! マガジン 2015年04月号掲載

ゲスの極み乙女。

Official Site

2015.02.15 @新木場STUDIO COAST

沖 さやこ

昨年10月にリリースされたゲスの極み乙女。の1stフル・アルバム『魅力がすごいよ』の全国ワンマン・ツアー"ゲスな魅力?"の追加公演として開催された"ゲスでいこか vol.3"。11月から始まったロング・ツアーを締めくくるのは新木場STUDIO COASTでの2デイズ。その2日目である2月15日のツアー・ファイナルには、足を止めることなく猛スピードで進化し続けるバンドの姿があった。

この日の1曲目は、昨年さらにバンドの存在を広げたシングル曲「猟奇的なキスを私にして」。川谷絵音(Vo/Gt)の歌は音源よりもふくらみを帯び、遊び心が効いている。そして導入部を作り「デジタルモグラ」へ。気風の良いほな・いこか(Dr)のアタックが心地よく響き、ちゃんMARI(Key)の奏でる音色がそのビートの中を瞬く。メロディで魅了しつつもバンドを支える休日課長(Ba)のベースも抜群の安定感だ。曲終わりに川谷が静かに、だが力強く"ありがとう"と告げると、ドラム・カウント。同時に自然とフロアからクラップが起こる。このフロアとの空気もすべてリハーサル済のように完成されているところに、ゲスの極み乙女。がライヴ・バンドとして活躍していることを再確認する。川谷が"「パラレルスペック」のファンキー・バージョンをやりたいと思います"と言うと、切ないピアノの音色とジャジーなリズム、スラップ・ベースが効いたイントロを披露。サビのメロディも歌詞や間奏やアウトロも変わり、より各プレイヤーの表現の広がりを印象づける。これはもう別バージョンというよりは"パラレルスペック2"と言った方が正しいのではないだろうか。より大人の魅力の出た、落ち着いた雰囲気が会場を包む。すると滑らかに川谷がハンド・マイクで歌う「サカナの心」へ繋げ、その巧みな手腕に冒頭から驚きが止まらない。『魅力がすごいよ』のリリース・ツアーで楽曲を仕上げるどころか、楽曲に新たな色味と可能性を詰め込んでいる。衣装は全員黒を基調にシックにまとめ、そのサウンドからも異端なジャズ・バンドを観ているようだ。

そのドラマティックな展開はまだまだ止まらない。間髪入れず「星降る夜に花束を」に移り、ひりついたベースがサウンドを牽引。そこに色を加えるピアノの織りなす巧みなリフレインが、川谷のラップを引き立たせる。そのめくるめくサウンド・アプローチに圧倒されてばかりだった。ドラムのシンバルの音が場内に響き渡り、そこに効果音が重なるとギターがノイズを加え......と少しずつ厚みの増す音が放ったのは「ノーマルアタマ」。同曲も、そのあとに披露された「サリーマリー」もリアレンジを施し、4人はゲスの極み乙女。の現在形を見せつける。いつまでも近くで大事にしておきたい作品のようなライヴ、その芸術性に息を飲んだ。「ハツミ」も「ユレルカレル」も音のひとつひとつがさめざめと涙を流すように美しい。メジャー・デビュー以降、川谷絵音の音楽的センスはとどまることを知らないが、それが彼だけでなくバンドにも大きく作用している。そしてその3人の成長がまた川谷の音楽への好奇心を掻き立てるのだろう。

ロングMCを挟み、川谷の"「キラーボール」で踊りませんか!?"でライヴは後半戦へ。前半とは趣きを変え、ゲス流の踊れるキラー・チューンで畳み掛ける。続いて課長がいこかのドラムをバックに、フロアを"ドレスを""脱げ!"のコール&レスポンスで沸かせ、「ドレスを脱げ」。するとステージの下手に、スーツを纏い光る仮面をつけたダンサーが現れた。ちゃんMARIはキュートに激しく身体を動かし、抜けのいい音を鳴らし、川谷のギター・ソロも熱く響く。するとダンサーが今度はサングラスに白い全身タイツを着てステージに戻ってきたかと思うとまた袖に消えてしまった。演奏後、川谷が"あれ、さっきの人どこ行った(笑)?"とステージ袖に行き、ダンサーの手を引いてステージへと戻ってきた。ダンサーの正体はキュウソネコカミのヤマサキ セイヤ。急遽ゲスのメンバーが「DQNなりたい、40代で死にたい」の1セクションを演奏すると、セイヤは動揺しながらも熱唱し、フロアと"ヤンキーこわい"のコール&レスポンスが起こるなど、観客も彼の登場を大いに歓迎した。続いての「餅ガール」では終盤にセイヤが再び登場し、恒例の餅まきで狂乱の渦に。そしてバンドは途切れなく「song3」「ホワイトワルツ」へなだれ込み、川谷が滑らかで優雅なメロディで魅了する本編ラストの「スレッドダンス」は、ロック・バンドとしての衝動を内包しつつも、ロックという枠に留まらない極限まで美しい音を鳴らそうとする4人に魅入った。

アンコールでは4月22日にリリースするシングルの表題曲「私以外私じゃないの」を初披露。川谷のギターもこれまでのゲスにはない音色が施され、ほのかな懐かしさを持つメロディはコーラスで花を添える、じっくりと聴き入りたいゲス的プログレ要素のある楽曲だった。5月には初の日比谷野外大音楽堂ワンマンも決定しているゲスの極み乙女。、2015年も大いに楽しませてくれそうだ。