Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

K

"KNOCKOUT FES 2017 autumn"座談会

"KNOCKOUT FES 2017 autumn"座談会

若いダイヤの原石みたいなバンドがゴロゴロ増えてきた(森本 真一郎/下北沢MOSAiC店長)

KAKASHI

KAKASHI

"群馬のライヴハウスに明かりを灯したい" 多くの盟友が集う、故郷への愛詰まった主催サーキット・イベント開催

KANA-BOON × Skream! × バイトル

KANA-BOON × Skream! × バイトル

バイトしてるときは、曲を作ることがご褒美みたいな感じやった。バイトしていたおかげで曲がたくさんできたという思い出もある(谷口)

KANA-BOON

KANA-BOON

自分が感動できる曲が生まれて、みんなで形にしたときに喜べる曲ばかりが集まったアルバム

KANA-BOON

KANA-BOON

自分たちの曲で救われた感覚を久しぶりに持てたし、そういう意味で復活感がある

KANA-BOON

KANA-BOON

夢を叶えるたびに音楽が自分から離れる感覚があって......正直、ボロボロでした

KANA-BOON

KANA-BOON

周回を走るのはもういい。このシングルからコースの外に出ようと思います

KANA-BOON

KANA-BOON

スプリットを作ったことで自分たちにないものも特化してるものも見えた

KANA-BOON

KANA-BOON

"さぁここからどうする?"って冷静に考えられた、リスタートのシングル

KANA-BOON

KANA-BOON

『TIME』を作れたからこそ、肩の力を抜いてこのシングルに入れたんだと思います

KANA-BOON

KANA-BOON

僕がこの1年折れずにやってこれた理由について書いた曲は自分にとって新しいものになりました

KANA-BOON

KANA-BOON

音楽とバンドの決意を外に放っていく曲。だからやりがいは大きいです

KANA-BOON

KANA-BOON

自分から足を踏み出していきたい、エネルギーの強い曲です

KANA-BOON

KANA-BOON

全力で走るんだけど、まっすぐ突っ走るだけじゃない。僕の人間性が出てる曲

KANA-BOON

KANA-BOON

去年1年を過ごせてなかったら、この曲はたぶん人の心をつかまない

KANA-BOON

KANA-BOON

本当に人を救う音楽の絶対数みたいなものは下がっていってるような気がする

KANA-BOON

KANA-BOON

音楽と出会って変わったというよりは、音楽をやり始めて"生まれ変わった"

KANA-BOON

KANA-BOON

音楽で変えていきたい、まずそこがいちばんです。自分が変えられたんで

KAREN

KAREN

KAREN、より自由でよりポップなセカンドアルバム『sunday girl in silence』完成!!

KASABIAN

KASABIAN

余分な手順も想いも省いて鳴らしたポップ・ミュージックへの警鐘。バンドの最高値を更新した王道ギター・ロック・アルバム