Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

MURO FESTIVAL 2018

2018年07月号掲載

MURO FESTIVAL 2018

アルカラ

Official Site

"MURO FESTIVAL 2018"主催者:室 清登
アルカラ:稲村 太佑(Vo/Gt)
LACCO TOWER:塩﨑 啓示(Ba)
インタビュアー:秦 理絵 Photo by 大木 優美

-ちなみにアルカラとラッコ(LACCO TOWER)は、かなり古い付き合いですよね?

室:この2バンドを繋げたのは俺だよね。

塩﨑:その前に1回やってたんですよ。

稲村:でも、ぐっと近づいたのはクレスト(渋谷TSUTAYA O-Crest)の企画がきっかけやったな。

室:そうそう、3マンぐらいの企画で(2010年4月17日に開催された"LACCO TOWER presents「狂想演奏会~第一楽章~」")。

稲村:ラッコとTRIBAL CHAIRと、そこにアルカラも入れてもらって。

室:それまでは対バンしたことなかったの?

稲村:なかったけど、俺が神戸のART HOUSEでブッキングをやってたから、そこにラッコが何回か来てくれて。間接的に知ってたみたいな感じ。

塩﨑:僕らとアルカラは、結成が7月っていうのも、今年で16年目っていうのも一緒なんですよ。具体的には7月の何日が結成でした?

稲村:結成日というか、7月26日が初ライヴ。

塩﨑:僕ら、21日なんですよ。

室:だから今年の21日にトリなんです。

稲村:えー! めっちゃええやん。それだけでええやんっ!

-アルカラとラッコのダブル・ヘッドライナーって、かなり熱いですよ。

室:"ムロフェス"って5回目まで、ずっとアルカラがトリだったわけじゃん。でも去年から2デイズになって、他の若いバンドが"自分たちもトリをやる"って燃えてる。あのGOOD ON THE REELでさえ、"俺らもいつかやらなきゃ"って言ってた。宇佐美(友啓/Ba)が。

稲村:宇佐美は言いそうやな。千野ちゃん(千野隆尋/Vo)とかは、そんなんなんとも思ってない。

塩﨑:そうだね(笑)。

-"ムロフェス"は今年で7回目ですが、7回全部に出てるバンドっています?

稲村:ラッコは全部やろ?

塩﨑:うん。あと皆勤は......グドモ?

室:グドモもだね。あとは、MAGIC OF LiFEとGOOD ON THE REEL。それぐらいじゃないかな。

塩﨑:ハロ(Halo at 四畳半)だって、全部は出てないですもんね。最初の年とか。

室:ラッコ、グドモ、MAGIC OF LiFE、GOOD ON THE REEL。

塩﨑:4つだけかぁ。

-4組もいれば多いですよ。室さんって、今はクレストの店長ではなくなったわけですけど、ブッキングは大変じゃなかったですか?

室:やっぱり新しいバンドに出会う機会が減っちゃったから、最近はすごく苦労してますね。毎日ライヴハウスにいて、ライヴばっかり観てる環境じゃないので。

稲村:"ムロフェス"だけの仕事をしてるわけじゃないもんな。啓示もさ、ラッコやりながら自分らのイベントも作って、ブッキングもやって。アルカラも実際そういう感じなんやけど、そういうのって人間力を試されるよな。

塩﨑:まぁね。

稲村:やることが増えて、"なんとかしてくれや"って思う気持ちもあるなかで、そこを譲らないっていうか。"とりあえず誰でもいいから、オープニング・アクト入れてくれ"じゃないやんか。

室:それはならないね。そうなったらやる意味がないよ。

塩﨑:いわゆるライヴ制作を誰かに投げて、名前だけってなったら続かないだろうし。

稲村:そうなったら、出てるバンドもなんのために出てるのか、誰に"ありがとう"って言ったらいいんか、わからんくなる。

室:それに関しては、思うところがあって。他のフェスを見てても、どこにこのバンドを選んだ気持ちがあるのかな? とか、主催者は観てくれてるのかな? って思うときがあるよね。

稲村:うん、それは思ってる。言い方が悪いけど、作業みたいなやつはね。でも、バンドマンの意見として、ラッコが同じかはわからへんけど、"それはそれやし"っていうところがあって。全部が自分のルールに従ってほしいわけじゃない。ただありがたいことに俺らは、俺らが間違ってないって思うことをやれる日を年に1回持ってることが、逆に強みではあるから。自分らの家を持ってるというかね。

-ええ、それぞれ主催フェスを持ってますよね。アルカラは神戸の"ネコフェス(KUDAKENEKO ROCK FESTIVAL)"、ラッコは群馬の"I ROCKS"

室:だから今日はね、それぞれ主催フェスを持ってるバンドに来てもらって、プラス、"ムロフェス"の話もしたいなと、もともと思ってて。

稲村:3月の末から4月の頭が"I ROCKS"で、6月の後ろが"ネコフェス"で、7月が"ムロフェス"か。

塩﨑:今年の"I ROCKS"は室さんも来てくれましたよね。

室:1日だけね。

塩﨑:"ムロフェス"は7年目で、"ネコフェス"は6回目、俺らは5回目だったんです。

稲村:一緒のタイミングに始めて、しぶとく続いてる(笑)。

塩﨑:最初は、室さんが"ムロフェス"を始めたことが、僕らも"I ROCKS"をやろうって決める後押しになったんです。じゃあ、俺らは地元でやろうって。1年前にアルカラも"ネコフェス"を始めてたけど、全部色が違うじゃないですか。

室:そう、それも面白い。バンドのカラーがすごい出るよね。"ネコフェス"に関しては、"え、こんなところブッキングするの!?"みたいなのが入ってるし。

塩﨑:"どうして?"っていうね(笑)。

室:変態が多い(笑)。で、"I ROCKS"は、人情で口説き落としてブッキングみたいな。

塩﨑:そうですね。

稲村:やっぱり共通点としては、オーガナイズしてる奴の"人間力"で組んでる。愛みたいなね。"I ROCKS"は"家族"っていうテーマがあるし、そういうのが強いよな。