Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

キュウソネコカミ

Skream! マガジン 2014年08月号掲載

キュウソネコカミ

Official Site

2014.07.13 @LIQUIDROOM ebisu

沖 さやこ

追加公演2本を含む11本、全箇所ソールド・アウト。メジャー・デビューを境にさらに追い風が吹きまくってるキュウソネコカミのワンマン・ツアー7本目、LIQUIDROOM公演は、フロアの前方後方上手下手、どこを見回しても人、人、人!開演30分前の時点で熱気が充満していた。場内が暗転し、ステージ上の幕の向こうから「ウィーアーインディーズバンド!!」のイントロ。幕が開くと楽器を構えた5人と大きなバックドロップが現れ、それと同時に大きな歓声が沸いた。インディーズじゃないのにこれが1曲目?と思っていたらフロントの2人、ヤマサキ セイヤもヨコタ シンノスケも"ウィーワーインディーズバンド!!"と、確かに"ウィーアー"ではなく過去形の"ウィーワー"と歌っている。相変わらず芸が細かい!そこから最新作『チェンジ ザ ワールド』収録の、13変化MVも大きな話題になった「ビビった」へ。まず驚いたのは音が重いこと。もともと演奏力の高いバンドであるが、カワクボ タクロウのベースも以前以上に太くしなやかになり、グルーヴをふくよかに。それを鋭くするのはオカザワ カズマのギターとフロント2人。そしてこんなに噛みつく気概に溢れてつつも、どこか淡々としたムードが漂うクールなソゴウ タイスケのドラミングがまた絶妙だ。まさしくチームプレイと言うべきサウンドスケープで一気にフロアを支配してしまった。"スマホはもはや俺の臓器"のキラー・ラインでお馴染みの「ファントムヴァイブレーション」はパンク的な爆発力を生み、近年のバンドの傾向を憂う「テレキャスばっか」ではヘヴィで歪んだ音で、憂いと焦燥を匂わせる。ああ、キュウソネコカミは曲の本質や言葉を引き立てるアプローチをしているんだ。キュウソのライヴは楽しい、踊れる、笑える――彼らはそれだけではない風景をこのステージで描こうと、そして観客の心に植え付けようとしている!

ヨコタが"今日のセットリストは(『チェンジ ザ ワールド』を)聴いてないとお話にならないセットリストだけど大丈夫?"とフロアに問うと、ヤマサキが"いや、お話にしていこうじゃないか!!テキトーでもノレる曲作っとんじゃい!"と自虐的でありつつも攻勢的に切り返す。ヨコタのショルキーによる熱いソロを含む「What's your name?」から、ハード・ロックさながらの音像とファンク・テイストを含む「スベテヨシゼンカナヤバジュモン」にスマートに繋ぐと、"日頃の怒りをふぁびょーという言葉と共にぶつけてこい!"とヤマサキが言い「FABYOOOOO!!!!!」。"お前らの怒りはそんなもんか!!"という挑発にも説得力がある、まさしく怒りそのものとも言うべき激しいヴォーカルに目を見張る。「困った」ではまず"俺の体力を限りなくゼロに近づけてみやがれ!お前らの体力全部搾り取ってやるからな!"と宣戦布告。そしてこの曲の定番パフォーマンス"社会のしがらみ"のコーナーへ。自分たちの怒りを段ボールに書き綴ってそれを潰すという内容なのだが、ライヴをやりすぎているせいでそのしがらみがネタ切れで現在は一般公募をしているとのこと(笑)。その集まった社会のしがらみに対して叫びちらすヤマサキのコメント内容はお悩み相談のようでもあり、説教でもあり、僻みでもあり......とはいえ毒舌風のひとつひとつの発言には細やかな配慮が感じられた。

その後、本編中盤で披露された、ひたすら空芯菜の美味しさを歌う「空芯菜」。この曲には"暗い世の中の話は置いといてちょっとお前 早くこっち来いよすげぇうまい野菜見つけたんだ"という歌詞がある。美味しいものを食べて幸せになること、素晴らしい音楽で衝撃を受けたり様々な感情を巻き起こすこと、それを他者と共有すること。そういう充実感を得ることは大事だなー......と、会場中が"空芯菜!"と叫び一体感を強めるのを見ていてしみじみ思った。これは現実逃避か? いや、それこそとても生きる上では現実的なことで、そしてそれがキュウソネコカミの音楽の持つ本質ではないだろうか。その後も彼らはただ楽しいだけではないユーモアを次々投下する。もうすぐ本編終了というところでフロアから"最初からやって!"というリクエストがあり、一瞬うろたえるも"やってやろうじゃないか"と再び幕が閉じ「ウィーワーインディーズバンド!!」を再度披露するというサービスも。祭囃子×ダンス・ロックの「KMDT25」では"日本のライヴ文化に革命を起こしていく"とフロアに何重もの盆踊りの円ができた。

アンコール1曲目の定番であるコピー・コーナーでは、今回はレーベルメイトであるKEYTALKの「MABOROSHI SUMMER」を披露。続いての「お願いシェンロン」は中盤で「ナウシカ・レクイエム」を演奏しはじめ、袖に引っ込んだヤマサキがONE PIECEの主人公、ルフィに扮しアニメのOPテーマ「ウィーアー!!」をBGMに下手側から登場!"筋斗雲はどこやー!"と言いながらセイヤルフィは黄色い板を観客の上に浮かべ、"海賊王に俺はなるっ!!"の決め台詞を叫びまくり、最終的にメンバーは荒井由実の「ひこうき雲」をBGMに、観客のシンガロングに送り出されてフロアの扉からはけていく......というミクスチャーもミクスチャーな余興的パフォーマンス(笑)。ルフィの衣装を着たままステージに戻ったヤマサキが"この衣装でやることで意味がある曲をやりたいと思います"と言い、締めくくりは「キュウソネコカミ」。"俺らは別に芸人じゃない、俺の生き様見せつけろ、それ見てみんな笑うけど、それが何よりの優越感"――ライヴを重ねるごとに、この歌詞の説得性が増していく。彼らは昔も今も"追いつめられたネズミ"で"血だらけになりながら猫を襲う"。それはメジャーに行ったからといっても変わらない。そのインディーズ精神をもって、彼らは音楽界の強豪アーティストたちに、そして世の中に噛みつきつづけるのだ。これをロックと言わず、なんと言う? 最後の最後、自身の核を明確に提示した彼らの姿は、圧倒的な頼もしさを誇っていた。


【SET LIST】
ウィーワーインディーズバンド!!
ビビった
ファントムヴァイブレーション
テレキャスばっか
What's your name?
スベテヨシゼンカナヤバジュモン
就活就活
困った
ネコ踊る
キャベツ~新曲
御法度
空芯菜
DQNなりたい、40代で死にたい
カワイイだけ
たまにいるタラシくん
シャチクズ
サブカル女子
ウィーワーインディーズバンド!!
良いDJ
KMDT25
何も無い休日

- ENCORE -
MABOROSHI SUMMER(KEYTALKカヴァー)
お願いシェンロン
キュウソネコカミ