Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

I

ICONA POP

ICONA POP

ICONA POPが語る彼女たちにとってのポップ・アイコンとは?!

ICONA POP

ICONA POP

私たちはポップ・スターの姿をしたロック・スター

Idiot Pop

Idiot Pop

Idiot Pop、さらに異質なポップを描き出すファースト・シングル『Idiography E.P.』完成!!!

IDIOT POP

IDIOT POP

「今、ここ」のダンス・ミュージック!突如現れたテクノ・ドランカーIDIOT POPに迫る!

illion

illion

明確な意図や意思とは違う"余白"の部分を残せたらいい

indigo la End

indigo la End

今回のアルバムを作ったのも、今音楽をやっているのも、原始的な理由でしかない

indigo la End

indigo la End

indigo la Endが今、何でもできるということを示したかった

indigo la End

indigo la End

"とてもいい歌詞が書けたから、ちゃんと伝えなきゃいけない"という責任が生まれた

indigo la End

indigo la End

4人になったばかりの青くさい感じや、今の勢いをそのまま形にしたかった

indigo la End

indigo la End

本当の意味で"自分"が歌いたいものがある

indigo la End

indigo la End

3部作の完結作であり、indigo la Endにしか成し得ない“魔法”に満ちたフル・アルバムが遂にリリース

indigo la End

indigo la End

鮮烈なデビューを飾ったindigo la Endからわずか5ヶ月で届けられたミニ・アルバムは モノクロのショート・ムービーのようなコンセプト作品

indigo la End

indigo la End

歌を殺すぐらいギターを弾くのがindigo la Endだと思っている。

INSECT GUIDE

INSECT GUIDE

ダウンタウンの薄汚れたダンス・フロアでかかっているような世界観を反映させたいと常に思っているんだ。

I-RabBits

I-RabBits

結成12年目のピアノ・ロック・バンドが自らの殻を破って、新たなスタートを切る!

ircle

ircle

前作からわずか4ヶ月で純度100パーセント以上のircleらしさを伝える新作をリリース

ミミノコロック吉祥寺 × the irony × ウソツキ

ミミノコロック吉祥寺 × the irony × ウソツキ

"ここから新しい歴史を作るような1日にしたい" 吉祥寺に新たなムーヴメントを起こすフェス主催者×出演者対談

the irony

the irony

この4人が出会えたことが奇跡だから いつか九州を背負えるようなバンドになりたい

ISAAC

ISAAC

改名を機に新たなスタートラインに立った4人組、ISAACの挑戦

IVORY7 CHORD

IVORY7 CHORD

聴いた瞬間に“ガッ”とくる感覚、それをとにかく出したかった