Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

中島 愛

中島 愛

「ワタシノセカイ」が爽やかに描く、今のワタシと明日のワタシ

中ノ森文子

中ノ森文子

音楽で嘘はつきたくなかった

永原真夏

永原真夏

心とか愛とか生命も、生活や食事とかと全部一緒で わたしの中にある最小のテーマなんです

夏の魔物 × 大槻ケンヂ × ROLLY

夏の魔物 × 大槻ケンヂ × ROLLY

夏の魔物を通して大槻ケンヂやROLLYという人間の遺伝子がちゃんと繋がっている。そういうところが美しいんですよね、音楽というのは(ROLLY)
夏の魔物はカテゴリしにくいグループだから、それを模倣する若い人が出てくるかもしれないよね(大槻ケンヂ)

成山 剛

成山 剛

表現したい音は"気持ちを少し解放させる"という意味あいの方なのかな 感じ方や作用は人それぞれ違うんですけど、自分はそう思っています

鳴ル銅鑼

鳴ル銅鑼

音楽で止まっていたくはない、芸術にしていきたい

にせんねんもんだい

にせんねんもんだい

私たちの音楽は無意識の何かに重きを置いていて。だから言葉は必要ないんだと思います

Neat's

Neat's

先入観をブッ壊したいイントロで"こういう系ね"って判断されるのが嫌いなんです

Neat's

Neat's

ゼロになって、捨てる勇気を持ったからこそ得られるものがあると思った

ヌ・シャボンヌ

ヌ・シャボンヌ

マイナーで暗い感じではあるんですけど、絶対後ろを振り向いていないんですよね。かなりポジティヴな作品になったと思います

沼倉愛美

沼倉愛美

パワフルで疾走感のある、沼倉愛美渾身のロック曲をリリース

ねごと

ねごと

もっともっと広いところで、もっともっといろんな人たちを踊らせていきたい

ねごと

ねごと

2年かけて辿り着いた、自然体でいられる音楽

ねごと

ねごと

ライヴで感じた想いをじっくり結実させた1年5ヶ月ぶりの新作

ねごと

ねごと

近道も知ってるけど、そういうものも気にせず、もっとクリエイティヴなことをしたい

ねごと

ねごと

胸を張って歩き出せるアルバムができた

ねごと

ねごと

今まで出してこなかった素直な気持ちをもっと曲に落とし込みたかった

ねごと

ねごと

"生きてる感じを戻していきたい"というのが軸にあった

ノンブラリ

ノンブラリ

ノンブラリが奏でる、いつも変わらないで、そこにずっとあるポップ・ソング