Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

SILENT SIREN

2018年07月号掲載

SILENT SIREN

メンバー:すぅ(Vo/Gt) ゆかるん(Key) あいにゃん(Ba) ひなんちゅ(Dr)

インタビュアー:吉羽 さおり

2017年12月、バンドとしての進化/深化を見せたアルバム『GIRLS POWER』をリリースしたSILENT SIREN(以下:サイサイ)。現在、アルバムを引っ提げた全国ツアー[天下一品 presents SILENT SIREN LIVE TOUR 2018 ~"Girls will be Bears"TOUR~]の真っ只中だが、早くもニュー・シングル『19 summer note.』がリリースとなる。「ビーサン」や「八月の夜」などなどサイサイの夏曲といえば、ポップで爽快なサウンドだが、今回の表題曲は青臭さや甘酸っぱさがあって、焦燥感と切なさも混じったエモーショナルな1曲だ。センチメンタルな香りもしつつ、しっかり背中を押してくれるようなパワフルさで、今後の定番曲となっていきそう。また、カップリングには「天下一品のテーマ」(!?)を収録。サイサイ、飛ばしてます。


シンプルに作りたい曲を作ろうって、できあがったのがこの曲


-現在[天下一品 presents SILENT SIREN LIVE TOUR 2018 ~"Girls will be Bears"TOUR~]真っ最中ですが、このツアー中に今回のシングル曲の制作をしていたんですか?

あいにゃん:そうですね。ツアーと並行して曲作りとレコーディングもやっていました。

-「19 summer note.」はサイサイの新しい夏曲として定番化していきそうですが、どんなふうにできた曲ですか?

すぅ:常に楽曲制作はしていて、夏曲をいくつか作っていたんですけど、決定的な"これだ!"という曲がなくて。そのときに、シンプルに作りたい曲を1曲作ろう、となったんです。いつも一緒に曲を作っているクボ君(クボナオキ/サウンド・プロデューサー)の家に行って"じゃあ、やろうか"っていうラフな感じで曲作りに入ってできあがったのが、この曲でしたね。だから、"シングル曲を作ろう"っていう感じではなくて、今やりたいこととか、ツアー中だったので、ライヴを通して盛り上がる要素を入れたり、こういうコード進行でとか、こういうイメージでやりたいっていう、ラフなオケを作って。その場で適当にメロディを歌ってみて、というものが土台になっています。

-そこから、アレンジはみんなでやっていた感じですか?

すぅ:いつもはクボナオキ編曲なんですけど、フル尺ができて、メンバーに曲を投げて、それぞれ自分でメロをつけたりとかしていったので、今回編曲はSILENT SIRENとクボナオキという感じになりました。

-今回、なぜその方法で?

すぅ:みんなの個性っていうのが、最近よりわかるようになってきて。クボ君が作ったメロディをただ投げるんじゃなくて、曲を聴いてもらって、自分が感じたメロディだったり、それぞれが今やりたいフレーズを入れたいなと思っていたんです。SILENT SIREN編曲になるくらい、各々のフレージングを作ってもらいたいなと思って。

-それぞれのこだわりやイメージも聞いていきたいのですが、まずイントロのギター・フレーズから、これぞ! っていうキャッチーで印象深いフレーズが出てますよね。

すぅ:今回のテーマとしては、掛け声──子供っぽくなりすぎない、ポップすぎない掛け声っていうのと、疾走感、あと圧倒的なイントロっていうのを作りたいなと思っていたんです。このイントロの感じは、曲を作ったその日にできたものですね。それを土台にして、あとはドラムとベースはやりながらどんどん変わっていった感じで。いろいろパターンを作って、"これはどう?"、"こんな感じはどう?"って試してみてたので、リズム隊のプリプロが終わるごとに、形が変わってました。それは面白かったですね。

-ひなんちゅさんはどうですか?

ひなんちゅ:走ってる感じのイメージがあったので、細かいフィルをたくさん入れるよりは、伸びやかな8ビートのイメージでしたね。本当は、全編8ビートでキメていたんですけど、そのパターンも録ってから、やっぱりサイサイのサビは四つ打ちの方が夏っぽさが出るよねっていうのと、あとはノリも良くなるし、ライヴの画が見えやすいというので、四つ打ちにしました。これも普通の四つ打ちじゃなくて、一瞬裏を入れることで、また疾走感が出るようなサビになったと思います。

-気持ちのいいドラミングですよね。そこにベース・ラインがメロディアスに絡んでいって、サウンドの密度が上がる曲だなと。

あいにゃん:すぅが曲を作って、編曲を各々がやっていこうという方向性になったので。今までで一番、メンバーやクボ君とも話し合いながら、何度もフレーズが変わっていったし。各々やりたいこともすごく詰まっているんですよね。前回出した夏曲「八月の夜」(2015年リリースの10thシングル表題曲)のようなポップな曲じゃなくて、エモさのある夏曲っていうイメージだったので。それをイメージしながら、ベース・ラインも、イントロやサビ、Dメロだったりで、景色が変わるようにイメージを膨らませながらレコーディングをしましたね。