Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

FLiP

Skream! マガジン 2013年12月号掲載

2013.11.10 @SHIBUYA-AX

天野 史彬

とても素晴らしく、感動的なライヴだった。ロック・バンドがロック・バンドであることを背負い、受け止め、鳴らしていた――。6月に3rdフル・アルバム『LOVE TOXiCiTY』をリリースしたFLiPのリリース・ツアー"LOVE THE TOXiC CiTY"の最終日、SHIBUYA-AXワンマン公演。まず結果として書くと、この日のライヴは、アルバムのリリース・ツアー・ファイナルという以上の意味をバンドに与えていたと思う。FLiPのバンドとしての歩み、その道のりで積み上げてきたもの、そのすべてが報われ、祝福されているような、そんな幸福な景色がこの日のSHIBUYA-AXには広がっていた。

ライヴの内容に触れる前に、まず書いておかなければいけないことがある。それは、今のFLiPがこの国の音楽シーンにおいて極めて孤高の立ち位置にいることだ。アイドル・ソングやボーカロイド音楽などが若者の間で主流となっている中で、バンドのサウンド、ファッション性、そこから立ち上る反骨精神の宿ったアティチュード――それらのすべてにおいて、FLiPは実直なまでに"ロック・バンド"であり続けている。もっと言うと、"ガールズ・ロック・バンド"。彼女たちはこのアイデンティティをデビュー以来崩していない。むしろ強めていると言っていい。それは音源にも表れていて、2ndアルバム『XX emotion』において音楽的なふり幅を広げ、より大きなスケール感とキャッチーさを手に入れたのに対し、今回の『LOVE TOXiCiTY』では2ndで得たスケールの大きなポップネスは受け継ぎながらも、90年代USオルタナ~00年代USヘヴィ・ロックを基調としながら、そこにポスト・パンク・リヴァイバルを体感した世代ならではの尖ったリフとダンサブルなビート感を掛け合わせるという、初期からの彼女たちの真骨頂とも言えるFLiPサウンドを再び大胆に突き詰めている。それはきっと、彼女たちが今の時代感を敏感に感じ取っているからこそ敢えて選んだ道なのだろう。他の誰でもない、自分たちだけの道を進む。それがたとえ茨の道であろうと――『LOVE TOXiCiTY』に刻まれたそんな彼女たちの決断が間違いではなかったことは、この日のライヴを観れば明らかだった。

開演時刻を少し過ぎた頃、客電が消えステージ上にFLiPのロゴが映し出されると、会場から歓声が上がる。そしてステージ上の薄いヴェールが剥がれメンバーの姿が現れると、その感性は怒号のような大きさに変わった。ライヴは『LOVE TOXiCiTY』の2曲目「カミングアウト」からスタート。そこから初期の楽曲「It's a lie」、新作から「Tarantula」と立て続けに演奏。その他にも初期からの代表曲「ライラ」、新曲「Color Me Blood Red」、電子ドラムを使用した「Log in "Rabbit Hole"」、BLURの「Song2」を思わせるキャッチーなキラー・チューン「Dear Miss Mirror」などなど、序盤から中盤にかけてはソリッドに畳み掛けていくセットで会場を盛り上げる。重く、それでいてしなやかなグルーヴ、空気を切り裂くようなギター......高いプレイヤビリティから繰り出されるその演奏を聴いていると、いかにFLiPというバンドが真摯に音楽と向き当っているかがわかる。勢いや気合いや雰囲気だけではなく、自分たちの思いを届けるためにはどんな音を作り、どんな演奏をすべきなのか。その試行錯誤と実践が、彼女たちのサウンドには如実に現れている。さらに、今のFLiPにはそこに"自信"が加わっているような頼もしさがある。それがバンドの音により一層のアグレッシヴさを与えているように感じられた。

中盤にはSachikoが弾き語りで「a will」を披露。これが素晴らしかった。歌詞を読めば切なく、悲しさすら漂う名曲だが、この日の弾き語りの演奏には、どこか力強さと清々しさ宿っているように感じられた。SachikoがMCで語ったように、泣くためではなく笑うための歌として、そして別れの歌ではなく旅立ちの歌として、この日の「a will」は響いていたのだと思う。続いて「永遠夜~エンヤ~」、「darkish teddy bear」と、深くメロウな感触の楽曲でオーディエンスをどっぷりと引き込んだ後は、ORESKA BANDのホーン隊3人をゲストに迎えて演奏された「Bat Boy! Bay Girl!」で一気にバースト!跳ねるビートとうねるギター、そこにホーン・サウンドが乗ることで生まれる祝祭感と多幸感の凄まじさと言ったら!間違いなく、この曲がこの日最大のハイライトを刻んでいた。

そこから「ワンダーランド」~「カザーナ」~「Raspberry Rhapsody」~「カートニアゴ」~「ナガイキス」と必殺のナンバー連発で本編は終了。アンコールでは「Oh Darling!」と「Balloon Head」を、さらに鳴り止まない拍手に応えて演奏されたダブル・アンコールでは「茜」を披露。「茜」は東京では初めて演奏されたらしい。1stアルバム『未知evolution』のラストを飾る、彼女たちの地元・沖縄への郷愁とそこからの旅立ちを歌ったこの曲は、このツアーのラスト、SHIBUYA-AXで演奏されるに相応しい曲だった。ツアー・ファイナルのタイトルに"FiNAL and BEGINNING"と題されているが、何かが終わり、そして始まっていく――今回のツアーはまさに、FLiPにとって沖縄から東京へと拠点を変えた1stアルバム・リリース時以来の変化の時だったのだろう。決して世渡りが上手いわけでもなく、悩みながら、足掻きながら歩んできたであろうこれまでのFLiPの数年間と、その果てに辿り着いた『LOVE TOXiCiTY』という傑作、そしてオーディエンスとわかち合い、作り上げた何にも変えがたいこの日のAXの素晴らしい景色――この記憶があれば、この景色があれば、この先、FLiPはもっともっとデカくなるし、どこへだって行けるだろう。もちろん、まだまだこの先にはバンドの歩むべき長い長い道のりがあるのだが、ひとまず、ここに辿り着いたFLiPには心の底からおめでとうと言いたい。そういうライヴだった。