Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

シナリオアート

シナリオアート

ただ空想に逃げるだけじゃなく、いろんな現実と向き合うなかで生まれた"Faction"というテーマ

Shout it Out

Shout it Out

『青年の主張』はただただ音楽と向き合って専念した結果

HY

HY

"幸せだなぁ"といっぱい言える曲を書こうと思ったんですよ

A11yourDays

A11yourDays

すべての"あなた"と共に歩む決意を刻んだ1stミニ・アルバム

PENGUIN RESEARCH

PENGUIN RESEARCH

"自分は負け組だ、さぁどうする?"と発破をかけたい、挑発したい

音×AiR

音×AiR

"音楽で笑わせたい、その笑いの先に感動があるから" おバカだけど憎めない大阪発の3ピースが放つ、笑うための音楽

KEYTALK × Skream! × バイトル

KEYTALK × Skream! × バイトル

デビューが決まって、"食えるようになったんだね、おめでとう"って送り出してもらえたのは嬉しかったですね(首藤義勝)

Shout it Out × フラワーカンパニーズ

Shout it Out × フラワーカンパニーズ

フラワーカンパニーズを知って、これがバンドだ、これが僕の目指す場所だって思ったんです(山内彰馬/Shout it Out)

ЯeaL

ЯeaL

10代の飽くなきロマンと全速力のパワーが生む爽快なドラマ

ドシードシー

ドシードシー

"新人アーティスト"、ドシードシーが生々しい歌声で魅了するミニ・アルバムをリリース

SILENT SIREN

SILENT SIREN

バンドマンって、満足しちゃったら絶対ダメだと思うんです

片平里菜

片平里菜

もう一度自信を持ちたいと思ったとき、愛を受けてきたという事実がすごく大事だった

ぜんぶ君のせいだ。

ぜんぶ君のせいだ。

いろんなことがあって、それでも立ち向かっていく3人と、そこに加わってくれたふたりの、"今まで以上のやつをやるよ"っていう気持ちが強く出た

RED EARTH

RED EARTH

"僕は週刊少年ジャンプになりたい" 謎だらけの22世紀型爆音フォークソングパーティ

POLYSICS

POLYSICS

曲がり続けて20年。シンセ・ポップ、そしてロック・バンドとしても 孤高のオリジナリティを打ち立てたPOLYSICSの歩み

folca

folca

"あと1滴でこぼれ落ちる"っていう表面張力のラインをギリギリまで攻めるのがfolcaの音楽

オトループ

オトループ

"僕らは長く続けてるけど、知名度では悔しいと思うこともある" 不屈の3ピースが届ける誰かのためのメロディ

THE BACK HORN

THE BACK HORN

宇多田さんの持っている時代感の中でも 俺たちの主戦場である表現と重なる部分には常に注目しています